エリートが新卒でベンチャーに入った理由③

細かいところに気を配れないというのはおそらくですが、幼いころからの性質だったかと思われます。特に幼少期はシャイでもともとは人前に出るのも苦手な性格でした。しかしいつの頃からチャンスがあればリーダーに立候補する人間に変わっていました。

稚拙な考察ですが、これは体の大きさが関係しているのではないかと思っています。小学校卒業までは体が小さく、前から3番目くらいの位置でした。しかし中学校に入ってからは毎

もっとみる

勝手に…令和の就活#5『就活のモチベーションを維持するためには?』

皆さん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。西島です。

さぁ勝手に始めた令和の就活。
気軽に、気楽に、楽しく、ゆるく伝えていきます。

いいですか、『気軽に、気楽に、楽しく、ゆるく』です。すみません、早速ガッツリ間をあけてしまいました。

言ったでしょう、『ゆるく』やるって笑

前回はこんな記事でした。

今回は『就活のモチベーションを維持するためには?』について。

いやもう、そんなん

もっとみる
これはね…惚れる
8

貴重な時間。

最近練習をしていくにあたり、やはり最終学年になるんだなという実感ともっと自分たちが雰囲気作らないとなーと思っていてやれるだけやろうと思っている所存です。

今日は僕にとって数少ない親友とご飯に行きます。
この人は小学生から高校まで同じサッカーチーム、部活でした。今もなお連絡を取り合う仲です。実際にこのnoteもこの親友に勧められて始めました。笑

小学校からの付き合いなのである程度理解してるからと

もっとみる

人生必要事項-就活-

大学生になれば、みんな動き出す就活。
よく口にするのが、良い大学にはいれば、就活は安定。心配することではない。

インターンで周りをみれば、
東大、慶應、早稲田。

なんなら、大企業ではアメリカの大学生もいる。

実際、大学という肩書きが必要な会社はあります。かといって、そうゆう会社以外は、そんなに肩書きは関係ないと言う。

質問ターイム
何を求めて、就活しますか??

お金ですか?安定ですか?未

もっとみる

ネタ切れしてます?

今回もnoteを継続させるためにぼくが気をつけていることについて書こうと思う。特にぼくと似た日記のようなものを書いている人が多いように感じるので、そういう記事を書いている人に向けて書く。

というのも、気になって記事を読んでいた人たちの中に、自己紹介と幾つかの記事だけ書いてやめてしまった人がいたからだ。

そして、彼らが口を揃えて言っていたのは「ネタ切れ」である。

自己紹介を終えて記事を書き始め

もっとみる
マガジンもあるよ!!
57

年齢制限ばかりの日本

なんでこの国は年齢にこだわるのだろうか?

ふとソニーの広告でソニーは君と組みたいんだなどとなかなか熱いメッセージのもの見つけた。

しかし、U24の通り、いざ中身を見ると、24歳までの募集だった。それなら、ソニーは20代前半までの若者と組みたいんだってやればいいじゃん!

小中高大までの22年間までで通用するものを身につけないとダメなのだろうか?

成長は人それぞれで、速い人もいれば周りと同じく

もっとみる

経験した企業について

こんばんは。

本日2回目の投稿になります。

せっかくなので、自身の経験した企業についてお話しさせていただきます。

※わたくしの経験談に基づき、独自の見解を述べておりますので、あくまでもご参考までに。

経歴のおさらい

都内私立高校を卒業した後、某理系総合大学へ入学。

大学卒業後は、大手自動車会社に入社。

ということで、まずは新卒で入社した大手自動車メーカーについてお話しさせて頂きます。

もっとみる

「営業」は楽?

元営業で、いまはCS(カスタマーサクセス)として、オフィス内での勤務が多くなっている先輩と話していました。

そのCSの先輩と一緒に、クライアントのオフィスへ伺ってインタビューをさせてもらったのですが、移動時間のとき、その先輩が『この移動時間、おれたち実質的には仕事してないもんなあ』という言葉が、すごく印象に残りました。

世の中的には、会社員の移動時間に対して、交通費は支給してもらえるし、仕事中

もっとみる
表現者に最も必要な力は「再起する足腰」だ!
7

なりたい自分と今の自分とのギャップ

直感で物事を捉えるのではなく

論理的に理解できる人になりたいし、

よく通る声ではなく

かぼそい、透き通る声がいいし、

行動がうるさい人ではなく

凛とした人はなりたいし、

作業をパパッとする人ではなく、

一つ一つ丁寧なお仕事ができる人でありたいし、

汚い言葉づかいではなく、

知性が溢れる言葉を使用できる人でありたいし、

せかせかする日々ではなく、

本棚に本が溢れる生活がいいし、

もっとみる
好きがこぼれ落ちる
2

就活を始める前小学生、中学生、高校生の時その3

高校時代の話です。

高校の入学式は凄かったです。。。

地元からもそこそこ行く学生も多く何人かは共通の友人を返し知っているケースがあり、話していると話題が「高校やめてえ」でした笑

まあ最初は絶望はつきものであると感じてましたが、、、特に通学が大変で往復自転車で2時間。長いです。しかし電車が苦手な私にとっては苦ではなかったです。むしろ新鮮な空気が吸えると!

成績は社会が凄い出来でした。それ以外

もっとみる