人気の記事一覧

自信をつける方法 それは、できないことができるようにになること だがそれも、できないことに挑戦する勇気がなければ始まらない どうすれば勇気を持てるのだろう? それは、できたことを繰り返し行ない成功体験を刻むこと できたから次に行くのも良いが、何度もできた感覚を感じることも大切だ

心に安心感を育む方法 それは、子供の頃に嫌なことに対して嫌だと言うこと 嫌なことと自分との間に境界線を引けると、自分を守る壁ができ心の安全が保たれる だから、反抗期は安心感を育む大事な時期 親の言う通りに育つ子は、心の安心感を育めない 言うことを聞かない子は、健全に育っている

「あまりに辛くて自己受容ができません」 「悲しみや辛い気持ちが深過ぎる場合、無理に受容しなくてもいい」 「心の傷は癒せないんでしょうか?」 「自分の感情と向き合うことができないときは、専門家に話す、日記を書く、または気分転換してみるのも良い」 心の傷を修復するには時間も必要だ

マーケティング理論のThe教科書of教科書、有斐閣アルマ『マーケティング戦略〈第6版〉』をテキストとした全14回の理論学習プログラムの提供を開始します(無料です!!)

生きていると、理解できないような理不尽なことが起こる とんでもない無茶振りをされることもある そんなときは、何てことだと怒りを覚えても、後から振り返ると、乗り越えたことでその経験が宝物になることもある この言葉を胸に、理不尽に積極的に向き合うことで、道は開け運命は切り拓かられる

「過去と他人は変えられない」 だが、それは他人に何も望むべきではないということではない 相手にしてもらいたいことは素直に言葉にしてもいい 大切なのは、何を変えてもらいたいと伝えるか 変化の依頼は行動だけにしよう 考え方や価値観、感情の変容を促すと、自己否定された気持ちにさせる

松下幸之助はパナソニック創業者 自身が成功した要因が「家が貧乏、学歴がない、体が弱い」と言った話は有名だ どんな状況をもプラスに転換する姿勢は、成功者にとって必要な資質を教えてくれる だが一方で、「経営の神様」は自分自身を心配症と評し、マイナスを想定する必要性も教えてくれている

「大丈夫、なんとかなるよ」 ポジティブな発言は、不安になりやすい人を勇気付ける だが、ポジティブ思考の人は準備を怠りやすい ポジティブな言葉だけで何もしなければ、後に痛い目に遭うだろう 計画を立てるときは悲観的に、実行するときは楽観的に どんなに準備しても、し過ぎることはない

「必ず結果を出す」 成功する人は結果を出すことに貪欲だ だが、その根底にあるものが承認欲求である場合、いくら成果を上げても欲求は満たされない 一方でその欲求の大きさが、成功のエネルギーにもなっている 承認欲求が満たされない人は、自己愛に傷がついている 自己受容を深めることが大切だ

エピクロスはギリシャの哲学者 困難な状況に陥ったとき、一人でそれを乗り越えないといけないと思うと孤独と絶望に襲われる どんなに苦しいときでも、支えてくれる人がいると思えれば、安心感に包まれる 日頃からどのような姿勢で人と付き合うか、その心がけが最高のパフォーマンスも生み出す

「自分を大切にする方法がわからない」 自分のことを大切にする感覚が持てない人がいる 自尊心を育むにはどうすれば良いのだろう? それには自分のルーツを知ること 親や祖父母の出自 先祖代々の家系図をつくり、自分に至る歴史を知る 自分が生まれるまでの軌跡を辿ると、自分自身を尊く感じる

「そのやり方では上手くいきません」 この言葉だけ聞くと勇気をくじく人に思えるが、これがコンサルタントの場合、失敗を教えてくれるのは誠実な人だ 上手くいくやり方を知っても、それが同じように当てはまるとは限らない 逆に失敗事例は再現性がある 上手くいかない方法を語れる専門家は本物だ

「それは間違っている」 自分の価値観に反することには、それではいけないと声を上げることがある 自分が自信を持つことにも、同様に声を上げることがある それは、それだけ真っ直ぐな心で相手を思っている証拠だ ただ、正しいことを言うときは、相手を傷つけやすいものだと気付いている方がいい

「先生の弟子にしてください」 「なぜ私に習いたいのか?」 「私のような凡人は、優秀な師に教わらなければ成功できません」 「そういう理由なら他を当たりなさい」 「先生に教われば、私は必ず成果を出します」 「そのような心構えの人間に教えるつもりはない」 依存的な姿勢では成果は出せない

「疲れ過ぎてしんどい」 身体が疲れ果てると、身体を休めただけでは、疲労が取れたように感じない 心が荒んでしまうと、心を癒そうとしても上手くできない 心と身体は一体だ そんなときは…

「自己愛を深めたい」 自分に厳しかったり、高みを目指して来た人は、自分を愛することが苦手だ 自己愛を深めるにはどうしたらいいだろう? 自己愛は、本来の自分を好きになること 自分のインナーチャイルドに向けると良い 幼少期の自分の気持ちを思い出し、それを無条件に愛してみよう

やる人はやるし、やらない人はやらない。成功するかしないか?現状維持か衰退か?言葉が届くか?心に刺さるか?それが大事。覚悟がないと続かない。すぐ折れる。やりきってないから、やりきれない。そんな人生でいいのか?自問自答を繰り返す。考え続け、行動を起こす。それが、幸せを掴むコツなのだ!

楽観主義と楽天主義 私なりに言葉を定義すると…

意思の力に頼らずに自分を変えるには●●を変える

「親しき仲にも、感謝の言葉は口にすべきだ」 「感謝は言葉にするよりも、実際の行動で示すべきだ」 二人は互いに感謝してるのに、感謝を表現するかたちが異なるのですれ違う コミュニケーションエラーが起きるのは、自分の主観を相手に求めるから 愛のカタチは人それぞれ お互いを尊重しよう