見出し画像

7日後に死ぬカニ

業務スーパーで買ったサワガニを1週間だけ飼うことにした。

20匹590円だった。安いのか高いのかわからないけど。

画像8


なぜかと言うと、今まで、植物を育てて食べたことはあるけれど、動物を育てて食べたことがないなと思ったから。食べるとき、自分がどんな気持ちになるのか、知りたい。「ひよこから育てたにわとりを…」というのは、私にはなかなかツラいけど、カニならまだいけるかも…と。

それから、サワガニ側のドラマも見たかった。だってサワガニからすると、すごい奇跡かもしれない。私のこと、女神に見えてるかもしれない。だって、業スーに並んだところを私に救われたわけで。「もうあかん」って思ってたやろうな…まあ、食べられるんやけどな……

インスタのストーリーにアップすると、「7日後に死ぬカニ」とリプが付いた。(※その秀逸なリプをタイトルにさせていただいた)

画像2

サワガニたちは、一度パック詰めされたからか、結構ぐったり。でも少し揺らすと、もそもそと静かに動いた。外が暑いので、ダンボールに保冷用の氷を少しだけ入れ、氷には触れないようサワガニパックを置き、家まで運んだ。

家について、とりあえず仮水槽として、先日壁から取り外したプラスチック製キャビネットを選ぶ。浄水を入れて、家に飾ってた石や流木を入れる。そして、そこにサワガニをまんべんなく入れる。(あってるのかな…)水に触れて、ちょっと元気になった感じに見えた。

画像3

何も食べてないだろうな、おなかすいているやろうな。でもサワガニって何食べるんやろう?調べると、「なんでも食べます」とある。米でも虫でも、なんでも食べるらしい。

米……炊いているのはないけれど、ポン菓子があったな。米農家の巽和好さんがつくったポン菓子。ポン菓子、ほぼ米だし、食べるやろう。

スクリーンショット 2020-06-04 11.54.58

数粒のポン菓子が、水にぷかぷかと浮く。サワガニたちがそれを見上げている。あれ…、これなんか見たことある。この既視感、…ああ、あれだ、小学校んときのあれ、「クラムボンはわらったよ」だ!宮沢賢治さんの!リアルクラムボンはわらったよ!!!(大興奮)


ポン菓子は少しずつふやける。そうすると、サワガニがそこに集まってきて、ハサミを使ってポン菓子をちまちま取り、口に運んでいく。

画像5

小さいカニは大きなカニに阻まれて、なかなかポン菓子に到達しないので、おはしであげてみた。すると、ちゃんと手で受け取って、両手でポン菓子を持って、パクパク食べだした。子どもみたい。可愛い。カニからすると、ポン菓子はたぶんおむすび。カニとおむすび。もう、ほぼ「日本昔ばなし」。市原悦子さんの声が聞こえる。

画像6

わたしは女神なので、全サワガニにポン菓子を均等に配給した。みんな同じポン菓子を食べていた。ポン菓子を食べる業務スーパーのサワガニ。それだけでなんかもう面白かった。



------------------


瀕死状態に見えたカニたち、ポン菓子を配給した2時間後、めちゃくちゃに元気なった。もう、業務スーパーでの危機感が全然ない。仮水槽の中でカニたちはとにかく動き回っていた。うれしい。

▼危機感のあるカニ画像4


さらに30分後。
1匹のカニが、流木や石の上に登り、精一杯足を伸ばし、仮水槽から脱出しようとしてた。でももちろん届かない。「無理やからな。」って言った。

1時間後。
パッと目をやると、たぶんさっきの1匹が水槽から出て、靴箱のすみっこでホコリまみれになってショボンとしていた。どうやって出たんやろと見てみると、石が積み重なっている部分に登り、絶妙な角度で仮水槽のヘリに足をかけ、脱出したらしかった。水で洗って、戻した。石も、置き場所を変えた。あと、「外に出てもまじでいいことないからな。」って言った。

1時間30分後。
私は目を疑った。カニたちが3匹重なり、その上にさらにカニが乗っかって、また仮水槽のヘリに足をのばしている。すごい急成長。すごい連携プレー。あなたたち、会社やったら成功するよ。


ここで気づいた。
わたしは25分に1回サワガニを見に行き、5分サワガニを観察している。つまりこれはポモドーロ・テクニック。25分仕事をして、5分休憩するアレ。サワガニにタイムマネジメントされている。いや、これは「1週間後にトマトパスタに入れてください」という暗示かもしれない。そんな、自らレシピを提案してくるなんて、健気すぎて、私はどうしたらいいかわからない。



サワガニ。
7日目に食べられる気がしない。
でも、食べる。
食べると決めている。
私はどんな調理法で、
どんな気持ちで、
彼らを食べるんだろう。
未知すぎて、震える。

画像9


▼おまけ

画像7

▼追記:完結編を更新しました🦀https://note.com/cchan1110/n/n58c3c538ea47



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んで下さりありがとうございます!
2035
’87年生まれ。関西大学卒業後「HELLOlife」へ。教育や就活系の企画、デザイン、ファシリ等を行う。‘20年6月より独立。司会・ナレーションなど声を使う活動もしばしば。気まぐれで奈良に借りた家が広すぎて、寝室以外を開放中。得意技は愛することです。

こちらでもピックアップされています

マガジン2
マガジン2
  • 1430本
コメント (9)
7日後、たのしみにしております。うちは食料のほうから養殖の方へシフトしつつありますw
7日後どうなるかがきになります....。そして、これきっと私なら、食べられません....。広い池作りはじめると思います....。
15年くらい前、当時小学生だった息子を連れてレッドロブスターに行った際、「このロブスターでよろしいですか?」と店員さんが持ってきてくれた生きたロブスターをみて、息子がこれ食べないで家で飼いたい!と強硬に主張しました。私としては「その発想はなかった!」でしたが、その時は家族全員で飢えに負け、そのロブスターは数10分後においしくなってしまいました。
あさりの砂抜きのときも、ちょっと思いますよね。
ベストな塩分濃度を調べ上げ、え?パーセントって、何分の何?100ccでいいの?97cc?みたいな。そして、今にも干からびて悪臭が漂ってきそうだった貝たちが、塩水を吸って、ぴゅって吐き出す。徐々に警戒心が薄らいできて、でろーんと足を出して、、
あぁ、このまま飼いたいって。
でも、ちゃんと夕食にはあさりの味噌汁が食卓に並んで。
でも、1週間ですもんね。しかも、箸から餌を受け取る姿なんて見てしまったら。。

でも、どんなふうに見届けるか。楽しみです。

人を殺したあと、どんな気持ちになるか知りたかったんです、と犯人がいうサスペンス劇場のようです(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。