マガジンのカバー画像

だから、もう眠らせてほしい

22
僕はある夏、安楽死を願った二人の若い患者と過ごし、そして別れた。 ひとりはスイスに行く手続きを進めながら、それが叶わないなら緩和ケア病棟で薬を使って眠りたいと望んだ30代の女性… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

夏の感想文『だから、もう眠らせてほしい』受賞作品発表! 天地人の席

 いよいよ、「天の席・地の席・人の席」の発表です!  ちなみに「天・地・人」の3つに特に…

夏の感想文『だから、もう眠らせてほしい』受賞作品発表! 入選~特選

 本当にみなさんありがとう。  最初に感謝の言葉を言っておきます。  Yくんと吉田ユカ、そ…

【賞金あり】夏の感想文:『だから、もう眠らせてほしい』2つのテーマを追って

 2020年1月からnoteで連載を続けていた『だから、もう眠らせてほしい』が、7/14に書籍版とし…

【20万PV達成】本になります。

 1月から連載を続けてきた、『だから、もう眠らせてほしい~安楽死と緩和ケアを巡る、私たち…

エピローグ(Kushiro-side)

(エピローグ:Kawasaki-sideから続く) 釧路の海に 海の向こうには死者の国がある、という…

100

エピローグ(Kawasaki-side)

 吉田ユカは、鎮静を始めて1週間後に亡くなった。  実は、鎮静薬の投与を始めた後、ユカは…

100

10-2:10日間の涙(後編)

(前編から続く) ラインを引く カンファレンスが終わってすぐ、担当する看護師と一緒に、吉田ユカの病室を訪れた。ユカはやや緊張した面持ちで、ベッドに起きて座っている。 「カンファレンス終わりましたか」 「ええ」  僕と看護師は椅子を持ってきて、ベッドサイドに座る。 「それで、どうなったんですか。今日から眠れることになったのでしょうか」  僕は少し沈黙をおいてから、彼女の目を見て、ゆっくりと話し始めた。 「カンファレンスの結果としては、少なくとも本日の状態で鎮静の対象となるよう

有料
100

10-1:10日間の涙(前編)

 日曜日の朝、自宅マンションでYくんは亡くなった。  奥さんが、朝に様子を見に行った時、…

100

9:少し先の未来がつむぐもの

 Yくんの具合が少しずつ悪くなっていったとき、吉田ユカもまた、体調を崩してきていた。  …

100

8:もし未来がわかったなら

 Yくんは、キャンプから無事に帰ってきた。  キャンプから2週間後、外来に現れたYくんは…

100

7:いのちではなく、希望を守りたい

 前回の外来から1か月半。これまで時々流れてきていた、Yくんのツイッターの更新頻度が減っ…

100

6-2:安楽死の議論はやめたほうがいい ~宮下洋一に会う (後編)

(前編から続く) 流れ作業化する安楽死  僕は、吉田ユカがスイスに受け入れを断られた件に…

100

6-1:安楽死の議論はやめたほうがいい ~宮下洋一に会う (前編)

 幡野広志に会った後、僕にはもう一人どうしても会っておきたい人がいた。  それが、高願寺…

5-3:安楽死に対峙する、緩和ケアへの信頼と不信~幡野広志と会う(後編)

(中編から続く) 耐え難い苦痛とは何か 「先ほど話したAさんのケースの時に、医療者が悩んだことのひとつに鎮静の要件としての『耐え難い苦痛』があったんですよね」  Aさんは「耐え難い苦痛はない」と医療者に判断された。そして、その判断が故に、彼女は傷つけられ、苦しみに耐えることを強いられようとした。 「耐え難い苦痛とは何か、ということが医療者の中でも議論になることがあって、誰が何をもって判断するのか、って部分なんですけど、幡野さんはそれについてはどう思いますか」 「耐え難い苦痛

有料
100