KODO

茶は吉田宗看に、書は相模泰生に師事。晴れの日は農福連携に、雨の日は読書普及に注力し、日…

KODO

茶は吉田宗看に、書は相模泰生に師事。晴れの日は農福連携に、雨の日は読書普及に注力し、日々「晴耕雨読」の熟語をなぞっている。【所属】農福連携特例子会社連絡会(会長)・NPO法人読書普及協会(理事長)・表千家(講師)・米国プロテニス協会(公認コーチ)【贔屓】ヘビメタと白味噌が好き。

メンバーシップに加入する

手書きの文通だけでやりとりし、互いの暮らしをまっとうする。そんなご縁があってもよいかと感じ、高堂院をひらきました。國内外の旅先からお送りすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

  • 月に一度の【文通】

    ¥1,000 / 月
    初月無料
  • 週に一度の【文通】

    ¥5,000 / 月
  • 月に一度の【本贈り】

    ¥10,000 / 月

マガジン

  • 路傍ノ戀

    古くさい考えで戀愛をテーマに随筆を草してまいります。モテ方等の近代的なものではなく、人としてのあるべき戀愛を書いていきます。不定期ではございますが、原稿用紙も画像としてアップしていきますので、未だ古典立脚した日本語で讀書したい古風な方に届けば幸いです。

  • わたしの本棚

    私が棚に並べるのは、古風な日本人からたまたま譲りうけた古書ばかりで、元の持ち主が亡くなった方も少なくない。要は私の本棚で一時期お預かりしているだけに過ぎない。そのような絶版ばかりの本の面影を少し草していくマガジンになる。

  • 日記

    日々の暮らしをつらつらと。

  • 高堂つぶやき集。

  • ほんのすすめ

    NPO法人読書普及協会理事長の読書垢。

最近の記事

  • 固定された記事

【グランプリ受賞記事】僕らはひたすら草を土に置く #未来のためにできること

 夏の農作業はほぼ除草という畑も少なくないが、僕らもひたすら草を刈った季節であった。そして、その大量に刈りとった草をこちらもただひたすら畑の土の上に置いていった。自然農界隈では、この作業を草マルチ敷きと呼んだりする。  マルチというのはマルチシートの略で、よく畑にビニール製のカバーがかけられているのを見たことがないだろうか。あれのことである。雑草や害虫の予防になる他、畑の保水効果も期待できるので、マルチを利用する農家は珍しくない。このマルチをビニールではなく、畑で刈った草を

    • 【日記】2024.4.13 ニワトコの芽

      今宵の食事は山菜の天ぷらであった。横浜市の青果ミコト屋でもとめたもので、山人参・蕗のとう・長芋・アマドコロ、そして、ニワトコの芽が並べられている。 苦味好きな私は喜びがひと塩であったものの、家人には苦過ぎたようで、ニワトコの芽しか欲しなかった。私はニワトコなるものを知らなかったので、家人に訊ねた。 「よく、ニワトコの芽なんて、知ってるね」 すると、家人はこう応えた。 「私の世代は、ハリーポッターで有名になったのよ。ニワトコの杖というのが、かなり強い魔法の杖でして」

      • 今年度も相変わらず晴耕雨読生活をしているが、私の場合、晴耕は主に農福連携で行い、雨読に関しては読書というよりも執筆が多い。もっぱら執筆のための読書になる。耕しては書き、書いては耕していると、会話が自ずと削られてくる。おそらく人は話すかなり前から、すでに大地と対話してきたのである。

        • 踵に刺激があるなと思ったら、いつの間にか餌がついていたのか、永遠と鶏に靴を突かれていた。あるいは、汚れをとってくれていたのか。否、やはり餌の方であろう。今年度最初の投稿は、このやうなところから始めていきたい。また晴耕雨読三昧になりそうな一年である。改めまして、いつもありがとう。

        • 固定された記事

        【グランプリ受賞記事】僕らはひたすら草を土に置く #未来のためにできること

        • 【日記】2024.4.13 ニワトコの芽

        • 今年度も相変わらず晴耕雨読生活をしているが、私の場合、晴耕は主に農福連携で行い、雨読に関しては読書というよりも執筆が多い。もっぱら執筆のための読書になる。耕しては書き、書いては耕していると、会話が自ずと削られてくる。おそらく人は話すかなり前から、すでに大地と対話してきたのである。

        • 踵に刺激があるなと思ったら、いつの間にか餌がついていたのか、永遠と鶏に靴を突かれていた。あるいは、汚れをとってくれていたのか。否、やはり餌の方であろう。今年度最初の投稿は、このやうなところから始めていきたい。また晴耕雨読三昧になりそうな一年である。改めまして、いつもありがとう。

        マガジン

        • 路傍ノ戀
          初月無料 ¥500 / 月
        • わたしの本棚
          ¥500 / 月
        • 日記
          12本
        • 157本
        • ほんのすすめ
          39本
        • 二日酔い巡り
          1本

        メンバーシップ

        • 稽古(十六)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十五)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十四)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十三)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十六)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十五)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十四)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 稽古(十三)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        記事

          【路傍ノ戀】失戀と春

           失戀を重ねるから、春がくる。  失った戀の微かな欠片が、花を咲かせるのであろう。  一所懸命に多くを失っていくことである。  ひと知れず、戀も時も金も失うとよい。  そして、ひと知れず、暮らしていくとよい。

          【路傍ノ戀】失戀と春

          蕎麦屋に入り、カツ丼を食べていると、四人組があとから入ってきて座った。最初の男は大盛を、次の男は特盛を頼んでおり、こちらは微笑ましく眺めていた。男は食べてナンボである。すると三番目の男は特々盛を頼み、最後の男は特々盛の上があればとオーダーをしたのだ。やはり男は食べてナンボである。

          蕎麦屋に入り、カツ丼を食べていると、四人組があとから入ってきて座った。最初の男は大盛を、次の男は特盛を頼んでおり、こちらは微笑ましく眺めていた。男は食べてナンボである。すると三番目の男は特々盛を頼み、最後の男は特々盛の上があればとオーダーをしたのだ。やはり男は食べてナンボである。

          『タフティー•ザ•プリーステス』ヴィジム•ぜランド | SBクリエイティブ

           この手の「引き寄せの法則」を私のような中年男性が讀んでいると、或る種の恥ずかしさを感じるので、この本は珍しく電子書籍で購入し、表紙を隱した。購買理由は、表紙の赤面した女性に惹かれたのもあるが、マトリックスからの脱却には「身体性」が必要であろうという視点が書かれてあったからだ。久方ぶりに世間の流行本を確認しておきたかった。ちなみに、本書ではそびらの「三つ編」が願望を実現できると表現されている。  三つ編の話をするまえに、「身体」を文字通り「身」と「体」に分けておく必要がある

          『タフティー•ザ•プリーステス』ヴィジム•ぜランド | SBクリエイティブ

          【二日酔い巡り】カ、カメラが猛烈に欲しくなってしまった記事。

           妻がつわりがひどく、私は二日酔いがひどい。生命反応がもどってきたのは、つい先ほどだ(今、20時)。しかし、せっかくの春分の日を無駄にするわけにはいかない。せめて皆さんのNOTEを読んでは睡る一日にしてみた。  私は編集者の方が書いた記事を読むのが好きなので、今日は編集界隈のNOTE散歩をすることにした。その中で、出会ってはいけない方の記事に出会ってしまった氣がする。それがコチラ。  私の仕事の傍らには、ほぼ写真あるいは映像がある。どちらかというと、その質よりも早さが求め

          【二日酔い巡り】カ、カメラが猛烈に欲しくなってしまった記事。

          不器用な夫にも伝わる家事の分け方

           私の辞書に家事というページはない。否、なかった。  ひとり暮らしのときは、料理するのが面倒だから、ひとつ80円の良質な卵を蛇のように丸飲みする生活を送っていた。キューイフルーツやドラゴンフルーツも皮ごと食べる。無論、皮がないほうが美味しいが、皮をむくのが面倒くさい。  ところが、最近は妻のつわりがひどく、人として家事をせざるを得ない状況に追い込まれている。しかし、台所に立っても何が何処にあるかわからないというより、何が必要で、何から始めてよいかもわからない。そんな頼りな

          不器用な夫にも伝わる家事の分け方

          垂直に歩くクライマーに憧れて

           映画で最も好きなものは?と訊ねられれば、『クライマー パタゴニアの彼方へ』と即答する。デビッド•ラマの登山を追ったものだが、彼らは垂直の斜面をあたかも水平に這うようにして、山頂に近付いていく。おそらく45度程度の傾斜であれば、手を使わずに歩いて登頂するのではないか笑。  ところで昔、私はラマに顔が似ていると云われ、非常に喜んだこともあったが、歩くとなると、同じホモサピエンスとは思えぬくらいの差がある。それはモデルやアスリートといったものとは次元が異なる歩行で、異様な軽さ

          垂直に歩くクライマーに憧れて

          河豚ひれ酒とみかんワイン

           農業関係の仕事をしていると、妙に酒にありつける。野菜ではないのか、とお叱りを受けそうであるが、私の場合は野菜よりも酒との縁が濃いようだ。バッカス様なのかどうかわからぬが、兎にも角にも酒の神様に感謝申しあげたい今日この頃である。南無阿弥々々々々、ありがとう。  今月、河豚ひれ酒にありつけたのは都内某所になる。その日の朝、夜は空いているかと上司から連絡があり、それに返信したところ、河豚三昧の夜が待っていたのである。急遽、体調不良で欠席される方の代打ということであった。そのよう

          河豚ひれ酒とみかんワイン

          幾年かまえ、自分が何をしていたかわかるのはSNSが発展してからだ。私の場合、八年まえの朝はプノンペンの渋滞に巻き込まれていた。和装姿にパナマ帽が出勤スタイルで、よき香りの花を路上の子どもたちから買っていた。想像を絶するやうな出来事とかけがえなき想い出で埋め尽くされた月日であった。

          幾年かまえ、自分が何をしていたかわかるのはSNSが発展してからだ。私の場合、八年まえの朝はプノンペンの渋滞に巻き込まれていた。和装姿にパナマ帽が出勤スタイルで、よき香りの花を路上の子どもたちから買っていた。想像を絶するやうな出来事とかけがえなき想い出で埋め尽くされた月日であった。

          『ジャッケンドフの思想』米山三明 | 開拓社

          1、駅へ走った。 2、駅へ走っていった。  あなたにとって、上の1と2はどちらが違和感がないだろうか。海外の方には説明しにくい微妙な言語感覺ではあるものの、大概は2の方がホッとする。それは、日本語の「走る」に「移動」の概念が含まれていないからと視たのが米山三明先生になる。  ちなみに私は博士後期課程まで約十年、指導教授をしていただいている。今も成長はないが、当時はより変わった院生であった。よく永いこと破門もせずに、色々とご指導くださったと思う。初めて米山先生の授業「言語學

          『ジャッケンドフの思想』米山三明 | 開拓社

          【路傍の戀】海辺にて

          路傍の戀には、山よりも海が似合う。 昔から不動の山は、一歩も動かずして、季節の移ろいを感じさせる景色として憧れられてきたが、路傍においては、やはり儚き海が佳い。 その絶え間なき波の音は何時からはじまり、何時おわるのだろうか。 無限に近き移ろいのなかで、ふたりがこうして出逢うべきは海辺である。 科学的には、月の引力が波を起こしているというが、そんなのは嘘に違いない。おそらく月なきときから、波は闇のなかを寄せてはかえしてきた。

          【路傍の戀】海辺にて

          過日、珍しくたしかなタコ焼きに出逢った。皆、チェーン店の味に堕して久しいが、この店は昔ながらのタコ焼きに未だ徹している。亭主はサーファーで、海の家をおもわせる天井にはボードが裸で置いてあった。5月になると天然の牡蠣が手に入るという。牡蠣とタコ焼きとくれば、やはり地ビールだろうか。

          過日、珍しくたしかなタコ焼きに出逢った。皆、チェーン店の味に堕して久しいが、この店は昔ながらのタコ焼きに未だ徹している。亭主はサーファーで、海の家をおもわせる天井にはボードが裸で置いてあった。5月になると天然の牡蠣が手に入るという。牡蠣とタコ焼きとくれば、やはり地ビールだろうか。

          [日記]2024.2.9 河津

           住民よりも櫻の数の方が多い街へ初詣にいった。ご存じの通り、この時期は河津川沿いの櫻が満開で、觀光客で賑わう。そのため、人ごみを避け、老夫婦が営む茶屋で櫻茶をご馳走になっていた。櫻茶といっても、櫻と湯が紙コップに入っているだけのことである。女将曰く、 「店のまえの櫻が最も開花が遅いから、花見シーズンの終盤に繁盛するんだよ」 ということであった。なるほど、山高月遅上ではないが、遅い道をあえて選ぶ視点は厭ではない。しかし、来年からは川崎にもどり、鮨屋をされるというから、もはや

          [日記]2024.2.9 河津