カナダの大学の食堂はすべてバイキングスタイル!?

こんにちは!

今日はトピックをガラッと変えてカナダの大学の食堂についてです!

日本の大学の食堂は、とにかく安くて早くておいしいですよね!

忙しくて毎日外食するお金も時間もない学生にとってはとてもありがたい存在です!

自分は日本の大学に行ったことはありませんが、早稲田大学、法政大学、上智大学にオープンキャンパスで行き、食堂に感動した覚えがあります!

日本の食堂には学生の大好きなおいしくて健

もっとみる

私が英語を勉強する理由は大したことない件①

気に入った映画は見終わった後、もう一回あらすじとかネタバレ記事を読んでもっと世界観に入り込もうとしちゃう系女子の私です🙋‍♀️

幼稚園から中学で部活を始めるまで英会話教室に通い、高校の選択授業は英語、さらには語学系の短期大学に進みその後も3度の短期留学、旅行で英語に触れる機会がみんなより多かったはずなのにとTOEIC、TOEFLでは目を当てられない点数を取り、未だにスペル、文法ガン無視の私が勝

もっとみる

葛藤と小さな約束

なかなかレポートが終わらない.

レポートって書きだしたらかなり進められるけど、書きだすまでが大変だと思う.トピックは自分が好きな方向にガイドすればやる気スイッチは入るから、頑張れ自分.

レポートを書くたびに思う

もっと日本を研究対象にしたいなぁ、と

やっぱりイギリスの大学でやってるからには社会学のリーディングもイギリス中心のものになるし、取り上げられる例もイギリス社会を反映させている例が中

もっとみる

【現状】 留学

1ヶ月留学なのだが、1週間が過ぎた。
親しい先生が帰国し、
留学生たちは皆パンチが強い

そんな、不安と楽しみの間で揺らいでいる

友達ができた。皆それぞれ個性があって、
私がマイナスならマイナスが2人でプラスがもう2人という感じである。プラスのうちの1人の女の子が、
もう宇宙人みたいで、滅茶苦茶に面白いw

お笑いを全力でやっている身としては、
羨ましくなる。その子は、似顔絵をかくという自己紹介

もっとみる

これからの3カ月

フィリピンでの3カ月の生活が終わり、現在イギリスに来ています。現在午後5時ですが、もう外は暗いです。日本よりも風が冷たく、家に帰る時は体が冷え切っています。

さて、本題のイギリスにいる3カ月間何をするかについてですが、簡潔に言うとガイドツアーに参加しまくります!!!!

というのも、私の留学の目的が”熊本の大学生による観光ガイド団体を立ち上げること”だからです。

まずは自分の目でイギリスを知り

もっとみる

ビューが600人を超えました😮!ありがとうございます☺️♡これからも日常シェアしますので、よろしくお願いします〜

ありがとうございます☺️
3

【簡単英語表現】留学中、具合が悪くなったら何ていえばいいの?

私は大学4年生の時にアメリカで生まれて初めてインフルにかかりました。

その時に初めて病気に関する英語を自分の中でまったく表現できないことに気が付きました。

今回はそんな留学中に起こりえる、具合が悪くなっときに使える表現をお伝えします。

具体的に自分の症状を伝えるときには、I have~が便利なのでどんどん使って覚えちゃいましょう。

I have の後には痛い場所や痛みの種類の英語を入れるだ

もっとみる
嬉しいです!

ナイロビモジュール番外編 - サファリ訪問 -

どうも、Kamackです。

IESE Business Schoolの短期モジュールであるナイロビモジュールの前半戦最後、サファリ訪問。こんな日程まで組まれているとは本当に素晴らしいモジュールです。

という事で、ナイバシャ湖とレイクナクル国立公園に行ってきました。

ナイバシャ湖

ナイバシャ湖はナイロビ市街から2時間くらい北西に進んだところにある湖です。ここでは、ボートに乗り、湖に住んでいる

もっとみる
ありがとうございます😊
2

アメリカ留学記① 交換留学はお得⁉

こんにちは、いえ、はじめまして。

ぞんです^ ^

この度noteでアメリカ留学記(ほとんどつぶやき)を始めてみることにしました。

きっかけは私の好きなライターさん、いしかわごうさん(フロサポならわかるはず)のメルマガをみて、「自分の体験や考えを言語化できるようになりたい」と思ったことです。

あと個人的に、「日本の若者にどんどん留学に行ってほしい!!」と考えているので、留学の魅力なども語れれ

もっとみる

【英語習得法】高校レベルの英語力しかなかった18才の私が英語を習得した話

こんにちは、アイドルオタク3.0 SEICAです!

最近、周りの方に英語を教えさせていただいたりして「どうやって勉強したの?」と聞かれることが多いので、ここらで言語化しておこうと思います。

まずはざっくり経歴をお話ししていきます!

私は高校卒業後、18才の時に単身でアメリカ・カリフォルニアに渡り、英語を習得しました。

日本に生まれ、日本人の両親のもとに育ち、高校までは地元の公立の学校に通っ

もっとみる