S’hiryu Hashimoto

豊かな人生を。過渡期の記録 /STARBUCKS Mgr / 唯の会社員/ゲノムの研究中/アートと音楽にテックと茶道、偶に珈琲が好きです/本を1日1冊/過渡期の思考とアートと執筆の記録。 アカデミア/塾生/研究所メンバー
    • 思考の抽出と感情のワーク
      思考の抽出と感情のワーク
      • 141本

      手を動かしながら考えるだけ考え抜く、そんな日常です。

    • 勝手にシン・ニホン アンバサダー
      勝手にシン・ニホン アンバサダー
      • 2本
    • 過渡期の記録小説
      過渡期の記録小説
      • 1本
    • 洋楽の和訳
      洋楽の和訳
      • 8本
    • Excellence by Ochiai
      Excellence by Ochiai
      • 0本
固定された記事

1.17を境に何を変えられたか。

阪神淡路大震災から24年。 当時はまだ小さい子どもだったけれど、確実に1.17が運命を分けた日ではある。 大きな工場経営者だった祖父が震災で病に倒れ他界し、震災で崩れ…

「感動する音楽会」にデジタルネイチャーの幕開けを感じながら、「文化と情熱とテクノロジーに感謝する音楽会」という閉幕の余韻…

「__する音楽会」をオンラインで視聴...というか視、体、聴という感じで体験。本当は生で観たかったけれど、この頃体調が悪く出歩けない事とオンラインの可能性に託しての…

受け手の経験や知識が作品をより輝かせる。「死に至る病」そして「夜と霧」を経て、十数回目の「ショーシャンクの空に」

決して楽な人生を歩んではいない時、体調や環境に左右されて絶望しそうな夜が誰にでもあると思う。そんな時はキェルケゴールの「死に至る病」に記されている言葉が救いにな…

”固定観念を守る”時代が終わった。新しい価値を創り、感じ続ける為に出来る事を考える。(ズームバック特別編。オードリータン…

台湾の国民は「投票=ワクワクする事=祝祭」と捉えているとオードリー氏が話されているのが印象的だった。クァドラティックボーティング(二乗投票)や民主主義が生きたテク…

無限のファミコンワールドを作りたい話(デジタルの中の祝祭性とコンヴィヴィアリティ)

コンヴィヴィアリティ(自立共生)と祝祭性に関して話し合う機会があったので、近頃は戦争中の芸術や哲学に次いで、この事ばかり考えている。そんな中で、一つの自分なりの答…

第一章:データ×AIが人類を再び解き放つ【勝手にシン・ニホンアンバサダー】

週一で独学勉強会をする事にしたシン・ニホン。 今日は表題の第一章の学習と気付きを。本書で書かれている事例やデータはなるべく省き、重要なメッセージとなる「核」の部…