VTuber&VR考察マガジン

124
記事

【朗報】Vtuberの定義問題、ついに決着がつく(個人の感想です)

定期的な話題「Vtuberの定義とは」

ツイッターランドばーちゃるちほーでは時々、「Vtuberの定義」の話題が盛り上がります。

2018年3月頃はまず「バーチャルYouTuber」の略称をどうするかあたりから話が始まり、「Vtuber」と「バーチューバー」が有力候補として出てきて争った結果「Vtuber」が定着したという流れがありました。(月ノ美兎さんの比較的初期の配信では両方を使っていた記

もっとみる
ありがと(๑╹ᆺ╹)ぬんぬん
8

マズローの欲求階層説に基づく「アバターを着る」という着装行動の分析

ばーちゃる心理職の白野えんらです。物理現実では臨床心理士として働いています。今回のテーマは「欲求」です。何故、バーチャル社会でアバターを纏うのか、纏い続けるのかをマズローの欲求階層説に基づいて分析をしました。皆さまご自身が「自分は何でVtuberになったのだろう」と思い悩んだときに、振り返る際の足掛かりとして、本記事がお役に立てれば幸いです。

本記事を書くのに参考にしたのが、服飾心理学における「

もっとみる

仮想現実で「許し」の夢を見るか

仮想現実ソフト(VR)を使って、亡くした娘と再会した母親の体験についての動画が話題になっている。
7歳で難病のため亡くなってしまった娘の映像に、「もう悲しまないで」と言われた母親は、嬉しかったし、より一層娘への愛情を募らせることができたと語っていた。

動画リンク(韓国語のニュース)です。
https://youtu.be/uflTK8c4w0c

私が読んだカラパイアのまとめ記事です。
http

もっとみる

例え VR でも、故人ともう一度ハグしたいですか?

韓国から、VR で再現された7歳の亡きお嬢さんと出会うお母さまの姿を描いたドキュメンタリーのお話が入ってきました

ツィッターでもバズっており、目にされた方も少なくないと思います

YouTube で公開された動画はこちらです

冒頭の数分間を日本語に翻訳して下さった方もいますね。そちらの動画はこちらになります(7万いいね、も付いていますね)

この動画への反応を大きく分けると

自分も体験したい

もっとみる
グリーフサポートに興味を持っていただけたら幸いです
13

なぜクソマロを晒してはいけないのか

クソマロへの対応についてTLで少し議論が起きていたので、以前書いたはいいもののそのまま眠らせていた文章を公開します。
かなり前に書いたものなので文中の最近が全然最近じゃなかったりするかもしれませんがどうか目をつぶって下さい。

クソマロになぜ回答してはいけないのか。
結論から言えば、「悪意を持った人に悪用されるから」です。

(ここから以前書いていた文章)

Twitterで話題になってたツイート

もっとみる

VTuber界隈を遊び尽くす方法

どうも皆さん。ポジティブオタクと申します。

この記事をご覧の大部分の方がVTuberの存在をご存知でしょうが、軽く説明させて頂きますと

バーチャルYouTuber(VTuber)という存在が、ここ数年で誕生しています。

それに伴い、企業でVTuberをプロデュースすることや

一般個人としてVTuberデビューすることがブームになりました。

そして、Twitterを中心にVTuber900

もっとみる

ENTUMのお墓の前で泣かないでください・VTuberビジネスはスケールするか

ENTUM(エンタム)が活動終了

12月16日に「ENTUMが年内で活動終了」という発表がありました。ENTUMは2018年4月9日に開設された、VTuber事務所としては先駆的なもので、スタート時のメンバーはミライアカリ、猫宮ひなた、ヨメミ、届木ウカ、もちひよこという布陣であり、「最強のVTuberグループが出現したぞ」と驚いたものでした。それが活動を終了するということで、大きなニュースとして

もっとみる
ありがとうございます!励みになります
71

『ファングループそのものの評判や民度も落としちゃ駄目だろう』と思った事。

(2019年12月24日、仮名の当てはめに誤りがありましたので、修正しました。他、一部加筆修正)

 お疲れ様です。

 今年最後の更新になるかも。曇天スキーです。

 今回は、ひと悶着ありまして、

『それについて、知る人だけが内容を見て、流れを整頓して頭に入れて下さればいいかな』

という事を書きます。つまりは事情を知る方への補足事項です。

 ですので、事情を知らない人が見てもさっぱりだと思

もっとみる
ありがたいねぇ!
4

初見リスナーへの対応とリピーターの獲得

今更で申し訳ないのですが、つい最近からIRIAMのライバーさんを観る機会が増えました。
IRIAMを触ってみて驚いたのですが、配信部屋に入室すると
「○○さんがあそびに来ました(初見)」といったメッセージが表示されて、入室者が初見さんか否かを自動的に周知されてしまうんですよね。他のプラットフォームには無かった機能なので最初の頃はビビってました。こっそり入ったつもりがバレてるんですもん。

それはさ

もっとみる

バーチャル学会2019を開催して

この記事はバーチャル学会2019実行委員長のふぁるこが個人的な視点から学会を振り返ります.

バーチャル学会の立ち上げ経緯と意義

まず始めにバーチャル学会2019公式HPより挨拶を引用します.

近年,低価格なHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の普及によりVR空間(コンピュータにより計算された3次元CG領域に一人称視点で没入できる空間)を介した遠隔コミュニケーションが実用レベルで展開されていま

もっとみる