読書録~Purdue製薬オーナーのSackler一族の物語 Empire of Pain: The Secret History of the Sackler Dynasty by  Patrick Radden Keefe

読書録~Purdue製薬オーナーのSackler一族の物語 Empire of Pain: The Secret History of the Sackler Dynasty by Patrick Radden Keefe

本書は、これまで強い依存性への懸念から終末期医療等、限られた場面でしか使用されていなかったOpioidの市場を開拓した先駆者であるPurdue製薬のオーナー一族Sacker家の3代にわたる物語です。 物凄い読み応えでした。 私がアメリカのOpioid危機についてよく耳にするようになったのは、2018年頃、アメリカ各自治体のPurdue製薬はじめとする製薬会社に対する訴訟が活発に報道されるようになってからでしたが、まさかこの問題が、90年代後半から続くものだったとは。 そ

Coffee talk9. 日本独特の結婚式のスタイリングに違和感 無駄なルールはもういらない 素敵にスタイリングをする方法
+3

Coffee talk9. 日本独特の結婚式のスタイリングに違和感 無駄なルールはもういらない 素敵にスタイリングをする方法

𝐻𝑒𝑙𝑙𝑜 𝑒𝑣𝑒𝑟𝑦𝑜𝑛𝑒 𝑇ℎ𝑎𝑛𝑘 𝑦𝑜𝑢 𝑓𝑜𝑟 𝑣𝑖𝑠𝑖𝑡𝑖𝑛𝑔 𝑚𝑦 𝑏𝑙𝑜𝑔! こんにちは、𝑀𝑜𝑑𝑒𝑙𝑠𝑓𝑎𝑣𝑜𝑟𝑖𝑡𝑒です。 今回のカバーは大好きなHigh Societyの原作、フィラデルフィア物語です。 キャサリンヘプバーン、ケーリーグラントにジェームススチュワート!とっても豪華なキャストで面白い映画ですよ。 さて、結婚式のお呼ばれスタイリング.. 結婚式に限らず日本は過剰というか、ルールも多くて準備が大変ですよね。そんな時、簡単に美しくスタイリン

眠れない夜に聴きたくなる、ミシェル・オバマ For a Sleepless Night; My Best Audible Experience Ever

眠れない夜に聴きたくなる、ミシェル・オバマ For a Sleepless Night; My Best Audible Experience Ever

オーディオブック、みなさんは聴きますか? 私は家事をしながらAudibleをよく聴くのですが、中でも1番良かったのがミシェル・オバマの”Becoming”でした。もしこれから読む方がいたら、オーディオ版を強くお勧めしたいくらい。 ゆっくりした語り口で語彙レベルもそこまで高くないので、初めてのオーディオブックにもお勧めです。 Michelle Obama’s “Becoming” became such a phenomenal bestseller so that I wa

スキ
2
【英語の本のおすすめ】
+1

【英語の本のおすすめ】

The Subtle Art of Not Giving a F*ck本のタイトルです笑  友人が読んでいてタイトルに惹かれて読み始めたところ、始めの数ページでハマってしまいました。 Give a f*ck=気にする、という意味。 タイトルの意味は「くだらないことを気にしないことの巧みな技」みたいな感じです。英語のニュアンスのまま言うと、「クソみたいなことは気にするな」ってことです。何を気にするべきかに目を向けて、自分にとって大切なことを優先して生きようというのがメインメッ

スキ
4
1. Honest speech Erin Schick

1. Honest speech Erin Schick

※ 今回本書を紹介するにあたって、J&R Pressの方から許可をいただいております。 この章は短い詩が出てくる2pほどのとても短い章です。 エリン・シックは、ニューヨークに住んでいるソーシャルワーカーであり、クィア(男性の同性愛)解放と障害の正義(Disability Justice)に取り組んでいるそうです。 最初にメンフクロウの話が出てきますが、メンフクロウはシューという音(ヒスノイズ)を立てたり、金切り声、鳴き声、顔の動作などの複雑なシステムを使うことで仲間とコ

Stammering Pride and Prejudice Difference not Defect(吃ることへの誇りと先入観 欠点ではなく違い)を読んでみた
+1

Stammering Pride and Prejudice Difference not Defect(吃ることへの誇りと先入観 欠点ではなく違い)を読んでみた

本記事は、Stammering Pride and Prejudice Difference not Defect(吃ることへの誇りと先入観 欠点ではなく違い)という吃音当事者のアンソロジーを読み、その感想を書き連ねていくものだ。 ※1 本書は英語のため、分かりやすくなるように日本語訳を入れいてる。今回は翻訳にDeepLを使用した。そのため直訳調になり、不自然な訳もあると思われるが、その点についてはご理解いただきたい。 ※2 今回本書を紹介するにあたって、J&R Pres

スキ
2
自信のなさから解放してくれた本のこと The Only Way to Deal with Imposter Syndrome

自信のなさから解放してくれた本のこと The Only Way to Deal with Imposter Syndrome

何かを始めるときや転職するときなど、自信がなくて悩むのは皆さんよくあることかもしれません。私の場合、かねがねそれが問題になることが多くて、過去には昇進のオファーを断ったこともあるくらいです。 産後に忙しくしすぎてメンタルのバランスを崩したことが輪をかけて、気づけばかなり自己肯定感の低い人になっていました。 Imposter Syndrome is real, at least, in my case. I’ve even turned down a promotion of

スキ
3
Coffee talk8. 多くの日本人が議論ができない本当の理由 Don't take it personally!
+1

Coffee talk8. 多くの日本人が議論ができない本当の理由 Don't take it personally!

𝐻𝑒𝑙𝑙𝑜 𝑒𝑣𝑒𝑟𝑦𝑜𝑛𝑒 𝑇ℎ𝑎𝑛𝑘 𝑦𝑜𝑢 𝑓𝑜𝑟 𝑣𝑖𝑠𝑖𝑡𝑖𝑛𝑔 𝑚𝑦 𝑏𝑙𝑜𝑔! こんにちは、𝑀𝑜𝑑𝑒𝑙𝑠𝑓𝑎𝑣𝑜𝑟𝑖𝑡𝑒です。 皆様スティーブンコヴィーの7つの習慣読みましたか?以前本屋さんでマンガでというのを読んだ時、cringeしてしまいました。笑 内容なのですが、目的もなく流れで就活している人が多いこと。日本はもっと変えるべき教育がたくさんありますよね。随時記事にしてアップするので楽しみにしててくださいね。 さて、日本人は議論が苦手と言われてますよね

スキ
2
この洋書のなかで、三島由紀夫について言及してる部分があるよって、三島由紀夫に興味ある人にどうやって知らせたらいいの?

この洋書のなかで、三島由紀夫について言及してる部分があるよって、三島由紀夫に興味ある人にどうやって知らせたらいいの?

A Partial Enlightenment: What Modern Literature and Buddhism Can Teach Us About Living Well Without Perfection 「完全ではない悟り:解脱しなくても、現代文学と仏教がよりよく生きるために教えてくれること」 by Avram Alpert April 2021 (Columbia University Press) 三島由紀夫の研究者は、どうやって三島について言及してい

スキ
3
The Tell-Tale Brain

The Tell-Tale Brain

 ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドランという人の2011年の作品。邦題は「脳のなかの天使」。これはKindleではなくiBooksで読みました。図版のあるものはKindleではつらいし、自然科学物はiBooksの方が若干安いような感じです。面白いです。  ファントム・リム、ブラインド・サイト、ミラー・ニューロン、シナスタジアetc、内容の濃い一冊。一回読んだだけでは消化できませんでした。この先も年に一度くらいは読み返したいものです。  なかでもミラー・ニューロン。とある研究