解釈は自由だ

明日、初めて実際に会う仲間がいる中で、こんなもの書くのもなんだが、なってしまったものは仕方ない軽くウツになった。ようだ。

身体の芯に力が入らないという理由で、水曜日休んだ。山仕事は上手くいっておらず、赤字確定。支払いを待ってくれる相手で助かってるだけ、実家暮らしで生きてるだけだ。

借金は残り、仕事のパートナーは和歌山に行ってしまう。

撤退戦とか負け戦といいながら、夏から頑張っていた。また歴史

もっとみる

社有林の調査を通じて川上の現状を学ぶ~その4

引き続き、森林組合の方と社有林をどうするかを検討している。

当社の経営理念には「豊かな山を次の世代に繋ぐ」という言葉がある。経営理念は企業が持つ価値観であり、この価値観に基づき事業活動は行われるべきものである。

社有林の一つに手を加え、そこを使った社員研修をして、知識を得ることには意味がある。しかし、部分的に活用するよりも、より広い林班という単位で山に手を加えていく選択をした方が、「豊かな山を

もっとみる

林道コラム1~林道は『道路』じゃない~

みなさんこんにちは。
Noteを始めたので林務担当の私は林道についての記事を書いてみました。
みなさんは林道って通ったことありますか?
島の方なら一度は通ったことがあると思います。
実は、みなさんが島内で普通に通っている林道は、道だけど『道路』じゃないんです。
どういうことでしょう。
 

1.そもそも林道ってなに?

見出しの写真は御蔵島にある黒崎高雄林道を撮ったものです。
みなさんは林道につい

もっとみる

高知県本山町に移住した川端聖佳さんのLOCAL MATCH STORY 〜自給自足のような暮らしをしたいと願っていた、理想の暮らしが手に入りました〜

移住を経験し、地域で活躍されている人を紹介する「LOCAL MATCH STORY」。
今回は、高知県の本山町に移住された地域おこし協力隊OGの川端聖佳さんをご紹介します。
そして、この記事は川端さんご本人に執筆いただきました。

自己紹介

今回は高知県の本山町の移住した川端 聖佳が、移住までの経緯から、移住後の暮らしや仕事について「リアル」を語っていきたいと思います。

滋賀県栗東市出身。大学

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければ、シェアもお願いいたします。
9

さぁ、森をつくろう! 森つくコミュニティイベントVol.1 植林イベントレポート

植林イベント開催してみた!

先日、ちょっとGREEN FORESTERSの新たな試みとして、植林イベントを開催してみました!まずはその第一弾を現場からレポートしたいと思います!

きっかけは友人の「私も木を植えてみたい!」

企画がスタートしたきっかけは、代表中井がとあるイベントに登壇した際、その事務局側にいた友人から、「森づくりって面白い!私も木を植えてみたい!」とお声がけいただいたこと。

もっとみる

立ち枯れ

久々に技術的な話です。

切り捨て間伐で、選木対象(切る木)となる木の中でも最優先となる木に立ち枯れの木があります。

これは、倒れず立ったまま枯れてしまった立木の事で、遠くからでも白かったり赤かったりして、識別する事が容易です。

ただ条件によっては、倒すのに危険な場合があります。

完全に枯れてしまっていると、樹自体が軽く倒れた際に他の立木に当たって折れて、折れた先や破片が伐倒者の方に飛んでく

もっとみる
スキありがとうございます😊
2

第1回SDGsアワード内閣総理大臣賞のまちづくり(2) ​〜北海道下川町〜

※2019年4月25日初出の記事をnoteに引っ越ししたものです

旭川から車で北へ3時間。最低気温がマイナス30度という極寒の地にある下川町。今回は将来のまちづくりへの思いを掘り下げます。

 話し手:下川町政策推進課SDGs政策推進室 主事 和田健太郎さん
 聞き手:サイボウズ 野水

前回はこちら

5年間で人口が変わらずに高齢化率が半減した一の橋地区

最終的にどうなっていたら理想なんでし

もっとみる
ありがとー!ありがとー!

第1回SDGsアワード内閣総理大臣賞のまちづくり(1) ​〜北海道下川町〜

※2019年4月25日初出の記事をnoteに引っ越ししたものです

旭川から車で北へ3時間。最低気温がマイナス30度という極寒の地にある下川町。その中にある高齢化率50%の限界集落がわずか5年で高齢化率25%に下がる奇跡が起きています。​
それは町の財産である森を60年周期で活用し続ける取り組みに惹かれた人たちの努力の結果です。
第1回のSDGsアワードで内閣総理大臣賞を受賞したこの町の魅力を探っ

もっとみる
あなたはいい人だー!

第7回 山には危険がいっぱい(山仕事の危険について)



私がおちいっているジレンマ

 担い手不足に悩んでいる業界で働いている人ほど情報発信が必要だ、という考えのもと、これまでTwitterを中心にコツコツと情報発信を続けてまいりました。おかげさまで、徐々にフォロワー数も増えており、それに伴って私が発信することが届く範囲も広がってきました。最近では、リアルの世界でも、「Twitterを見ています」とか、「参考にさせてもらっています」などと声をかけて

もっとみる

林業専用の日報サービスをつくりました

はじめまして、林業専用の日報サービスWoodayです!

Woodayは、現場名・作業名・成果・メモを書き込むことができる日報を、圏外にいたとしてもアプリを使ってカンタンに入力でき、入力された日報を管理画面からサクッと一覧・出力できるというサービスです。

こういう悩みにお答えします

・各工程でどれくらい時間がかかっているのか管理したい
・紙に書かれた日報を、エクセルに移し直すのがタイヘン

もっとみる