いろいろマーケティング

202

コンテンツマーケティングやブランデッドコンテンツの作り方で気をつけたいこと(読了に必要な時間1分>でも考えたくなる時間は無限)

コンテンツマーケティングやブランデッドコンテンツを企画するときに大事なこと。

それは、普通の「広告」との違いを理解することにあると思うのだ。

普通の「広告」は、広告そのものが面白いとおもって見てもらえるわけではなく、他に見たいと思われるコンテンツ(番組や記事)があって、そこにうまく“挟まっている”から見てもらえる(=リーチする)。

しかし(特にネットにおける)コンテンツマーケティングやブラン

もっとみる
+5

収入は努力や能力ではなく、需要と供給で決まる

ニュージーランドでワイナリーツアーに参加したとき、行く先々でいくつものワインを試飲させてもらいました。同じワインといっても、味は千差万別です。値段もそれぞれで、千円程度のものから数万円のものまで、各ワイナリー様々なグレードを取り揃えています。ワインには明るくないため、正直味の違いはよくわかりません。美味しいと思うものが安かったり、その逆だったり。

この値段の違いは一体どこからくるのか?と疑問に思

もっとみる
+1

日本企業でDXが進まない構造的な課題と、世界をリードしていく明るい未来。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉がバズワード的に広がってだいぶ経ちますが、皆さん、DXは進んでいますか?

・・・どうやら、なかなか苦労している会社さんが多いように見受けます。

今日は、DXが進んでいない理由について、その根本原因を探りつつ、どうやったら日本がリードして行けるかという、明るい未来についても触れていきたいと思います!!

背景:過度に難しいものになってしまったD

もっとみる

ヤン・ウェンリーの言葉(銀河英雄伝説)

銀河英雄伝説の最新刊読んで泣きじゃくってしまいました…。

銀河英雄伝説は何十年も前から小説・漫画・アニメが展開されていますが、ずっと読んだことがありませんでした。

2年ほど前にある取材を受けた際に「麻野さんのそういう考えってヤン・ウェンリーっぽいですね」って言われて気になって現在連載中のリバイバル版の漫画を読むようになりました。

銀河英雄伝説は極めて雑に簡単に言うと宇宙を舞台に帝国軍のライン

もっとみる

お客様相談の窓口は、まだ電話だけで良いのか?

日本のおもてなしのレベルは高い 日本は、確かに「おもてなし」が高い国かもしれない。私は、日本で生活する時間が圧倒的に長いので、他の地域とあまり比較ができない。しかし、今回のオリンピックでは、「おもてなし」に感激した事例も報道されている。

 ところで、この「おもてなし」には、相手の接点が必要だ。このオリンピックの場合では、沿道とバスの中という、実際の場所が、接点である。マーケティングの用語では、こ

もっとみる
ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。

ワクチン接種率向上に必要な、サイエンスコミュニケーション

意外と増加しないワクチン接種率 コロナのワクチン接種、皆さんはどうしただろうか?すでに接種済みの方、これから接種予定の方など、さまざまないらっしゃるだろう。希望的には、ワクチン接種率が日本でも向上し、早くマスクを外して外出したいところだ。

 ところで、そのような日は来るのだろうか。ワクチンを供給する側の政府は、「10~11月」にワクチン接種を終えたいと述べている。

ところで、この「全希望者」と

もっとみる
ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。

文系・理系という言葉を、早く捨てたい!

文系・理系という単語 日本には、なぜか「文系」「理系」という言葉が存在します。この言葉は、私が考えるに大学の受験制度により、発生して、存在しているのではないかと思います。

 私も、北海道大学に入学するときに、大学の1年と2年の前期までは、教養学部があり、1年生の入学した学部は、「理1」という学部だった。物理、数学系が多い学部に、2年の後期から進みたい学生が選ぶ学部である。

 この大学の受験を受

もっとみる
ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。

日曜プログラマーのススメ

多くの社会人が自宅にPCを持ち込む時代に みなさんは、テレワークをしていますか。私は、確かにこの1年間で、主要勤務方法は、テレワークに変わった。テレワークにも慣れて、リアルの場所での会議と異なる生産性の向上も、得られるようになってきた。

 経営者の中には、テレワークから出勤に変えたい方もいるだろうが、今後も「テレワーク」と「出社勤務」のそれぞれのメリットを生かして、日本の労働生産性の向上を図るこ

もっとみる
ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。
+29

ブランド価値を高めるSDGs時代のマーケティング|P&GパンテーンをV字回復させた、経営とマーケティングを結ぶ設計図

最近P&G APACヘアケアCMOを退職した、大倉佳晃です。本記事で、SDGs時代に企業・ブランド価値を高めるマーケティングの考え方について、私の13年のP&Gキャリアでの多くの成功と失敗から培った経験をベースに語りたいと思います。

本当は、キャリアの一区切りの備忘録として書籍を書き上げるつもりだったのですが、出版となると時間もかかってしまうため、あえて今の時代に合わせてnoteで一冊の本のよう

もっとみる

組織変革って何から取り掛かりますか?

各社が「DX(デジタルトランスフォーメーション)」への取り組みを加速させています。そして最近では、「DXには組織変革が欠かせない」というコンセンサスが形成されつつあります。

そうした中、企業さんからは、「組織変革って、何から取りかかればいいのか?」という質問をいただくことが多くなってきました。

今日はこの点について考えていきたいと思います!

組織変革が注目される背景まず背景として、DX文脈の

もっとみる