はたらくってなんだろう

コンテスト

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは
PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法のことです。

まずは、PDCAのそれぞれの段階について詳細に説明します。

Plan:計画する
PDCAのP(Plan)とは、目標を設定し、業務計画を作成する段階のことです。
まず、解決したい問題や利

もっとみる

恥ずかしげもなく「集え!同志達よ!」を堂々と叫ぶ

いつもお世話になっております。30代束の間の厄休み中こと周田です。

生きづらさを感じた2月が終わり3月こそは人間らしく生きたい今日この頃。

アンミカさんが「“口”に“十”と書いて『叶う』だから10回口に出せば叶う」と言っておりまして(正しくは丸山礼ちゃんのモノマネで知りました)。
わたしもやりたいことを10回口に出していきたいなあって思うのですが、知名度もなければ人望もスキルもキャリアもない。

もっとみる
(´-`).。oO(ありがとうございます!)

派遣社員からのキャリアステップ

大学を卒業後、非常勤職員の事務員として働くことになった。
好きな職場だし、お金なんて関係なかった。時給は1150円。一人暮らしは到底できないから、実家住まい。だから、どうにか暮らしていけた。
けれども、一年経って、自分自身の将来や暮らしやお金のことが不安になってきた。その頃の私の発言は一つ。

「正社員になりたい」

しかし、スキルも何もない女がいきなり正社員になることはできるのだろうか。
何度か

もっとみる

休日とは

今日は休日

この一年コロナの影響で今まで無縁だった土日に休みが来る時がある

平日休みあるあるだとは思うが土日の人の多さに戸惑いながらも、人通りの増す街の中を歩くのはたまにはいいなと感じる

ワゴンセールでたまたま安くゲットできたヨーグルトメーカーで初自家製ヨーグルトを仕込んでみたり、溜めていた家事をやったり、ゆっくりした休日を過ごしていた

早めの夕飯はチーズキンパと豚チゲ

記録用の写真を撮

もっとみる

就活生日誌⑨

あなたは何のために生きていますか?

こんなことを、毎日のように自問自答している。

大好きな人も、尊敬できる人も、感謝している人も、
ちゃんといる。病気だって、ちゃんと良くなっている。はず。

なのに、ずっと自分の心が虚しい。空っぽってこういうことを言うのだと思う。しかも、何かを詰める箱がない。ただ、空間があるだけ。振っても、音すらしない。そんな世界で今生きている。

生きてると、自分が恥ずかし

もっとみる
時には悲しくても大丈夫です。
3

起業して1ヶ月

2020年末に新卒から10年間働いた会社を退職し、2月頭に、取引先も特になく、完全に0からいきなり株式会社を一人で立ち上げました。34歳結婚していますが子供はいませんでしたので、チャレンジするなら今しかないということでスタートしました。

結論、なんか死ぬことはないかなーという感じがします。クライアントがないうちはウーバー配達員やってましたが、一日2時間働いて月10万円稼げたので、もうなんとでもな

もっとみる

夜中0時過ぎの会社で両足つった話

SEなるものトラブルが発生すると急遽夜中まで仕事をするものです😣

自分はSEをしています。インフラ系SEです。
インフラ系というのは、ゲーム機で例えるならばプレステ自体。それに対してアプリ系SEというのもありまして、それはプレステで動くゲームといったところ。

又SEは担当するシステムというのも持っています。今から10年くらい前の自分は、とあるシステムが動くサーバ(パソコン)の保守管理をしてお

もっとみる
ありがとうございます🎉
1

#16 自分を燃やしまくれ!~本業と複業のシナジーは積み上がる!~(書籍第10章)

書籍「複業1年目の歩き方」第10章担当の”たれちゃん”です。
大企業の複業人事ちゃんかねを中心として15名で書籍を作ってます。

今回も内容をチラ見せします!|д゚)

■第10章のテーマ

今回は「複業も活用して自分を燃やし切ろう!」です。

■こんな人に読んでほしい

・いま、自分を活かし切れていないと感じる人
・もっと視野を広げて、充実したいと思ってる人
・複業をやると、本業は疎かになる?と

もっとみる
良いことが、ありますように😊♪
8

#005 全ての人にチャレンジする権利があるまち 島根県雲南市 小林旭さん LOCAL×市役所職員×地域活性

チャレンジする人を応援する自治体!島根県雲南市!

今回お話しをうかがったのは、島根県雲南市役所に勤務しながら、現在東京都にある一般財団法人地域活性化センターへ出向中の小林旭さん。

雲南市出身の小林さんが役場職員として働く中で、「他の場所でも働いてみたい」そう上司に相談した時やってきたのが、東京出向のお話しでした。
このように「こうしたい」という想いがある若者はもちろん、学生や社会人など、様々な

もっとみる
スキありがとうございます!めっちゃ嬉しいです♪
2