奥田 悠史

ディレクションが生業。長野県の田舎と三重県の田舎に暮らす二地域暮らし。株式会社やまとわ / 取締役。一般社団法人◯と編集社 / 理事、写真とデザインAlpenglow works 代表。週一マルシェ ハラペコ里の市 主宰。
    • tabi note
      tabi note
      • 2本

      2010年、僕は大学を休学して世界一周を目指して旅にでた。その時の記録(ブログ)をまとめてtabi noteに。これからの旅も、また。

    • つなぐ編集室
      つなぐ編集室
      • 5本

      長野県と三重県の二拠点で暮らしている私。長野県辰野町を中心に未来にワクワクする人をふやそう、と立ち上げた一般社団法人◯と編集社のつなぐ編集室室長として、二地域暮らしやまちのことなどを書いております

    • direction note
      direction note
      • 5本

      写真やディレクションについて雑記します

    • 森ノ企画室
      森ノ企画室
      • 4本

      森をつくる暮らしをつくる 株式会社やまとわ やまとわの企画室長をしておりまして、森のことなどをまとめています

    • アルバムのnote
      アルバムのnote
      • 0本
固定された記事

森の未来を拓く家具づくりへ

やまとわの新しい家具ブランド pioneer plants(パイオニアプランツ ) 伊那谷のアカマツを使った無垢の家具 が2019年11月に立ち上がる。 やまとわが「森をつくる暮らし…

「目的のない旅」が僕らを自由にしてくれる

2020年秋、長野県の辰野美術館で「目的のない旅展」を開催する。 「目的のない旅展」は、自転車で世界を旅した13人の旅人の写真とことば展。 僕がなぜ、「目的のない旅展…

森とまちを旅する tent vol.1 「スギダラケの理由」日本全国スギダラケ倶楽部 若杉浩一さん

森と人の、ちょっと未来のカンケイに出会うフリーペーパー 森や草原、家の裏庭、どこに建ててもその場所がワクワクする場所に変わるテント。森をもっとおもしろくするため…

出発前の「はじめに」

2010年。年が明けてすぐの1月9日から約1年間弱。僕は、大学を休学して旅にでました。いわゆる世界一周というものを目指して。もう随分昔のことのように感じている。旅から…

「トビチ商店街」というまちの再編集

僕は長野県と三重県の二地域暮らしをしている。三重県の方は、割と山奥で近くに商店らしい商店はなく、最寄りスポットは名瀑だ。窓を開けるとサー、と滝の音が聞こえる。 …

小さなメディアをつくること

やまとわで、小さなメディア「森とまちを旅する tent」を創刊しました。 森をおもしろくするために、僕らができることを。 今、日本で森の価値は低い。多くの森が放置され…