見出し画像

知らない人のお金で、父とビールを飲んだ話


先週の日曜、父と私は、会ったことのない、知らない人のお金で、ビールを飲んだ。


すぐに答えを言ってしまうのだけど、これは、「小学1年生ぶりに、父の前で真っ裸になった話」を読んで下さった方々が、お礼としてくださった大切なお金。「キナリ杯」の準々優勝をいただいたことを機に、たくさんの人がSNSを通して、父のことを応援してくださった。

noteに、お礼をお金で届ける機能があるということにびっくりしたし、添えられているメッセージもすごくあったかくて、心が動きっぱなしだった。

その中の「お父さんの、ビール代に!」「少ないけど、お父様と美味しいもの食べてください」というお言葉に甘えて、父とご飯に行ってきた。そして、その日が、父がはじめてあのnoteを読んだ日になった。


今回は、「小学1年生ぶりに、父の前で真っ裸になった話」を読んで下さった方々へお手紙を書くような気持ちで、自分の正直な葛藤や、その後の父との話を綴ります。



アウティング、かもしれない


「お父さんすごいよ、私達の話が、こんなにもたくさんの人に読んでもらえたよーー!みんな、お父さんのことかっこいいねって言ってるよーーー!!!」

大きな声で言いたかったけれど、私は父に、noteに書いたことを話していなかった。最初は、「恥ずかしいやろー!」って怒られそうだから嫌だなという気持ちだった。いつか知れても、それはそれでいいかなあと。


でもある日、こうも考えられることに気づいた。

「アウティング」という言葉がある。

アウティング(英語表記)outing
1. 出かけること。散策すること。
2 .試合や競技会に出場すること。
3 .秘密を暴露すること。特に、その人が性的マイノリティーであることを、本人の了解を得ずに言い広めること。
(大辞泉より)

私がしたことは、極めて「アウティング」に近いのではないか。本人の了解を得ずに秘密を暴露する行動、そのものではないか。なんら恥ずかしくない、誇ってほしいエピソードであることは間違いない。でもそれは私の主観。私は、自分のしたことが、ものすごく怖くなった。

とにかく考えた。一連の流れをどう捉え、これからどうすればいいのかを考えた。父が自分のことを恥じて隠し続けることで、父に拓ける世界は限られる。でも、父はそれで良かったのかもしれない、父のプライドが傷つくかもしれない。いや、こうやって閉ざしているのは私のほうなんじゃないか。そもそも大げさに考えすぎているのかも。いやいや、そんなことはない。けれど……けれど…………

ぐるぐるしていると、その時は来た。


受賞4日後の昼、父と昔よくお仕事をしていたスタイリストさんから「父にこのnoteの存在を伝えてしまった、本当にごめんなさい」という内容のメッセージが来た。そのスタイリストさんは、私も幼い頃によくしてもらった人で、いろいろと汲み取った上で、「それでも(父に)読んでほしかった」と。

冷や汗をかき、涙目になった。でも、嬉しさもあった。自分からなかなか言い出せなかった罪を、詫びるきっかけができた。だけど、いざ本当に知られると混乱してきた。なんて言おう、父になんて説明しよう

いろんな感情があふれ出る最中、まもなく父から電話がかかってきた。



父、電話で嘘をつかれまくる

※注:なんかシビアな感じになってきたので、ここからは自分のためにも、たのしく書く。急に変わるテンション、ご了承ください。

「なあ、どういうことやの?父さんのこと、何かに書いたの?Facebookか?警備員やってることも書いたんか??説明して!」

電話が繋がるやいなや質問攻めの父に、私はさらに焦り、ごまかすように嘘をつきまくってしまった。

「いや、あの、そんな具体的には書いてないよ(嘘①)」
「何を書いたん?」
「ヌード撮ってもらったよーって、それだけ(嘘②)」
「ほんまか?父さんのこと、なんて書いたん」
「えっ、えーと…お父さんはカメラマンで、でも今は人を守ることもできちゃうんだよ〜…みたいなかんじの…(嘘③)」
「何やねんそれ?ハッキリゆうてくれ。素直に言うてくれたらええから」
「待って待って、前提から話すから」
「前提はいい、パッと話して。俺に分かるように、ちゃんと。」

ちょっとイライラしている口調。そりゃそうだよね…

「……パッと話すような内容じゃないの。折を見て、きちんと伝えようと思ってたの。一旦切っていいかな、あとで掛け直す。今から打合せやねん」
「わかった。終わったら絶対すぐ連絡してや」

電話を切ると「お待たせしました〜」とジャストタイミングで、つけ麺がカットインする。最後のは嘘じゃない。これを食べながら、私は今から、私と打合せをするのだ。いや、まじめに、どう伝えたらいいか言葉が整わなかったし、電話で済ませたくなかった。



つけ麺のスープ割を頼む頃、LINEが届いた。


「その投稿、送って。読む。でも、もう読まんといてっていうんやったら、読まん。忘れる。」


本当は読んでほしい。すごくすごく読んでほしい。きちんと言おう。伝えよう。「お父さん、今日の夜、会えへんかな。30分でもいいから。」こうして、夜8時に会うことになった。



冷奴には、カラシと酢


昔、父と二人暮らしをしていたワンルームがあり、今は父がひとりで住んでいる。夜、その近所にある行きつけの屋台で待ち合わせた。父は先に座って、何かを先に飲んでいた。私を見つけて、手を振っている。腕、細いなあ。

「遅れてごめん。何飲んでんの」
「アサヒ。飲むんか?」
「うん。飲む。っていうか今日わたしがおごる」
「そんなんええから、はよ投稿見せてや」
「ちゃうの、私のお金じゃないの。この話と投稿はつながってるの」
「どういうこと?ぜんぜん意味わからん」
「そのへんも最初から説明するから。」

お待たせしましたー、と、ナムルと塩タン、そして何もかかっていない冷奴が出てくる。「きたきた。いつものカラシちょうだい。あと」「はいはい、お酢ね」と、父にかぶせるお店のお姉さん。

「…おいしいの?醤油と生姜じゃないの?」
「絶対カラシ。カラシと酢。めちゃうまいで。食べてみ」

食べる。
うん。これは良い。
すこぶる美味しい。(ちなみにこの食べ方は私の中で「カラスやっこ」と名付けられた)

カラシと酢で食べる冷奴のおかげで、自分の情緒が整ってきた。よし、この感じなら話せそう。と、本題に入る。


Web上で開催された作文のコンテストに応募したこと。受賞をしたこと。ジャーナリスト、脚本家、コピーライター、たくさんの方々が評価をしてくださったこと。有名な写真家さんもSNSで紹介してくださったこと。

それが父のことを知るスタイリストさんの元に届いたこと。父がFacebookに花の写真を投稿しなくなって以降、どうしているのかと仲間達が心配していたこと。けれどあのnoteを読んで、父が生き抜いていることに心から安心していること。そしてみんな、父にまた会いたいと言っていること。

会ったことのないたくさんの人達が、父や父の写真を「かっこいいね」と言ってくださったこと。父と私の物語を「素敵だ」と言ってくださったこと。そして、今夜の私たちのご飯とビールは、その人から頂いた、大切なお金であること。


ちょっとずつ理解が広がり、全貌を知ってくれたところで「じゃあ、送るね。」とnoteのURLを父のLINEに送った。




プロフェッショナル

「……URL、開けた?」「うん。開けてる。」


父の過去話は、結構序盤に書いてある。その部分に差し掛かってすぐ「彩ちゃん、あのな、」と声をかけられる。

あー、やばい。「なんでこんなことまで書くのん」そう言われる。ごめん。ほんとうにごめんなさい。

「ここ、28ちゃう、29。俺が独立したん29歳や。あと、ここもちょっとちゃうな。父さんはあのー、ローソンのトイレもファミマのトイレも通ってたから。ローソンは小便。うんこがファミマな?プフフッ」


父は、文字校正をはじめていた。しかも、放課後の小学生男子みたいなことを言って笑っていた。でも、何よりも安堵の気持ちが広がった。


「…何それ?内容によって使い分けてたってこと?」
「そうや、近かったら顔合わせる回数多いやん、気まずいやん!」
「え、でもローソンは目つけられたゆうてたやん!」
「いや、だからそれはうんこしたときやん。小便は言われへんよ。たまにたばこも買うてるし」

何よそれ、やめてよ食べてるのに、と二人で笑う。「もうええわ、続き読むわ、」と父。



けれど途中から、父の文字校正はだんだんとなくなっていき、独り言のようになっていった。「こんなん思ってたんかあ」「俺これ言うてたなあ、よう覚えてるなあ…」そして読み終わり、父が顔を上げた。

「もっかい読むわ。」

それから父は10分ほど、記事の中を行ったり来たりしていた。困っているのか、喜んでいるのか、わからない顔で。でもどっちにしても、父にちゃんと謝らないと、と思って言った。


「お父さん、ごめんなさい。ガードマンの仕事のとき、メガネして変装してるやんか。それくらいバレたくないことやったのに、書いてしまった。」
「…うん。バレたくなかったな。」
「ごめんなさい」
「でも、彩ちゃんが書きたくて書いたんやろ?」
「うん。すごく書きたかった。」

父は、たばこ吸うてええ?と聞いてから、続けた。


「俺な、いろんな現場いくやろ、心斎橋とか…ミナミの現場も多いねん。ホテルとかな、大丸の前とか。」「うん」

「で、警備やっとったら、知り合いとか、昔のアシスタントも結構通るねん。子ども連れて、お買いもんしてるねん。」「うん、会うやろなあ」

「アッ!って俺が先に気づくねん。で、バレるかバレるか、って思いながらヘルメット深くして、うつむいてな。」「うんうん」

「でも、おっきい声で言うねん、『トラック通ります!危ないですよー!』」「あはは、そうか、そういうのもやるんやな」

「ちゃんと守ってるやろ」
「うん。すごい守ってる」
「だって父さん、守るプロやから。大事なものに事故でも起きたら、大変やろ?」

そう言いながら父は、泣いていた。なんか、いろんなものが入り混じってる。それをおしぼりで拭いながら、私のことを許す言葉を言ってくれた。

「彩ちゃんは、書くプロやねんな。俺はちゃんと、それを守らなあかんな」



父、お葬式の打合せに発展


ビールがなくなり、次はガリチューハイを頼む父。私も同じものを頼む。
「お父さん、ガリチュー飲むんや。ビールばっかりやと思ってた」
「飲むで。追チュー(※)もする。今日はあと5回する。」
「めっちゃ飲むやん」
(※グラスに氷と焼酎だけを足してもらうこと)

でも本当に5回くらいしてたんじゃないかなあ、それからもいろんな思い出話を聞かせてくれた。noteからおばあちゃんの記事の話にもなり、その流れで、父のお葬式の打合せにも発展した。(ちなみに私は、結婚式のようにお葬式だって考えたいタイプ)

「服、白いお着物は嫌やろ?何着たい?」
「Tシャツにジーンズでよろしく!棺桶に菊もちゃうな。写真がええわ。」
「父さんの花の写真にしよか」
「お、ええな、個展やな!!」
「うん、めっちゃいい。個展やなあ」

父が撮った花の写真1500枚に囲まれる父。めちゃくちゃかっこいいだろうなあ。本当に死んだら悲しいけれど、どんなお葬式を望んでいるかはずっと聞きたかったし、話せて良かった。もちろん、まだまだ元気でいてね。



こうして、noteを読んでくださった方や、父に連絡をしてくださったスタイリストさんのおかげで、私はきちんと謝ることができ、父と楽しく乾杯することができた。本当に本当に、感謝の気持ちと、もっともっとお礼しなくちゃ、という気持ちでいっぱい。
そんな翌日、父からLINEが来た。

画像1


読みすぎだよ。


画像2




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(「スキ」ってすごく嬉しいね…)
2537
’87年生まれ。関西大学卒業後「HELLOlife」へ。教育や就活系の企画、デザイン、ファシリ等を行う。‘20年6月より独立。司会・ナレーションなど声を使う活動もしばしば。気まぐれで奈良に借りた家が広すぎて、寝室以外を開放中。得意技は愛することです。

こちらでもピックアップされています

好きの寄せ集め
好きの寄せ集め
  • 86本

ビュッフェでは食べ合わせ無視でひたすら好きなものをとってよく周りに笑われる。最近は彩りも考えてさらに綺麗に配置するようになった。でも、言葉は遠慮しない。自分が好きだと思った文章をひたすらここに集めるので、暇な人はくつろいで行ってください。

コメント (11)
バレた(笑)。バレてでもよかったね。
島田彩さん、面白いし泣けるし。最近SNSも画像や動画ばっかり見てたけど
久々に文字読んで感動してます。本屋にも久々行きたくなりました。
お父様は現在の状況をお知り合いに知られたくなかったのかもしれませんが、島田さんが投稿されたことで、これまでの辛かった経験も含めて一つのストーリーとして沢山の人の心に届く「作品」になったことを、とても喜ばれているのではないかなと思います。
はじめまして。すごくすごく心があたたかくなりました!
ヌードからはじまり、花の個展やサワガニの話などいくつか記事読ませてもらいフォローさせて頂きました。

自分でも何か書きたくなりました。
ネタ全く思いつかないけど…笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。