3D×VR/ARが解決!「飽きないサービス/エンタメ」と省人化

こんにちは!TechArtIdea代表のYo-yohです!(techartidea.com)

外出自粛が徐々に緩まるとはいえ、やはりまだまだ家の中が多い日々。家で過ごす中、3D技術を利用したエンタメ、今とても流行っています。

そんな中、KDDIが『攻殻機動隊 SAC_2045』とコラボしたVR・ARコンテンツを公開しています。

もともと、東京・渋谷で開催する予定だったau 5Gの体験イベント

もっとみる

寝る前の備忘録24「自分のアバターを意識する2」

自分の「アバター」の定義は説明できたかと思います。

では、それを意識するとはどういうことか。

端的にいえば、「自分が今どのアバターでいるべきか意識する」

ことです。言い換えると

「自分が今どの環境に晒されているかを意識する」

 ともいえます。これは「環境」に直接いなくても、意識することが大切ですね。私はそう思います。

例えば、「朝起きる」時間についてもそうですね。「会社」に行く日はその

もっとみる
ラッキーアイテム:日本製の家電
4

寝る前の備忘録23「自分のアバターを意識する1」

今日は休日でしたが、寝倒していた結果ほとんど何もしていない豪雪婦人です。本を一冊読むのが限界でしたね…。

さて、今日は「アバター」についての話をしたいと思います。ゲームをしたことのある人がいれば、この言葉が何かわかると思います。ざっくり説明すると、「アバター」とは、「作り出した別のじぶん」みたいなものです。語源はヒンドゥー教のアヴァターラというもので、神様が別の姿になって顕現するその姿、というも

もっとみる
大当たり!!もう言うことなし!!好きにして…
11

アバターの変化と効能とか

※こちらの内容はSHOWROOMにて発表した内容を基に加筆修正したものになります。スライド右下にスペースがあるのは、その部分で私が話していたからです※

辞書でアバターという言葉を検索すると出てくるのは「自分の分身」という表現を多く使われているように感じます。

けれど、現代においてはアバターとは、もはや「もうひとつの自分自身」と言ってしまっても過言では無いです。理由は幾つかあるのですが、「比較的

もっとみる

☆* 令和の素敵な電子着せ替えゲーム、ポケコロの世界へ翔ぶ *☆

副題:昭和の紙製の着せ替え人形から令和の着せ替えゲームへ

こんにちは、ふじたごうらこです。上の画像は、ポケコロにおけるもう一人のわたし……アバターです。シマエナガ尽くしです。ほぼ毎日着せ替えを楽しんでいます。ポケコロはスマホの着せ替えゲームのことです。

◎◎◎ ポケコロをはじめた、きっかけ ◎◎◎
 最初は娘が誘ってきた。娘も友だちから誘われたという。で、お母さんも一緒にやろうよと。
 聞けば

もっとみる
スキうれしい。ありがとうございます。
6

遠隔から現場活動を行えるテレイグジスタンスの可能性

2020年は、大きな転機となる年となりそうだ。日本国内でも、1月からジワジワと感染拡大が始まった新型コロナウイルス感染症の影響により、人々の生活が大きく変革する可能性があるからだ。

 特に、感染拡大を予防するために、多くの人がテレワークを実施して在宅勤務を実践する等、大きな社会実験ともいうべきテレワーク活用が進んだところである。テレワークの仕組みとして、良い点・悪い点なども次第に明らかになり、今

もっとみる
他の記事も是非ご覧あれ。ありがとうございした!
3