鴻鵠(おおとり)@私学受験の先生

私学受験(中学・高校・大学)に携わって30年以上 進学塾→家庭教師として受験指導をしています。 趣味は読書(古書集め含む)

鴻鵠(おおとり)@私学受験の先生

私学受験(中学・高校・大学)に携わって30年以上 進学塾→家庭教師として受験指導をしています。 趣味は読書(古書集め含む)

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    中学受験の意味と意義

     4月になると、どの小学校でも新学年が始まります。 この春6年生になった小学生は、今気分も新たになっていることでしょう。しかし今年の中学受験は、もう既に始まっているのです。  どこの塾でも、2月が新学年スタートの時です。 2月1日から、東京の御三家を始めとする中学受験が始まるからです。 その受験が一段落した2月10日頃から、新6年生としての授業が始まっているのです。 算数では「整数論」「規則性」「場合の数」といった分野から、カリキュラムを始める塾が多いでしょう。 4月には

    スキ
    104
      • 平常心是れ道 【『無門関』十九則】

        人間にとって「平常心」ほど難しいものはありません。 入学試験や就職試験は言うに及ばず、ありとあらゆる大会やコンテスト、試合や発表会など、人生の行く末を左右するような勝負時は、誰もが遭遇するものです。 平常心であればうまくいくはずのことも、力みすぎて普段しないようなミスをしてしまったり、逆に力を抜きすぎて、漫然とやりすごしてしまったりして、普段通りの能力が発揮できないことは皆が通る道なのかもしれません。 春は春らしく、夏は夏らしく、秋は秋らしく、冬は冬らしくする。 これができれ

        スキ
        24
        • 何のために「英語」を学ぶのか 【伊藤和夫著『英文解釈教室』・原仙作著『英文標準問題精講』】

          今は受験指導の講師として、小学生~高校生に対して、さまざまな科目を教える立場ですが、そんな私にも、受験生の頃がありました。 大学受験の時、予備校で伊藤和夫先生の授業を受ける機会に恵まれました。 定員1000人余りの大きな教室で授業が行われていたのですが、非常に人気が高かったので、もう座る場所がないほど、ぎゅうぎゅう詰めの状態でした。 窓の外から立ち見で聴講するモグリの人が出るほどの大盛況ぶりが、今でも懐かしく思い出されます。 伊藤先生の授業は、実に静かに淡々と進められました

          スキ
          22
          • 「読書離れ」が進む理由とは

            時節柄、最近はオンラインで指導することが増えてきました。 先日も、関東にある自宅から関西在住の生徒に、算数を教える機会がありました。 そこでは「立体図形」を中心に指導しています。 中学受験のために勉強している生徒は、算数の問題の中で、図形を苦手とする場合が多いです。 大半の子供が、問題をよく確かめることもなく、自分のやりたいように、出てくる数字をこねくり回し、闇雲に計算することでごまかそうとしています。 彼らは、「計算=算数」と思っているので、「図形」のように、しっかりと筋道

            スキ
            50

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 銀椀裏に雪を盛る 【『碧巌録』第十三則】

              「白銀のお椀に雪を盛る」という情景を表しているためか、夏の氷水を連想させ涼しさを感じさせることから、この言葉は夏の茶会で、掛け軸としてかけられることが多いそうです。 巴陵禅師の言葉は、詩的で美しいものとして知られています。 提婆宗とは理論仏教の一派です。宗祖の提婆尊者は学者としてだけではなく、雄弁家でもありました。 冒頭に紹介した「僧」は、巴陵禅師の力量を試そうとしたのでしょう。 もし、巴陵禅師が理論仏教の細かい分析的見識を縷々披瀝したならば、ここぞとばかりに、「禅は言葉では

              スキ
              24
              • 英語にある「最大の弱点」とは 【オーウェルが危惧していた英語の未来】

                使いやすいが故に、悪く使われることが多いと言うのです。 英語は、名詞が「男性名詞」「女性名詞」「中性名詞」に分かれているわけではないので、それに伴う冠詞や代名詞、形容詞の格変化をする必要がありません。 ドイツ語やフランス語では当然のように要求される文法が、英語には無いため、イギリス人は、幼い時に外国語を学ぶ訓練を受けていない限り、「性」「人称」「格変化」が何のことか全く理解できないそうです。 英語の文法が簡単である例として、オーウェルは、「英語の規則動詞は、三種類の語尾(

                スキ
                40
                • サン=ピエール島の日々 【ルソーが到達した境地】

                  ルソーは、代表作である『社会契約論』や『エミール』を発表した頃から、危険思想を標榜する者として、官憲に追われるようになってしまいました。 『社会契約論』では、自由と平等を重んじ、特権政治を否定する立場を表明していました。 それ以上に問題視されたのは、『エミール』第4巻にある「サヴォア人司祭の信仰告白」にある理神論的で自然宗教的な内容でした。 ルソーがいた時代のフランスでは、カトリック教会を否定する思想は危険思想と看做されていました。 結果、「サヴォア人司祭の信仰告白」はパリ大

                  スキ
                  45
                  • 「志」を立てることの大切さ 【王陽明『伝習録』】

                    書経にあるこの言葉をみてもわかるように、人の心というものは、兎角放っておくと悪い方向に流れてゆくものです。 そのような人心を正すためには、それを律する「もう一人の自分」が必要となります。 そのもう一人の自分が、則ち「志」です。 王陽明の語録である『伝習録』には、「弟に示す立志の説」という一文があります。 そこでは、「志を立てることがいかに大切なことであるか」が述べられています。 王陽明は、真実の学問をするための「志」は、「聖人になる」という志であると言っています。 学問の

                    スキ
                    31
                    • 「本物の読書」とは 【H・D・ソローの『読書論』】

                      H・D・ソローが言う「本物の書物を本物の精神で読むこと」と真逆な位置にあるものが、学校などでよく見かける「読んだ本の冊数を競う」読書指導でしょう。 以前、自分の教えていた生徒の中に、図書館で借りて読んだ本の冊数が一番だったことを自慢している子供がいました。 彼は、自分を大きく見せようと虚栄心を満足させるために読書を続けていました。 そのため、本から何かを学ぶというより、冊数を増やすことだけに注力していたことから、知識や教養が増えないばかりか、人間性が育まれることもありませんで

                      スキ
                      75
                      • 『文明論之概略』を読む 【福沢諭吉の文明論】

                        政治学者の丸山眞男さんの著作に『「文明論之概略」を読む』があります。 これは、岩波文庫版の『文明論之概略』をテキストとして、二十数回にわたって開かれた読書会での講義を基にしてまとめられたものです。 明治八年、福澤が41才の時に著された『文明論之概略』は、人文科学・社会科学・自然科学という全ての分野に通用する基本書です。 慶應大学を受験しようと思っているのであれば、学部の如何を問わず、全ての受験生が読んでおくべき必読の教養書と言えるでしょう。 卷之一第三章「文明の本旨を論ず」

                        スキ
                        28
                        • 大隈重信の「短所五ヶ条」 【諫言の友・五代友厚】

                          薩摩藩士として幕末の動乱期をくぐり抜け、明治時代に入ってからは、破綻しかけていた大阪の経済復興に尽力していた五代友厚。 「東の渋沢、西の五代」と並び称されていることからもわかるように、明治時代における殖産興業を担った真の立役者でした。 渋沢栄一については、高校生向けの「歴史」教育でも、その輝かしい功績が紹介されるため、高名な実業家という認識をもつことができますが、五代友厚については、最近になって、やっとドラマや映画でその人となりが描かれるようになったばかりで、それほど重要人物

                          スキ
                          24
                          • 『自然法』と『儒教』 【J・ロック『統治二論』】

                            英米法では、伝統的に市民社会(=政治的共同体)を前提とする「市民法(civil law)」を重視します。 あくまでも形式的なものでしたが、ローマ帝国においても、ローマ市民による民会の決議がないと、ローマ皇帝になることはできませんでした。 「市民の権利と義務は、市民の意思と自主性によって決する」というのが、西洋社会において、2000年にわたって守られてきた伝統です。 ここに「立法権の最高権力性の原点」があります。 議会制民主主義原理に基づく立法権の最高権力性は、市民社会における

                            スキ
                            28
                            • 『図形』が出来ないと国立大学には通用しない 【中学入試最前線】

                              算数を教えていると「図形のできない子供」には、二種類のパターンがあることがわかります。 一つ目は、元々、図形に限らず、数的思考の全てに問題がある場合です。 このタイプは、範囲を広げずに、ひたすら「割合」や「速さ」の基礎計算と簡単な「平面図形」だけを学習するようにします。 これは、中学1年で学習する「方程式」や「πの計算」にスムースに入れるようにしてあげるための準備となるからです。 この場合には、円周率の計算を常に分配法則でまとめあげる練習をします。 このタイプの生徒は、数の

                              スキ
                              16
                              • 将の器は得難し 【『十八史略』韓信】

                                この言葉にもあるように、「将の器」というものは、なかなか巡り会えないものです。 漢を興した皇帝・劉邦の元に来た「韓信」は、そんな数少ない「将の器」の一人でした。 韓信といえば、『十八史略』に出てくる「韓信の股くぐり」の逸話が有名です。 韓信は、淮陰(江蘇省)の貧しい家で生まれました。あまりの貧しさのため、母親の葬儀も出せなかったと言われています。 ある日、城下で釣りをしていた時、近くで古い綿を水にさらしていた一人の老婆に出会います。 その頃、韓信は、何日も食べられない日々を

                                スキ
                                26
                                • オリジナリティ(独創性)とは 【J・S・ミル著『自由論』】

                                  独創的な人というのは、天才的な人と言えるかもしれません。 或いは、才能豊かな人と言ってもよいでしょう。 逆に、独創的でない人は、平均的な人と言えます。 社会において、独創的な人は少数派です。 大半の人は、平均的な人です。 そのため、ここに「多数派の専制」(the tyranny of the majority)が生まれる理由があるのです。 独創的な人の効用性は、平均的な人には理解できません。 それが故に、「それが何の役に立つのか」と攻撃を受けることなります。 まだ実際に形にな

                                  スキ
                                  46
                                  • 人間の幸福とは何か 「閑暇と観照的生活について」【アリストテレス】

                                    アリストテレスは、何の目的もない「観照的活動」は、日常のことに忙殺される生活にあるのではなく、閑暇の中にあると考えていました。 それ故、「幸福は閑暇の中にある」としたのです。 観照的活動とは、「内省的」「瞑想的」な活動のことを言っているのかもしれません。 そこには、人間世界を離れた「神なるものが存在する世界」と言うこともできるでしょう。 観照的活動をするためには、日常において家事や仕事などに忙殺されているようでは実現できません。 そこに、何らかの閑暇がなくてはならないのです

                                    スキ
                                    53