スタッフJの歩み

15

東京から富山に移った今『あのこは貴族』はどう映る?

デパート内部にある高級志向のカフェは、私をのぞいてご婦人ばかりだった。どうしても、ちょっといいスイーツと共に紅茶を飲みながら読みたい本があった。

山内マリコさん作の『あのこは貴族』。電車に揺られながら「第一章 東京(とりわけその中心の、とある階層)」を読んで、文章を追う勢いは加速するばかりだった。これは天井が高くソファがひろく紅茶がおいしい、上品なお店でめくるべき本だ、そう直観してまさにその通り

もっとみる

コオロギせんべいの時代

コオロギせんべい食べない?とヒトに勧められた。何も主張しない、その辺のスナック菓子と変わらないシンプルな体裁である。行ったら“つい”何かしらを買ってしまうことで定評の、◯印良品で売られていたのだという。

なるほどもうそんな時代か。白くて少し灰色のまあるいせんべいを見て、手に取りたかったけれどでもやめた。

「甲殻類アレルギーだから、それに近い成分を含むムシも危ないと思う」
事実である。コオロギな

もっとみる

マックでこんなこと考えるもんじゃない。

幼い頃からマックだった

関東の生まれ育ちの私はマクドナルドといったらマック、なのでマクドとは言ったことないのですけれども。

そういえば最初に富山に来たとき、ここではエスカレーターの左右どちらに並ぶのだろうと気になった覚えがあります。(実際は列ができるほど過密な場は富山でそんなになかった......) 本屋にてにょろにょろ散歩しているときは、東日本と西日本で別の表紙となる雑誌の回で、富山は西日本

もっとみる

Kindle出版で旅館をデジタルに放ちたい。

どうも、富山市の旅館で商品開発に携わったスタッフJと申します。

今回は初めてのKindle出版に挑戦しました。紆余曲折ありましたが、その過程を共有できたら、と思ってこのnoteを執筆いたしました。簡単だよ!といえるほどカンタンではなかったような......。

↑ 完成品です!!
『Ryokan: a Japanese style inn』

販売価格は250円。Kindle Unlimited

もっとみる
感謝
9

あの年、クリスマスマーケットで。

引っ越してきた10月、早くも富山は寒かった。家具家電も揃っていないので、薄い寝袋をフローリングに敷いて、そのまま寝た。真っ白な平面の壁は、年季が入ってその分だけ暖かみがあった。でもそれだけで。とにもかくにも寒かった。私は太平洋側で生まれ育ったのである。

しばらく経つと、祖母から小包が送られてきた。そういえば新居の住所を伝えていたかもしれなかった。小さい割に案外どっしり重かった。それもそのはずで、

もっとみる
感謝
8

主役の白えびに代わって

富山といえば白えび。
駅なかに白えび。
寿司屋に白えび。
居酒屋に白えび。
スーパーに白えび。
ポスターに白えび。

ところで私は白えびを食べたことがございません。一度エビの名がつく居酒屋さんで白い塊の乗ったネタを口に運びかけたら、すかさずそこにいた人が「それ白えびだよ!」と注意してくれたのでした。危ない、呼吸困難で救急車にお世話になるところでした。一度も食べたことがないのだからそれが白えびだとも

もっとみる

スマホのない生活、牛乳のある生活

さて、気ままに、あんまり元気ではなかった頃の話をします。

あのころ私はドイツに留学していまして、念願の留学自体は泣いて喜ぶほどのものでしたが、訳あって心身は丈夫ではありませんでした。
ドイツでは授業を休む際も、プライベートに踏み込んだ質問をするのはナンセンスなので、なぜ休みなのか?どんな病気なのか?などを問われることは基本的にありませんでした。それは大きな救いです。といいながら、生真面目な日本人

もっとみる

ZEB Ready認証?夏だからエネルギーの話を。

エコといえば

レオナルド・ディカプリオが好きです。

『タイタニック』や『ロミオとジュリエット』の若かりし頃ももちろん素敵ですが、私は『ブラッド・ダイヤモンド』の頃のイケオジ レオ様がたまらなく好きなのです。あんな人になりたいと恋い焦がれ、待ち受け画面もレオ様です。以前はレオ様の誕生日「1111」をパスワードにするほどでしたが、さすがに分かりやすすぎて危ないので変えました(アテネでスマホが盗まれ

もっとみる

雨の日に映画はいかがでしょう。

......しとしと、雨が降り続いております。

富山に移住する前に脅されたことの一つに、「太平洋側から来る人は、どんよりした気候が辛くなってしまうよ」というお言葉がありました。

雨音だけなら落ち着くのに、実態としてのジトジトした雨はどうも好きではありません。皮膚が重くなるような感覚で、ときどき頭も痛くなるからです。映画に登場する雨って、どうしてあんなに世界観を引き立ててくれるのでしょうね?(ど

もっとみる

インドネシアのレインボーフラッグから

喜代多旅館では、様々なお客様にご利用していただきたい......と日々考えております。6月は世界的にLGBTプライド月間なのですが、この機会に昔あった印象的なエピソードをご紹介いたします。

Selamat siang. Apa kabar? (こんにちは。お元気ですか?)

昔々インドネシア語を勉強していたにもかかわらず、だいぶ忘れてしまいました……。

インドネシアといえば、私は2つのエピソー

もっとみる