自分なんて雑魚だと思って今日も、生きる

1年前の僕は、ドイツ生活7か月を迎えた頃。

それだけ異国の地で生活していると、”自分ができること”と”できないこと”が明確になってくる。そして「できないことの多さ=自分の非力さ」に定期的に絶望する日常。

言いたいことはあるのに言語の壁によって伝わらないもどかしさ。

やりたいことはあるのにそのスタート地点にも立っていない実力。

まるで、遠くにジャンプしたいのにしゃがむことができないようなやる

もっとみる
Danke schön:)
2

【連載】釜石と私〜第4回:地域のコミュニティに参加するキッカケ〜

釜石で薬剤師として働く

国家試験を終え、八王子から釜石に戻る。

わずか半年弱しかいなかった釜石に着いたとき、
故郷に帰るような懐かしさでいっぱいだった。

また釜石で働ける。

そんな想いをたずさえて、
ようやく私の薬剤師人生がスタートした。

しかし、当時の私の目標は、
『お金を貯めてドイツに留学し、
ドイツでサッカーの指導者ライセンスをとりたい』
というものだった。

ドイツに留学した際に

もっとみる
励みになります!!!(まつも)
35

独語教師の独り言 第3回 ― 二人の師

森 泉(ドイツ語教師)

西欧の風景に映し出された語学教師の心の風景、ことば、教育をめぐる私の独り言、4回にわたって思いつくままに語ります。

語学の師には随分恵まれたと思う。ここでは、その中でも教師となる上で教わることの多かった二人の師について書いてみたい。

素晴らしき英語の授業

S先生には高校時代に英語を教わった。当時50代半ば(と私は思っていたが実際にはもう少し若かったのかもしれない)、

もっとみる

ドイツ ライプツィヒへ行こう Vol.2 話題沸騰のスポーツ・観光編

こんにちは!

気づけばもう九月ですね。秋が深まり少しずつですが涼しくなってきました。

僕は今、読書にはまっています。皆さんも是非とも時間を作って読書ためしてみてください。きっと心が落ち着き、新たな気づきがあると思います。

そんなことは置いといて、今日も前回に引き続き東ドイツに位置するライプツィヒという街をどんどん深掘りしていきたいと思います。

今回は観光やスポーツに焦点をあてて紹介します。

もっとみる

アマチュアとプロの壁、レギオナルリーガ(4部)

はじめに

まだまだ通常通りの生活へ戻るまでには時間がかかりそうです。ドイツサッカーも各サッカー協会で様々な対策や対応を行なっています。そんな中、ドイツトップリーグの中でいち早くレギオナルリーガ(4部)が開幕を迎えました。※バイエルン地域を除く4つのリーグ

ドイツのトップリーグについて

ドイツのトップリーグはご存知、ブンデスリーガ1部です。ブンデスリーガ2部も宮市選手(ザンクトパウリ)や原口選

もっとみる

新聞、ラジオ

今日は夕方、長崎市内へ。今、住んでいる雲仙からは道中ずっと光り輝く海が見えてきれいでした。

某新聞社さんに取材して頂きました。が~まるちょば結成以前の話から、これからのことまで色々聞いて頂きました。どこにフォーカスして記事にしてくださるのか、楽しみです。また掲載して頂いたらお知らせしますね。

それから、事後報告で恐縮ですが、昨日(9/14)FM長崎「Sunrise Station」で、僕のコメ

もっとみる
Thanks a lot!!
18

ドイツへ 九月九日

今日から私の一番好きな国ドイツの留学生活が始まる。
昨日緊張して眠れなかったために、朝起きたのが五時十四分。急いで準備にかかり、予定通り五時五十分神奈川県の藤沢市辻堂駅発の電車に乗り込む。二八.九キロの荷物を片手に移動に苦戦する。予想していたより電車は空いている。七時に東京駅乗換え。東京発の快速成田エアポートに乗る。
そこで事件はおきた!
JR得意の信号機故障!一つ前の六時三十分東京発エアポート成

もっとみる

全くもって需要がないと思われる、私の結婚について勝手に書いてみるの巻

子育てやら家事について書いたものの

火曜日は、子育てやら家事やら結婚やら、
について語る日としておきながら、
まだ語っていないことがあります。

そう、結婚です。

と言っても、
勝手に曜日毎にテーマを変えて書きはじめて、
まだ数週間しか経っておらず、
火曜日の記事用のマガジンにも3記事しかないので、
まぁそうなるよなぁと自身でツッコミをいれました。

誰が読むんだ的なテーマの記事ではありますが

もっとみる
サンクスです!!!(ウニ)
46