【東京近郊みちしるべ】秩父神社
+49

【東京近郊みちしるべ】秩父神社

飯能から西武秩父線に乗ります。 秩父札所十三番慈眼寺 10分ほどで秩父神社に着きました。 秩父神社 狛犬も大きいですね。 手水舎の水は武蔵野台地の伏流水とか書いてありました。 本殿の彫刻は、日光東照宮で有名な左甚五郎の手によるものらしいです。 日光東照宮の『見ざる聞かざる言わざる』に対して、こちらは『見る聞く言う』彫刻ですが、修復中でした。 梟が願いをかなえてくれるとのことです。 『つなぎの龍』は、修復もおわり、鮮やかな色を見せています。 森を背にした回廊

スキ
4
【日本全国写真紀行】 14 岡山県倉敷市本町
+6

【日本全国写真紀行】 14 岡山県倉敷市本町

取材で訪れた、日本全国津々浦々の心にしみる風景を紹介します。ページの都合上、書籍では使用できなかった写真も掲載。 日本の原風景に出会う旅をお楽しみいただけます。 岡山県倉敷市本町 <重要伝統的建造物群保存地区> 倉敷市倉敷川畔  古くから運河として活用された倉敷川を中心に広がる伝統的な町並みが倉敷美観地区である。寛永十九(1642)年に幕府の直轄地となり、倉敷代官所が設置された。以降、備中国の年貢米や農産物が集散する商業港としての役割を担い、経済的に繁栄した。やがて富を蓄

スキ
5
スペイン紀行①(撮影写真追加)
+7

スペイン紀行①(撮影写真追加)

今回はスペインへ行った時の話。 映像関連のお仕事でめずらしく海外へ。 夏だったのもあり、カラッとした空気。 私は日本茶好きですが外国ではそうも言ってられないので。 ひたすら水を買って飲んでいました。 水にお金を払うのもなぁと、いつも炭酸水を買って飲んでいました。 Agua Con gas Pofavor アッグア コン ガス ポルファボール 意味:炭酸水ちょーだい! スペインの食べ物の名前を勉強してなかったので、ご飯ものはあまり頼めなかった。なので生ハムやサラミばか

スキ
8
【紀行】鰐淵寺(出雲市)
+13

【紀行】鰐淵寺(出雲市)

推古二年(594年)智春上人が推古天皇の眼疾を浮浪滝に祈って平癒されたので、その報賽として建立された勅願寺である。 霊鷲山の艮(うしとら・北東方)地が欠けて浪に浮かんで流されてきた土地で浮浪山と称す。上人密法を修し給う折、誤って碗の仏器を滝壺に落とされたとき、鰐魚が鰓にかけ浮かび上がったことにより寺号を生ず。 駐車場から仁王門を経て拝観料受付までゆっくりあるいて10分足らず。 仁王門までの途中。八百屋お七に恋われた吉三郎、出家の後に、お七の骨を携え。お七の起こした火事でお

スキ
26
【東京近郊みちしるべ】高麗(こま)神社
+63

【東京近郊みちしるべ】高麗(こま)神社

高麗神社 秋分の日ということで、パワースポットの高麗神社へ。 八高線に乗り、高麗川駅に着く。徒歩20分少々とのこと。 ローソンの角を曲がる。 暑い。30度を超えている。 歩いて神社に向かう人はいない模様。 神社に着く。 高麗神社は渡来人を祀っているそうです。 神社の裏手には高麗家住宅(国指定重要文化財)があります。 中秋の名月とのことで、薄とお団子が供えてありました。 道具類。 境内の山に登る。 急ですが、階段になっている道を数分登ります。 高麗山 聖

スキ
9
【紀行】常清滝(三次市)
+11

【紀行】常清滝(三次市)

常清滝は、広島県三次市作木町下作木にある滝。1990年4月に、広島県で唯一日本の滝百選にも選ばれている。江の川の支流、作木川のさらに支流にかかる滝である。 周りはうっそうとしたケヤキ、アベマキ、コナラを主とした落葉広葉樹で覆われ広島県の自然環境保全地域にも指定され緑と渓流の美しい環境が保たれている。 《 from Wikipedia 》 龍頭ヶ滝でもふれましたが、広島県下には「日本の滝百選」でのエントリーがこちら常清滝のみ。 駐車場からの距離もそこそこあることと、秋も春も

スキ
20
【紀行】亀居城跡(大竹市)
+11

【紀行】亀居城跡(大竹市)

試乗車に乗って大竹まで遠出。 本来なら、ここは春先桜の時期に夜桜見物旁々、工場夜景撮影の場所。 自宅から一時間圏内、高速道路も込みで考えると「亀居城あたりがいちばん望ましい」と思い。訪れてみると…なんと、夏草ぼーぼー。 この夏は沢山雨が降ったのでそれもありなのね。 慶長五年(1600年)関ヶ原の合戦に敗れた西軍の盟主毛利輝元は、領国八カ国の内、防長二ヶ国を与えられ、その本城広島を去り、東軍に味方した豊臣恩顧の武将福島正則が芸備二ヶ国を与えられて、そのあとに入りました。

スキ
20
ミュージアム紹介【高井鴻山記念館(長野県小布施町)】

ミュージアム紹介【高井鴻山記念館(長野県小布施町)】

こんにちは。 ミュージアムはお好きですか。 大きな博物館などは展示物がいっぱいで好奇心を刺激しますが、 今回は、長野県小布施市にある小さなミュージアム「高井鴻山記念館」をご紹介します。 最初に一つ、お願いがあります。読み進めていくにあたって、一緒に出掛けている気分で読んで頂きたいです。 って「高井鴻山?なんて読むの?誰?」と思いました?安心してください。私が得た情報でできるだけわかりやすくご紹介します。(笑) 名前の読み方は「たかい こうざん」です。高井家は、北信濃

スキ
2
【日本全国写真紀行】 13 岡山県苫田郡鏡野町奥津
+7

【日本全国写真紀行】 13 岡山県苫田郡鏡野町奥津

取材で訪れた、日本全国津々浦々の心にしみる風景を紹介します。ページの都合上、書籍では使用できなかった写真も掲載。 日本の原風景に出会う旅をお楽しみいただけます。 岡山県苫田郡鏡野町奥津 藩主が鍵をかけて入った「殿様の湯」、今は誰でも入れます 奥津温泉は、岡山県北部の鏡野町にある温泉で、湯郷温泉、湯原温泉と並ぶ美作三湯のひとつ。「奥津」の名の由来は、高瀬舟が訪れていたことから。「奥まった場所だが船が出入りする地」という意味でつけたれた名だという。 江戸時代には津山藩の湯治場

スキ
10
【紀行】大崎上島(豊田郡)
+12

【紀行】大崎上島(豊田郡)

小実昌先生の著作にふれる以前。 廃墟・廃村を主体に渉猟するサイトをいくつか覗く機会があり。大崎上島木江遊郭と称して取り上げられる写真のインプレには…「驚くべき保管状態」という共通した意見。 遊郭跡はあまり外聞の良い建物ではないだけに、都市計画・風紀浄化のやり玉に挙げられ。さっさと更地になって集合住宅とか町営住宅とかが建てられてしまうのが常。 しかしながら島嶼部というのは、そこまで手が回らないのか。かつての色町。民宿へと転業し…やがて廃業後もそのまま打ち捨てられるものが多

スキ
27