リーダーシップ往復書簡 087

今から5、6年前に、日本のスタートアップ界隈で「HARD THINGS」というアメリカの著名投資家ベン・ホロウィッツの本が流行りました。

「HARD THINGS」とは困難とでも訳せばいいでしょうか。やはり人格を磨いてくれるのは、いつの世もリーダーを待ち受ける困難や受難なのです。

私は幅広く年配の方とお付き合いをさせていただいておりますが、それでも戦争の記憶がある方はごく少数に限られます。

もっとみる
リーダーシップを広めたいです。よろしければシェアもお願いします。

自分への信頼は、どのように生み出せるか?

前回の記事では、自己信頼とは自分を無条件で信じることであり、それは「ありのままの自分を捉える」という自己一致の積み重ねによって培われるということをお話ししました。

今回は、自己信頼を生み出すメカニズムについて3+1意識モデルを活用して説明したいと思います。

3つの意識の全てにおいて「ありのままの自分」を捉える「ありのままの自分を捉える」上でポイントになるのが、意識の意識化です。ここでも、何回か

もっとみる
嬉しいです!
9

全体観と手段

おはようございます。
リーダー育成コーチしんたろうです。
今日もお越し頂きありがとうございます。
今日のテーマは全体観と手段について。

忙しかったりバタバタしていると
冷静さを失ったり、大事な事を忘れがちです。
特に全体観がないまま、永遠に手段の話ばかり
しているケースも非常に多いです。

なぜ手段の話が先に来るとダメかというと
方向性がもし誤っている場合は
それらを実現させるべき手段は意味をな

もっとみる
ありがとうございます😭
2

手段の目的化していませんか?

自分軸を持ち、しなやかに
美しく生きる女性を増やす

NLPコーチング×イメージコンサルで
貴女本来の才能・魅力・美しさを引き出す
お手伝いをします

女性の美とリーダーシップ応援コーチ
納田 小恵子(サエコ)です
ご訪問ありがとうございます

最近自分のタイムマネジメントを
見直しそれに関する投稿をしていて
何に関しても『目的』が大事だなと
つくづく思います

職場でも往々にして起こる
『手段の

もっとみる
ありがとうございます😊めちゃ嬉しいです!
2

採用基準 〜リーダーシップとは〜

すごく久しぶりに筆をとる。
最近だと仕事でアウトプットが多くなっているのでnoteでわざわざアウトプットをする必要がなくなっているのかもしれない。
あるいは忙しさにかまけて本を読んでいないからかもしれない。
仕事でのアウトプットは残らない(厳密にはメンバーには残る)ので記すためにもゆるーく再開しようと思う。

そんな中で久しぶりに読んだのがこの本。メンバーに勧められて買ったが、過去に読んだことがあ

もっとみる
読んでいただいてありがとうございます。

競争力を低下させる7つのムダ

会社の中に潜むムダってありませんか?例えば、資料を書いて仕事が終わった気になっていませんか?いままでやって来たからという理由で続けていることありませんか?
自分の経験からムダが潜みやすい7つのポイントと対処方法をお話しします。

1会議のムダ
この会議なんのためでしたっけ?情報共有のためだけに集まるの!?参加者が内職しているし。。。「誰が、いつまでに、何をする」が決まらない会議ありませんか?こんな

もっとみる

【気づきのスニペット】庵野秀明:まず、スタッフにやらせてみて、そのアウトプットをみて、自分が期待したものではなかった時々、相手を責めるでもアドバイスするでもなく自分に対しての事実を「これじゃないってことがわかった」と伝える、これは"困ったな、さてこれからどうしようか"につながる

”スキ”していただきありがとうございました!

リーダーシップ往復書簡 086

立教大学や神戸大学のようにリーダーシップ教育で有名な大学がリーダーシップを教える前提として説明しているように、私も、リーダーシップ・スキルは、後天的に誰でも身に着けることができ、再現性があるものと考えています。

私は日々、バリューアップを仕事にしておりますので、クライアント企業の人や組織にまつわるトラブルに際して、そのクライアントの経営幹部に対して、「今後このように事態が展開していきます」という

もっとみる
リーダーシップを広めたいです。よろしければシェアもお願いします。
1

アイアコッカ わが闘魂の経営 7      リーダーを生み、犠牲も残った

銀行との闘い                                    すさまじい攻撃の刃をくぐってようやく政府保証を獲得。でも銀行は黙って融資や金利減免、返済猶予に応じるわけではなく、1行づつ交渉しなければならない。それがまたもやダムのような障壁に。「その交渉の困難さに比べれば、議会の公聴会など春の日にパンクしたタイヤを取り換えるようなものだ」 タイヤ交換だって大変ですが・・・   

もっとみる
「スキ」を、ありがとうございました。今後もよろしくお願い致しマス。

男女におけるリーダーシップスタイルの違い

ちょっと具体的な話をしてみたいと思います。これはあくまでもどちらが良い悪いという話ではなく、ある研究結果に基づく傾向の話の共有です。

まず述べられているのが、

”women leaders frequently exhibit a cooperative, empowering style that includes nurturing team members. According to t

もっとみる