小袋成彬『Piercing』に寄せて

はじめに

リリースされて既に1ヶ月以上が経ちますが、小袋成彬のセカンド・アルバム『Piercing』は間違いなく、ここ数年の音楽シーンでも郡を抜いて最高の作品だと思っています。

アルバムを初めて聴いた時には、とてつもない感動と多幸感に包まれました。
同時に、その気持ちを何かに記しておきたいと強く感じました。

備忘録としてnoteを始めましたが、この作品についての記事を書きたいがために開設まで

もっとみる

ひたむきな人を冷笑する時代だからこそZARD「負けないで」

先日ZARDについての記事を書いたばかりですが、今日ばかりは書かずにはいられません。ZARDのシングル「負けないで」が発売された日なんです。

「負けないで」が発売されたのが1993年1月27日。毎年夏に放送される日本テレビの24時間テレビをはじめ、わりと耳にする事が多い曲なので27年も前の曲だとつい忘れてしまいます。

この曲が発売された1993年、私は高校3年生になる年でした。高校生最後の1年

もっとみる
ありがとうございます( *´艸`)
4

「ネットの音楽オタクが選んだ2019年のベストアルバム」で10本レビューを書きました

毎年恒例、音楽だいすきクラブ主宰の2019年ベストアルバム集計。結果が出揃い、今年もトップ150が決定した模様です。本当に集計お疲れ様です!

この記事の中で、For Tracy Hyde『New Young City』、スカート『トワイライト』、カネコアヤノ『燦々』、MONO NO AWARE『かけがえのないもの』、Maison book girl『海と宇宙の子供たち』、私立恵比寿中学『MUSi

もっとみる
スキスースキ
8

アコギ/ギター Gibson Kazuyoshi Saito J-45の第二弾,"ADJ 2020 Edition"の発売が決定!!~ @斉藤和義 さんのシグネイチャーJ-45,再び!~ @創弾き語り ​

OHORI123の「アコギのすゝめ」 第529回目!! 今回は,OHORI123の音楽やアコースティック・ギターに対する思いに影響を及ぼしたアーティストの一人,斉藤和義さんのシグネイチャー・モデルについてのお話です!!^^

関連動画❶『Gibson Kazuyoshi Saito J-45(斉藤和義シグネイチャー・モデル) Review その2-1(サウンド編) @創弾き語り @斉藤和義
もっとみる

米津玄師 HYPE ツアーグッズ

発表されましたね。

クッソ全部欲しい。

推しに貢ぐのは幸せだ。

だけど

そんな推しの掌に踊らされてていいのか私!?

自分との戦いだあ。

待ってろツアー!

もっとみる
私のnoteがあなたの役に立ちますように!
2

情景別推奨音楽辞典 ~1人で歩く夜の帰り道編~

どうも。オザクです。
一つくらいは
小ボケ一切無しのマガジンを
作ってみようじゃないか
と思い立ちまして、
’情景別推奨音楽辞典’はじめます。
概要はまあタイトルで
なんとなくわかるでしょ。
なんとなくでいいんです。

今回のテーマ

「1人で歩く夜の帰り道」で聴くJ-POP

今回はこの情景に最適な音楽を
完全なる独断、私的感情込みで
推奨しようと3曲を厳選。

皆さんもうお気づきでしょうが、

もっとみる

アコギ/ギターのコード"E"の,1オクターヴ上のポジションVer.!! ~吉田拓郎さんの影響・・・~ @創弾き語り @Takamine Guitars Official ​

OHORI123の「アコギのすゝめ」 第528回目!! 今回は,久々に,ギターのコードについてのお話です^^b Eコードの,一部が1オクターヴ上Ver.をご紹介します!!^^

関連動画❶『アコギ/ギターのコード"D"で,ブリッジを叩くようなコード・ストロークをしてしまう!! ~アコギ/ギターの「あるあるな話」㉔~ @創弾き語り ​』
https://youtu.be/WhQQgUIOLC4

もっとみる

令和の2番手女子に、届けたい唄①【定番編】

気になるあの人には彼女がいる。

大好きな彼と体だけのお友達から脱却したい。

2番目でもいい、ただそばにいたい。

切ない恋愛、泣きたいけどもう泣けない夜、寄り添う曲を探している貴方に。

わたし自身が、あまり周囲から暖かく認められるような恋愛をしてこなかっただけに、スピーカーの向こうの声だけが、味方だった。

ーーやめられるもんならとっくにやめてるよこんな恋愛。でも好きだから。自分のことをそこ

もっとみる

『Pretender』をクールに昇華した令和恋煩いソング〜『I LOVE...』Official髭男dism〜

令和に入っても音楽業界の花道を突き進むバンド「Official髭男dism」
思えば2019年から2020年にかけて冬の音楽シーンは多彩な音楽がヒットしていた。特にKing Gnuのの大躍進はかなり意外だった。(白日以外の狂った井口も是非見て欲しい)

そして15日に先行配信されたシングル『I LOVE...』は『Pretender』をより音楽的にグレードアップさせた曲だと感じた。

彼らはエレク

もっとみる