読んでくださって本当にありがとうございます。
7

回想。

これは私がティラノサウルスだった時の話なんですが、当時は今よりも温暖な気候だったんです。なので動植物もその気候に合わせるように巨大でした。私そのものが例えにはなるんですが、他にも体長3メートルにもなるムカデや体長60センチから70センチにもなるトンボが生息していたんです。

食べ物に関しては主に草食恐竜を食べておりまして、たまに昆虫なんかも食していました。恐竜だった時に食べたものの中で一番オススメ

もっとみる

もつれ話

自分 こんばんは。お久しぶりです。

 こんばんは。あれ?そんなに久しぶりだっけ?どれくらいぶり?

自分  ん〜、多分2年ぶりくらい?

 え!?そんなに経つ?全然そんな感じしなーい。

自分 そうだね。でもできれば君に会いたくなかった...

 わかってる...。嫌われてること、わかってるから。

自分 ごめん。こんなこと言いたくなかったけど、やっぱり会うと辛い。

 じゃあ殺して。さっさと殺

もっとみる

アスファル党

アスファルト至上主義を掲げるアスファル党が議席を伸ばしたことで、彼らはより一層力を増している。

我々、アスファル党は政権を奪取し国民一人一人にアスファルトになる義務を課します!国家非常事態条項を設けることで、インフラ破壊などに見舞われた時、国民が一丸となって道路になることで支援物資の輸送などを円滑に行うことができるのです。

アスファルトになる方法は、かの天才科学者、明日府亜流戸氏が20年の歳月

もっとみる

おにぎりのおばあさんに伝えたい

とある地方で大雨の後に道路の修繕工事を担当したころのお話。そこは山の奥にある集落で、近くにはスーパーもコンビニもない。近くの集落に在る民宿に調査員10名ほどが分かれて泊まり、それぞれの宿で昼食をつくってもらって工事現場に通っていた。

まだ学生気分も抜けない頃、とにかくお腹がすいて仕方がない年齢。多めに昼食を作ってもらっても、それでも足りない。民宿のおばさんからお腹を空かせている若い衆がいると話を

もっとみる
(^^)/ さんきゅ~スキ!
4

ラズベリーと鶏卵

よく晴れた金曜の昼下がりに、クローゼットから丁寧に取り出した一等お気に入りのコートを着て博物館に向かった。このチェスターコートの深い緑は、いつも私に鬱蒼と茂った森を思わせる。小さく鼻歌を歌いながらステップを踏むようにして歩くと、ときどき両耳の金のピアスが揺れた。博物館までは徒歩で40分くらいかかるけれど、今日は日差しが暖かい絶好の散歩日和だし、更に明日は土曜だ。何もかもが完璧だった。

 夕ヶ丘市

もっとみる

私はアスファルトになりたいと思った。

はい、私はアスファルトです。今年でちょうど5年目になりますね。

私がアスファルトになろうと思った理由はやはり父の影響が大きいと思います。私が子供の頃、父はゼネコンに勤めており、休みの日になると自分が担当している土木建築の現場に連れて行ってくれました。

その現場で各種の土木建設機械について学んだり、また仕事で使用する資材についても教えてもらいました。

この経験の中で最も印象に残ったのがアスファ

もっとみる

現実にフィクション味を覚えてくると、夢の国が一気に現実味を帯びてくるはなし

ふとしたときに、
なんで自分って生きてるんだろう〜とか、
世界の見え方と本当の世界ってどれくらい一致してるんだろう〜とか、
本当に自分の存在ってあるのかなぁ〜とか考えます。

そうして考えていると、
次第に「生きてるってすごいな、はんぱねぇ!!!」
という実感がじわじわとしてきて、
「なんだ、この世界は?!現実か?いやもしかすると私は現実なんて何一つわかっていないのではないか??」と自問自答し始め

もっとみる
精進します〜!
2
ありがとうございます!
5

子供への暖房、布団、毛布の使用を禁止します。

昨今の病弱な子供の増加を受けて政府は新しい法律を制定しました。

それは「子供の冬場の就寝時に暖房、布団、毛布の使用を禁止する」というものです。

この法律によって、寒い時期を体を暖めずに寝ることになり、体の燃焼を促進し寝ている間にも体をよく動かすことで健康的になることが予想されているのです。

気になる方がいると思うので先に説明しておくと、就寝時にのみ使用が禁止されることになるので起きている間は

もっとみる