森林の状態を空から監視

各自治体は森林保護地域での違法伐採や、許可量を超過した伐採が行われて土砂災害を引き起こす原因になるなど、森林の管理に手をこまねいている。 森林伐採の進行状況を可視化できるアプリケーション「GRASP EARTH Forest」は衛星情報をもとに森林の状態を自動で検出してくれる。 群馬県の実験でも、大きな伐採が行われた場所が赤く表示されている。 人工衛星の情報は、応用範囲が広そうだ。 『参考資料』 https://www.jacom.or.jp/ryutsu/news

スキ
6

HiVEの日 DEC. 2021 | DYNAMICS OF LANDSCAPE ARCHITECT | ランドスケープアーキテクトが社会に与えるインパクト

12/8(水) 20:00-21:00(日本時間) ■Live Streaming | ライブ配信  YouTube Live  Facebook Live *2つのプラットフォームで同時配信(録画配信を予定しています) ■Abstract | セッション概要 毎月8日はHiVEの日。様々なカルチャーに焦点を当て、公開雑談を行います。 今回はHiVE小倉の地元の盟友でランドスケープアーキテクトの保清人氏をお迎えし、都市計画におけるまちづくりや森林などの景観づくりからコミュ

スキ
3

ヒトの脳の飽くなき欲望──『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開(4)

19世紀まで続いた軍事と森林の密接な関係それにしてもなぜ古代の文明社会は、自らの文明を滅ぼすほどの勢いで森林資源を消費したのでしょうか。それには国家権力を支える軍事力の強化に大量の木材が必要不可欠だったことが、少なからず影響していると考えられます。要するに森林資源の多寡が軍事力に直結していたのです。 森林資源と軍事力が深く結びつく、その接点は大きく二つあります。 第一の接点は、金属製武器の出現がもたらしました。金属を加工して作られた武器は鋭利で硬く、それまでの石や木を尖ら

スキ
9

きのこと鹿と茅葺と。芦生の森で感じた多様な生命のせめぎ合いと人の暮らし。【芦生の森・美山町フィールドワーク 体験レポート】

 あいだラボメンバの坂上萌です! 今回は、芦生の森・美山町で開催されたフィールドワークに参加して感じたことや自分の変化を執筆したいと思います。 芦生の森・美山町フィールドワーク :みえざる存在とのつながり -菌類ネットワークと里山と茅葺と-(11/12-14) 今回のフィールドワークは、京都大学フィールド科学教育研究センター特定教授赤石先生の事前オンラインセッションを受けて、参加を決めました。 地中に深く広くネットワークを持ち、多様な生物と共生関係を築くキノコの生態を理

スキ
4

自然の中で暮らしたい

最近度々こう思うことがあります。 「自然の中で暮らしたいな」と。 今住んでいる街 私が今住んでいる街は、都会でも田舎でもありません。 どこを歩いてもアスファルトは引いてあり、畑らしきものはあくまで「らしきもの」程度の小さな規模のものしか見当たりません。 電車10分で新幹線の主要駅に着き、空港へは電車で1時間以内。 満月を見ようと自宅の窓から空を見上げると、建物が邪魔をして見られないことがよくあります。 自然が気になる 普段あまりテレビは観ませんが、唯一録画して観て

スキ
7

【皆で未来をつくる その12】

「専門的・技術的職業従事者」の中の「農林水産技術者」の中の「農林水産技術者」の定義 引用元:総務省HP(https://www.soumu.go.jp/main_content/000661290.pdf) 「専門的・技術的職業従事者」の中の「農林水産技術者」の中の「農林水産技術者」が、SDGsで示された未来のためにできること 3例(理由付き)①農業技術者、農業技術士、普及指導員などの農業に携わる技術者は、持続可能な農業の手法・ノウハウを世界各国から入手して、担当している農

スキ
14

資材置場開拓‼️

本日も資材置場開拓🌳 短時間勝負で伐採してきました。 木が大きければ大きいほど気を使いますね。 作業は安全第一⛑️ ヘルメット買わないと… インスタは写真をクリック⏬

スキ
4

デイゼロ 地球から水がなくなる日ードキュメンタリー

世界中の帯水層ー地下水を貯蓄するーが失われている。 水がなくなっていく理由の大部分は牛肉だ。牧草やらの畑の灌漑用水として使われる。 大企業の大規模農業がアメリカハイプレーンズー大穀倉地帯ーを支えるオガララ帯水層を使ってしまって水がなくなる。 大戦前干ばつにあえいだハイプレーンズ。荒廃した農地を再生した豊富な水。その源であるオガララ帯水層を使い切りそうだ。 そうなったときアメリカの農業は壊滅するだろう。 二酸化炭素より地下水ー森林のほうが重要な気がしてならんな。 大体

スキ
1

緑 その不思議なるもの

大いなる自然 どこまでも雄大で、見る人の心を奪うような絶景… と同時に、自然には人を寄せ付けない厳しい面があり、灼熱の砂漠や極寒の氷河などには、美しいと感じることはあっても、安らぎを覚えるのは難しいと思います。 一方、緑豊かな森や草原、樹木、草花には心を和まされることが多いのではないでしょうか。 少し大きな話ですが、地球が誕生して生命が生まれ、生物の進化が始まりました。バクテリア等の微生物が現れ、やがてその中から光合成をおこなう生物が発生します。 葉緑素を備えた彼らが繁殖

スキ
4

森づくり推進プランのご紹介 ~前編~

みなさん、こんにちは。林務担当です。 今回は、「森づくり推進プラン」のご紹介です。 このほど東京都では、東京の森林・林業の役割や現状と課題等を整理した上で、森林整備と林業振興に向けた施策を展開していくために、令和3年6月に森づくり推進プランを改定しました。 記事では、前編後編の2回に分けてその内容をご紹介していきます。 まず、前編では、東京の森林・林業を取り巻く状況と抱える課題についてお伝えしていきます。 東京の森林・林業の概要については、本記事ではあまり触れませんので

スキ
3