『「永遠の夏休み」~あの世でみつけたオレの生きる道~』

いわゆるあの世に来て、オレは驚いた。あの世には天国も地獄もなく、「学校」があったから。あの世にまで学校があるとは思いもしなかった。どうやら死んでしまったら、もう死ぬことはないから長い長い人生が始まるということで、生涯学習の学校「ライフロングスクール」に入学することが定められていた。

 しかし学校なんてもうごめんだという人も中にはいるらしい。そんな人は一週間短期型「あの世での過ごし方 基礎入門編」

もっとみる
ありがとうございます!
1

2台あるクーラーのうち一台が壊れたので、いま母親が死んだ部屋を寝室にしているのだが、おばけが出るんじゃないかと想像してしまって怖い。科学を勉強した私がそんな非科学的なことを考えるのは、きっと人間は死ぬとどうなるかということに関係している。今日は訪問看護の人と死後の世界の話をした。

【過去紹介】なぜ自殺をしてはいけないのか ~パラレル死後体験詳細と 20年続いた“償い”~

== 自殺を決行した その瞬間 ===

自殺を決行した その瞬間
心に 明鏡止水の静寂が訪れて
    それまでで一番の 穏やかな気持ちになったよ
そしてなぜか どうしてか生き延びて
 その次の瞬間から
   それまでに経験が無いくらいの
      痛みと苦しみに  襲われたよ
 細胞の全てが内側から木っ端微塵になるかのような  痛みと苦しみの中で
    意識が異次元にズレこんでしまったかの

もっとみる
ありがとうございます^^

サンドウィッチと僕。 〜Lotus flower〜

広い草原に、青い空。

麦わら帽子、風に膨らむワンピース。

そして、僕。

……お母さんと僕、2人。

大きな木の下。

グリーン。グリーン。

キャラメル色のかご。

母の手作りサンドウィッチ。

ふわふわの白い雲と、

ふわふわの白いパン。

トマト、ハム、たまご、チーズ、レタス。

シーチキン、アボガド、チーズ、レタス。

いちご、生クリーム。

搾りたて、オレンジジュース。

赤いストロ

もっとみる

and I became an angel。

memento・moriとの関連で、気になっているもの。

〈お迎え現象〉
人が死亡する前に実際はいないはずの人を見る現象。
死に行く人が見る最も多いお迎えはすでに亡くなった両親や友人であるが、飼っていたペットや故郷などを見るケースも報告された。

本当かな?どうなんだろう…。

前回の絵本…
「そして僕は天使になった」の続編。

そして僕も天使になった 
         文・画 池谷剛一 /

もっとみる
あなたイヌでしょ!って?😆
67

リメンバーミー

治療をするかどうか迷っていたとき、

ふと死について、考える事がありました。

もし、自分が死ぬとしたら、どんなでありたいか。

死に場所は、あまりこだわらないな。

その時に、与えられた場所でいい。

そのときに居合わせるであろう大切な人たちが息をひきとる時にそばいてくれたら。

息を引き取っても、語りかけ続けていてほしいな。

呼吸が止まっても、心臓が止まっても、耳はしばらく聞こえてるから。

もっとみる
今日も素敵な一日を
8

【死とは】死とは何か?死ぬとどうなる 死とは変化の流れの一つの瞬間に過ぎない 魂は肉体を乗せる器

チャネラーのKENICHIがアセンデッドマスターのアガシャをチャネリングしています。この動画ではマスターからのエネルギーがあなたに働きかけます。周りから邪魔されない場所で時間に余裕をもっての視聴をお勧めいたします。

マスターアガシャのグループチャネリングセミナーを開催します→
https://wholeheart.jp/index.php?go=ZfcwkS

7月25日(土)

随分書いてなかった。って言っても2、3日。3日前か2日前に貧血で倒れた。なんか、たまーにあるんだけど、朝起きてベッドから起き上がってからの意識がなくて、しばらくしたらお姉ちゃんが「大丈夫!?大丈夫!?」って言ってる声が聞こえてきて、気がついたら視界の位置がいつもと違って床に寝てた。ガチ怖。一人暮らしとかしたらやばいなって思ったけど、まあ、きっと大丈夫だろう()。本当に意識なくて、倒れる時に腕とか足

もっとみる
私を見つけたあなたは大吉です
12

ゴアに目覚める話1(自叙伝118)

(ここから先は18歳以下は閲覧禁止の自主規制をした有料記事になります。)

次の無料記事はこちらです。

もっとみる
深呼吸で幸せを吸い込みましょう。
7

あの世の話

7月18日(土)に「焚き火のある講演会」で「旅と人生、生と死」のテーマでお話をさせていただいた。

https://note.com/chiaki_nairobi/n/n604eec74d6f6

「焚き火のある講演会」では、21歳のときに突然亡くなった私の恋人の死の前後で起きた様々なエピソードについて話し、そのあと私がアフリカに定住するまでの放浪の旅の話をした。
みんなで焚き火を見つめながら話を

もっとみる