まささんはx線技師で病を持つ方だった。食事は著しい制限があり少しでも気を抜けば大変なことになる。しかし人を笑わせる事の出来る才があり集う機会あればジョークの連続だった。貴方はもういない。何だかご分の命の短さを分かったおられた様に思う。だから優しかったんだねきっと。安らかにと改めて

今日はふたり分呑むのだ。

あの頃の日々。

まだ彼女の誕生日には早いけど。 ちょっと話させてくださいな。 昔はお酒の年齢制限なんかも緩かった。 そもそも私は、幼稚園の頃から母親に居酒屋に連れられて行ってた人で、つぼ八のもずくで喉をつまらせて死にかけたことがある。 中学不登校時にも近所のおばちゃんとなぜかカラオケやら居酒屋やら…

【ラジオDJへの道】第34歩:エピソードトーク&曲紹介Vol.26「亡き友の話」「Pride of Li…

第26回、更新です! というわけで今回は「亡き友の話」ということでしんみり回ですね。というのもここ五年くらいで最もプライベートを共に過ごした一人である友人が、先日亡くなったんですよ。4月から入院していて、その事自体このラジオでも触れたことがあったんですが、頑張って頑張って、天国に旅…

おつかれさまでした

少し前にSNS上で存在を知り、ずっと応援してきた方がいる。何年も闘病されていた方なのだが、昨日訃報を知った。 毎朝、これぐらいしかできないけど、と思いながら、回復を祈っていた。 ご本人が発する情報から推測して、かなり厳しい状態だったけれど、何度も何度も這い上がってこられた。 瀕死の病…

今日の真っ黒なもやもやは明日にどう活きるか

今日の私はもやもやしている。 吐きそうだ。 なぜなら、娘と同じ年の子のお母さんが亡くなったと聞いたから。 彼女と私は会った時からウマが合わなくて、やがて子供のことで大いに揉め、それきり口もきかなければ、挨拶もしない仲となった。(そもそも挨拶したことはあったけど、されたことはない。) …

うちの子(わんこ)の話

同居している義理の両親のわんこが、 昨日亡くなりました。 大病もなく、大ケガもなく、熱中症にもかからず、やんちゃに生きた16年だったと思います。 初めて出会ったのは、結婚する前にご挨拶に行ったとき。 しきりに「遊ぼう!」ポーズ(前足落としておしり突き上げてしっぽふるアレ)をしてアピー…

和泉宏隆さん 悲しすぎますよ2

前回記事に引き続き、また涙が止まらん。 しつこくてすみません。 なんで死んだんだろうねぇ。 まだまだ続けてほしかった。

泣けない自分は悪なのか

昨日大切な人が亡くなった。 正確に言うと亡くなったらしい。 たいへんお世話になった方だ。 しかし全く涙が出ない。 いつもと何ら変わらない朝だ。 悲しくないのに無理に泣くことはできない。 無理矢理に泣くという行為はできようが、心から込み上げてくるものはない。 私はそんな冷たい人間だったの…