王陽明

王陽明、「泛海」で心情を語る。  【一茶庵 稽古追想】

稽古場に着くやいなや目にとまったお軸は、雄大さの中に男の激しい生きざまが文字で表現されているかのように見えた。
いつもの通り、この詩の文字数は?から始まり、読める字があるか?という問いに明確に答えられない。わかった文字から連想し、またわからない文字を想像していく連想ゲームのようである。

ひと通り読み終わり、中国の明大の時代に生きた王陽明の「泛海(ぼうかい/海に泛(う)かぶ)」という詩であることが

もっとみる
Please share this blog!
27

好きと嫌い

今日のおすすめの一冊は、関野吉記氏の『「好き」の設計図』(クロスメディアパブリッシング)です。

日本経営合理化協会会長の牟田學氏は、すべての事は、正しいか間違っているかという正誤表で決まるのではなく、好きか嫌いかで決まるといいます。「結婚相手を選ぶ時はもちろん、ネクタイ一本でも、食事を選ぶときでも、決定要素は『好き嫌い』である」と。

商品や会社はもちろんのこと、政治でも、経済でも、宗教でも、哲

もっとみる
うれしいです!
15

「Purpose」と朱子学・陽明学

企業経営について、最近「Purpose」という言葉が使われる。

その意味は・・・

Purposeとは、自分たちの組織がなぜ存在しているのかを表現することです。「この組織は何のために存在しているのか?」という問いへのシンプルな答えをPurposeで表します。

Purposeがあることによって、一貫性のある戦略を描くことができ、組織に一体感が生まれます。また、Purposeに共感した社員が高いモ

もっとみる
スキありがとうございました。
4

雑記:近江聖人の故郷

過去に紹介していなかった話。

数年前に滋賀県高島市安曇川を訪れたのであるが、ここは中世の石造物も多いが、江戸時代前期の陽明学者で「近江聖人」と称される中江藤樹の出身地でもあり。

JR安曇川駅前には中江藤樹の銅像が建っている。

安曇川駅からひたすら東に進み、三十分ほど歩いた所に道の駅「藤樹の里あどがわ」があり、その南隣に陽明園と近江聖人中江藤樹記念館がある。

陽明園は、陽明学の祖・王守仁(号

もっとみる

日々の叡智(2020/04/16)

「日々の叡智」

新型コロナウイルス感染症による社会的混乱・不安が収束するまでを目途に、原則的に毎平日、偉大な人物たちのことばをアップします。

このような時代(とき)だからこそ、皆さんが、毎日わずかな時間でも心を落ち着かせることができ、また、皆さんの心に響くことばと出会っていただくことができれば、幸いです。


「哲学ダイアグノーシス Philosophical Diagnosis」
チャンネル
もっとみる

ありがとうございます!これからもがんばります!
2

夫婦円満の秘訣(^^♪~陽明学を参考に~

こんにちは@178kazuhiroです。

初めてnoteを使ってみます。皆様の余暇に読んでいただけたら嬉しいです。

記念すべき初めての投稿テーマは「夫婦円満の秘訣」です!

我が家は自他共に認める夫婦円満家庭です。その秘訣を少しだけお伝えします。

勿論、妻が素晴らしいということもありますが、私が常に気にかけて行動していることがあります。

それは・・・
思想家の王陽明の唱えた「知行合一」です

もっとみる

法だけでなくヒトを知らねば

「10連休は良かったのか?」と言った総括みたいなニュースが少し前にありまして

みんなで一斉にとりましょうじゃない方がいい。有給等を個別に取れば

という意見の一方で

賛成派=個別に任せると、休みを取らない人がいて、気兼ねして結局休みを取らない人がほとんど。だから強制(祝日)にて正解

といった意見があり、私も概ね後者に同意です。もちろん、サービス業等の10連休が取れなかった人の休暇は別に考えな

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!!
1