桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き

桑原和弘 トレーナー コーチ ファシリテーター 社労士 陽明学・交流分析・労働法務 のんきに過ごす ゲラゲラ笑う モリモリ食べる 株)フリスコ 一社)ストロークフルライフ協会 一社)自在研究社 1969年1月広島生まれ https://kuwabarakazuhiro.com/

桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き

桑原和弘 トレーナー コーチ ファシリテーター 社労士 陽明学・交流分析・労働法務 のんきに過ごす ゲラゲラ笑う モリモリ食べる 株)フリスコ 一社)ストロークフルライフ協会 一社)自在研究社 1969年1月広島生まれ https://kuwabarakazuhiro.com/

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    組織がチームが強くなる 価値観ミーティング 教材

    弊社で好評いただいている研修コンテンツのひとつ「価値観ミーティング」。4〜6人のグループで物の見方や自身の考えについてワイワイガヤガヤ話し、聴き、学び合います。 月に1回60分の「価値観ミーティング研修」を自社で開くための教材です。ワークシートは12ヶ月分入っています。pdf形式のファイルです。自由に出力してお使いください。 内容 ・価値観ミーティングの進め方 ・価値観ミーティング月別ワークシート 12ヶ月分
    10,000円
    くわばらかずひろ屋
  • 商品の画像

    GOKIGENトートバッグ

    画像はデザインイメージです。生成りキャンバス地のトートバッグ。ゴキゲンに参りましょう。 レターパックライトでお送りします。 サイズ 本体/約345×355×100(mm)・持ち手/約25×560(mm) 容量 約8L 素材 コットン(320g/平方m)
    2,000円
    くわばらかずひろ屋
  • 商品の画像

    組織がチームが強くなる 価値観ミーティング 教材

    弊社で好評いただいている研修コンテンツのひとつ「価値観ミーティング」。4〜6人のグループで物の見方や自身の考えについてワイワイガヤガヤ話し、聴き、学び合います。 月に1回60分の「価値観ミーティング研修」を自社で開くための教材です。ワークシートは12ヶ月分入っています。pdf形式のファイルです。自由に出力してお使いください。 内容 ・価値観ミーティングの進め方 ・価値観ミーティング月別ワークシート 12ヶ月分
    10,000円
    くわばらかずひろ屋
  • 商品の画像

    GOKIGENトートバッグ

    画像はデザインイメージです。生成りキャンバス地のトートバッグ。ゴキゲンに参りましょう。 レターパックライトでお送りします。 サイズ 本体/約345×355×100(mm)・持ち手/約25×560(mm) 容量 約8L 素材 コットン(320g/平方m)
    2,000円
    くわばらかずひろ屋

最近の記事

オーマイのパスタソース

パスタというかスパゲティ。俺のイチオシはディチェコのフェデリーニ。少し細い麺。ひやむぎと細うどんの間くらいか。 フェデリーニより細いのがカッペリーニ。冷たくして食べるとうまいアレ。冷製パスタはお店でしか食べたことない。 フェデリーニよりちょっと太いのがスパゲッティーニ。さらに太いのがスパゲティ。合わせるソースによって太さを選ぶのがいいらしいが俺はなんでもかんでもフェデリーニ。 味つけの基本はオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子。パスタをゆでる湯にも塩をたっぷり入れる。

    • 聞かれてから話す、求められてから与える

      良寛先生の教え。中でも胸に打ち込んでいるのが「良寛戒語」にある「問わず語り」。これを俺はよくやらかす。聞き手は興味ないのに俺が話したいことを話してしまう。よせばいいのに悦に入る。 良寛戒語が紹介されてます。 話変わるが、俺は「人に教える」ことを仕事の中心にしている。例えば社長から頼まれて社員研修の先生をしたり。おかげさまで好評を得ている。 この10年くらい、俺に「人に教える上手な方法を伝授してくれ」とリクエストが届くようになって。研修カリキュラムの組み立て方や講師として

      • 映画「ミスタームーンライト」

        知人によるFacebookへの投稿でこの映画の存在を知った。思い立ったが吉日、即チケット購入。観に行ってきた。 俺が4歳とか5歳のころ、親戚のお姉ちゃんの部屋にJALのハッピを着てタラップから降りてくる4人組を写したでっかいポスターが貼ってあった。当時はそれが何であるかわからなかった。 森永のCMだと思う。テレビから「Mr.moonlight」が流れてたような気がする。ジョンのしゃがれ声。と思ってたら別人がカバーしていたものらしい。ガムのCMで「Please Please

        • すべての人に天寿を全うして欲しいと願ってはいるけれど

          俺の人生における最も小さな目標。「殺さない、殺されない」。意味は文字通り。今までもそうしてきたし、残りの人生もそうありたい。できれば「生かす」や「活かす」ように展開していきたい。 だけどたまに極悪人みたいな人間に出くわすことがある。その多くはニュース報道を通じて。直接会ったこともない人間にこのような感情を抱くこと自体どうなんだろうって思うこともあるが、なんというか、この世から消え去って欲しいという想いが湧き上がる。 昔の教育テレビでやってた道徳番組。オープニングテーマに「

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • THE BEATLES(ザ・ビートルズ)
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き
        • 映画
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き
        • おいしい日本
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き
        • ざっくり振り返る2022年
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き
        • 文具・文房具
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き
        • 万年筆
          桑原和弘/陽明学/リーダーシップ/幕末好き

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          生命力、回復力

          こないだ左手親指をケガしちゃった。朝、ひげ剃りに使ってるジレットの替刃を交換しようとして何がどうなったかサックリと。傷は小さく浅いものだったけど出血もあり、指先だけにいちいち不便で。痛みもちょっぴり。 絆創膏で止血した。手当てとしてはそれだけ。翌朝には出血も止まっており絆創膏不要に。4日目には傷口も完全にふさがって。新しい皮膚も完成しつつある。すごいなあ、俺の治癒力。 歳を重ねて、どうしても衰えにばかり気持ちが向かってしまって、これは自分でも情けないというか、まさか自分が

          球春到来

          2月1日。プロ野球キャンプイン。 我が愛するカープは監督が変わったこともあって、今季どんな野球を見せてくれるかとても楽しみ。 正直、明るいニュースがあんまりなくて、だからこそしっかり応援しなくちゃって。去年の秋は「2023年日南キャンプを観に行こう!」なんて思ってたのに、すっかり忘れちゃってて手配もせず。いけないね、そういうことでは。 せめてスポーツ紙のウェブサイトをチェックして選手の奮闘に触れていよう。開幕戦のスタメンを考えよう。秋に旨酒を酌み交わす夢を観よう。 が

          移動と疲労

          新幹線で座席に座ってるだけなのにね、どっと疲れを感じるときがある。東京から大阪までの日帰り出張とか地味にこたえる。 移動の疲れって移動時間じゃなく移動距離と比例してる気がする。新幹線で大阪行くのと沖縄まで飛ぶのとだと沖縄の方が疲れる。まあ所要時間もちょっと長いけども。所要時間で言うと普通電車乗り継いで沼津あたりまで行くのと同じくらい? 沼津行って疲れたなあってため息ついた記憶はない。 リニアモーターカーとかって東京大阪間が1時間くらいだっけ? 座ってる時間は短くなるけど疲

          目が覚めた、今日も生きられる

          目が覚める瞬間、頭は何を考えているだろうか。俺は現在時刻を確かめ、もう少し眠っていたいと考えてることが多いかな。 いつか目の覚めない朝がくる。その日がいつだかわからないが必ずやってくる。 この頃は、目が覚めたってことはもう1日生きてもいいよと許可をもらったような気持ちになることが多い。 せっかくもらったチャンスをどう活かそうか、どんな風に今日を楽しもうか。そんな風に考えられる日も増えてきた。 街を歩けば、今日も目が覚めた人ばかり。心の中で「おめでとう」と伝えながら、今

          薬ってすごいもんだ

          鼻水が出なくなったり体温が下がったり、あれは一体、何がどうなってそうなるんだろうと不思議でならない。研究してる人すごい。 こないだ鼻がグズグズいい始めて、あんまりにもひどいので鼻炎薬を買って飲んだ。そしたら口だの鼻だのあっちもこっちもカラッカラに乾いちゃって大変だった。あれじゃ別の病気になっちゃうよ。 別の病気にならないために鼻水がちょっぴり出ちゃう薬も飲めばいいのかな。そんなバカなって思うけど、実際は似たようなことしてるよね。 薬の影響で胃が傷つくから胃薬も一緒に飲む

          AIに作文してもらった

          AI、人工知能。いよいよ身近なものになってきた。 ChatGPTってのを試してみた。混み合っているからかログインに手間取ったが無事アカウントも作れて、最初のリクエストを入れてみた。 俺「おはようの挨拶、他の言い方を教えて下さい」 AI「おはようございます、おはよう、お早うございます、お早う、おはようございました、おはようです、おはようさんなどがあります。」 おおおお、なんか感動。さらに候補まで出してくれた。「もうすぐ朝だね」ってなかなかなキザ野郎だね。 せっかくなの

          向き合った関係になっていないか

          「会社を少しでも良い方向に前進させたくて、社長に従業員の気持ちと問題意識を伝えたくて、自分なりに準備して話し合いの場を持ったのだけど、なんだろう、思ってたのと違って、従業員からのリクエストに対する経営陣の回答をお知らせしますみたいな感じになっちゃって、これって失敗だったのかなあ。なんかいちいちうるさい奴だって思われちゃったかもな。」 俺は彼のチャレンジに敬意を込めて喝采を贈りたい。が、俺の喝采では事態は好転しない、残念ながら。 会社と従業員が対立する構図、つまり向き合った

          「10分陽明学」が700回続いた

          Clubhouseで毎朝6時から配信している「10分陽明学」が700回続いた。最近はTwitterスペースでも同時配信してる。こないだ「Clubhouseってまだあるんですか!」って驚かれたが世間にあってはすでに過去の遺物なのだろう。少し寂しい。 700回を超えても相変わらず。なかなか進歩しない自分がおかしくもある。陽明学というか儒学(儒教)は、人格の完成と平和社会の建設を目的とした学問であると理解している。崇高と言って良い。 崇高なものに触れながら、自分の実際はお天道様

          どうにも前向きになれないとのことで

          自分に自信が持てない。考え事をすると悪い方悪い方へイメージが広がってしまう。やらなくちゃならないとわかっているのに動き出せない。 俺にも覚えがある。というか今でもこういうことある。 このまま永遠に抜け出せないんじゃないかとか思っちゃうんだよね。日々悶々。スッキリしない。なんとか心持ちを明るくすることはできまいか。 俺は中村天風の本に励まされてきた。なので中村天風の本を勧めた。彼も読んでくれるといいな。 一日一言のメールマガジンもおすすめ。毎朝7時に届きます。

          物欲

          モノが好きである。なんやかんや余分なものも含めてモノに囲まれて暮らしている。断捨離とかミニマル生活とか縁遠い。 すべてを手に入れたわけではないのに、何か欲しいものはあるかとたずねられてもこれと言って欲しいモノがない。物欲が少なくなった感じか。 仕事やプライベートで使うリュックがだいぶくたびれてきて。手に入れた時期がほぼ同じなのでくたびれるのも同時。そろそろ買い替えたいなと。 MacBook Airもかれこれ5年ほどになるだろうか。そろそろ買い替え時期かな。 時々グレッ

          シャツのエリソデ問題

          白いシャツが好きだ。中でもいわゆるオックスフォード生地のボタンダウンシャツが好き。ノーアイロンでバサッと着る。裾は出したりインしたり。 白いシャツは汚れが目立つ。パンチョのナポリタンよく飛ばす。点々と。 気になって仕方ないのが襟や袖の汚れ。襟などは黄ばんだように変色してしまう。毎日風呂に入って身体を洗っているのだけど洗い方が足りないのだろうか。 いくら古着好きの俺とは言え、白いボタンダウンにヤレ感はいらない。味ではなく単に汚いだけ。 洗濯前に襟汚れ用の洗剤塗ってこすっ

          2023年のめんどくさいラジオ

          世界はめんどくさいでできている。 めんどくさいを分解すると大きく2つ。ひとつは手間がかかること。もうひとつは成果につながらないこと。 いろんなめんどくさいをなくすために人類は英知を集めて進化発展を遂げてきた。素晴らしいことだ。 素晴らしい一方で、世の中効率効率ってやかましくなり、めんどくさいは悪であるような雰囲気が強くなってはいないか。 人間のコミュニケーションでは簡略化が尊ばれ、映画やドラマは倍速で観られ、力の弱い人や技術に乏しい人は蔑まれ。本当にそれで良いんだろう