「没頭する」ことができない。

めちゃくちゃひさしぶりに、まんが一気読みしててほぼ何もせずに1日すごしてしまった。
すごい充実感...!

と言っても、朝は打ち合わせして、夜は勉強会で、まったく何もしなかったってわけではないのだけど。
だけど、やろうと思っていたほかのこと、自分一人でやる作業は全然しなかくて。

読み始めるまではちょっと罪悪感があってなかなか読み始められなかった。
というか、最初は、1~3冊くらいの試し読みまんが

もっとみる

没頭 素晴らしきこの世界

「没頭」僕の大好きな言葉だ。

辞書で引いてみると

「他の事をかえりみず、一つの事だけに熱中すること」とある。

気づけば僕は、幼少期から没頭癖があった。

小学校までは、一人で工作をしたり、絵を描くのが好きな子供だった。周りの呼ぶ声も聞こえなくなるほど世界に入り込み、没入するのが好きだった。

そのおかげで親からは、「オタクみたいなことしてないで、外に出て遊んできなさい!」とよく怒られた。

もっとみる

仕事終わった後も勉強できない

どうも、なるほどスゲェです。
今日も毎日note。

今日は仕事外で勉強するか、否かという話。

僕はもちろんしません。(クズゥ)

するとしても、さらっと本を読んだりネットサーフィン程度です。
本腰入れて「やるぞ!」という状態には休みの日にはなりません。

だから結果が出せないのかな…。

その道で生きていく。と決めたなら、少しでも早く成長できるように、活躍できるように努力するもんですよね。

もっとみる
嬉しすぎて・・・
11

#71 暇

どんな時に出る言葉?

生活をしていれば、1日のうちに何回か「ひま〜」とか「暇だ〜」って言葉が出てくることもあると思います。ある程度、やりたいことが終わってしまって、他にやるべきことが見つからない。移動中、移動先で「これをしよう」と準備していたものが飽きてしまった時に出る言葉なのかなーと思います。

ただ、私は、今年に入ってからその発言をしていないと断言できるくらい「暇な時間」などなかったと言えま

もっとみる
私もスキです😍
38

おいおい
何言ってんだよ

勉強になった
為になった

ちょっと待て

仕事は
勉強でも
趣味でも
ねーから

ふざけんな

そんな物思いに
ふける前に
やろうぜ

やるコト集中して
やろうぜ
やり遂げようぜ

金もらってんだ
ボランティアじゃねー

今は
客のコト考えてくれよ

感動🌈アナタと1つになれた気がして✨
9

寝食。

寝食を

忘れて

 

何か

したい

 

そう

思うほどには

 

老いている

 

寝食を

忘れるほど

熱中など

 

そう

思うほどには

 

順応してしまっている

 

幾重もの

フィルタを通り

 

繰り返された

ノーマライズ

 



 

繰り返してきた

最適化

 

その結果としての

ノーマライズ

 

気づけば

熱中し

 

寝食を

もっとみる
だ、蛇足も良いものですよ(え?自薦?)。あ、お気になさらず(笑)。
13

モーニングノートを書いたら……。 note連続更新3日目(2020/08/08)

さて、3日目です。

しばらくは「とりあえずやってみた」形式ですすめていこうと思います。

モーニングノートを書き始めた

・モーニングノートとは、その名の通りモーニングにノートを書くというもの。

やり方

・朝起きてすぐすること。(なにも考えずにフラットな状態でないと本音がでてこない)

・少しだけ早起きをする(朝は変なこと考えずに没頭できる)

・内容については特に吟味せず、思いついたことを

もっとみる
愛しています
3

新たな試みと充実と

新しい試みをしている。
それは平日に1日休みをもらい、テーマを決めて思いっきり没頭してみるということ。

先日平日に有給を取得して、夜まで自由に時間を過ごした。

これをやろうと思っていたのは今年に入って仕事の面で行き詰まりを感じる場面が増え、
「仕事の時間を少しずつ減らして、学んだり楽しんだりを没頭できる時間を増やしたい、このまま流れるようにいくと潰れる」と思ったから。

目に見えて気力の落ち幅

もっとみる

本屋でまとめ買いした。あ~嬉しい、楽しい。本大好き!ダンナのテレワークも5ヶ月で、だんだん私のストレスがたまってきてるから、趣味に没頭したい。ストレス解消は無理だけど、一時でも忘れたい。

また来てくださいね!
5

限界

こんにちは。高良です。

「限界だ。もうこれ以上はできない。おれは頑張った。」

この状態に陥ることは非常に危険だと考えています。特に、まだなにも成し遂げていないのに自分でこうして満足することほど自分の成長を阻害するものはありません。

自分が頑張ったと思っていても、視座を高くもって上の層の人たちの視点に立ってみれば、それが努力でもなんでもなかったというのは珍しくないといえます。

限界を決めては

もっとみる