『千と千尋の神隠し』 : 追体験と新しい発見

7歳のわたしと、26歳のわたしが見たジブリは、同じ故郷に20年たって帰ってきたときのような懐かしさと新鮮さがあった。

19年ぶりに映画館で『千と千尋の神隠し』を観れたこと、このポイズンな時勢でもすごいハッピーな出来事だった…。

何より、一度見た映画を追体験できたことがとても良かった。

その貴重な体験記をここにメモ。

いきさつ

26歳の誕生日。何も予定がなく、直帰してもよかったけど
なんだ

もっとみる
ありがとう!私もそんなあなたがスキ!
1

#水曜日が消えた

映画「水曜日が消えた」を見てきました。

何はともあれ、中村倫也さん演じる火曜日がかわいい。
起きたら毎日火曜日で、朝は月曜日が散らかした部屋の片づけをする、病院に行く、でも本当に行きたい図書館は休館日。
世界が火曜日しかないのは不便だけど平穏で当たり前のこと。
でも、突然水曜日が消えた。
火曜日は真面目で純粋で、きちんとしなきゃ、普通にならなくちゃ、一人に戻らなきゃ、という固定概念に囚われている

もっとみる

おすすめ作品紹介シリーズ 第三回 君は『柳川堀川物語』を知っているか?この作品がなかったらジブリは存在しなかった。制作3年、監督高畑勲、プロデューサー宮崎駿 宮崎駿が家を抵当に入れてまで制作した作品だ。 ドキュメンタリー映画

君は『柳川堀川物語』を知っているか?この作品がなかったらジブリは存在しなかった。制作3年、監督高畑勲、プロデューサー宮崎駿だ。時間はなんと165分、つまり2時間45分、およそ30分枠で放映されるテレビアニメ6話分だ。制作費には『ナウシカ』で儲けたお金がふんだんに使われているが、それでも足りず、プロデューサー宮崎駿である宮崎駿は家を抵当に入れた。
 その内容はずばり、柳川掘割の映像を映すドキュメンタ

もっとみる
ありがとうございます。とっても嬉しいです。
5

映画の感想を4本分

つぶやきもしたが、イオンシネマでワンデーフリーパスポートという企画をやっていると聞き、長いこと映画に行ってなかったものだから我慢できずについつい幕張へ。2500円でドリンクを四杯と映画を四本観てきた。
 まあドリンクは「飲み放題」だったから、上映中に抜け出したりロビーで次の映画を待っている間でも何杯でももらえるんだけど、トイレに行きたくなっても困るし、途中で席を離れるのは私としては論外なので、鑑賞

もっとみる
スキを、ありがとう!
32

【映画観賞記録】韓国映画 幼い依頼人

実際にあった児童虐待事件を映画化したサスペンス韓国映画。
ドキュメンタリーで撮ることができないから、映画というエンターテインメントにしてるけどっていう社会問題に切り込む題材を撮らせたら、ほんとうに韓国映画はうまいと思う。
韓国映画と括るのもどうかと思うが。

韓国映画の実録ものは、かなりの数を観ていて、そのたびに「震撼」する事件だったりするのだけど、どんなにその時に震撼してもニュースは流れていって

もっとみる
嬉しいです〜
6

2020年上半期ベスト映画5

4、5月は映画館に行くこともできず、6月は旧作の上映で上半期というか1~3月の記録になってしまうのがとてももどかしいがこれもまた2020年の出来事として記憶しよう。公開延期になった作品が待つ下半期が楽しみだ。

5位 音楽

大橋裕之原作の同名マンガを、岩井澤健治監督が7年の歳月を費やし4万枚の手描き原画で完成させたアニメーション映画。のっぺり、だらりとコマ送りされるオフビートな世界にもたらされる

もっとみる
キスキスキー
12

しあわせの隠れ場所

いつも読んでいただきありがとうございます。

石田恒平です。

今週も映画の感想を書きたいと思います。

今回みた映画は【しあわせの隠れ場所】です。

この映画は、ホームレスからNFL(アメリカンフットボールのプロリーグ)選手になる主人公と主人公の才能を開花させた家族の実話をもとに描かれた物語です。
公開日は2009年と10年以上前でしたが、今見ても面白い作品でした。

私のアメリカンフットボール

もっとみる
何か意見があればよろしくお願いいたします。

6月に観た旧作映画で良かった4作

孤狼の血(2018)

評判はかねがね、といったところだったけど超面白かった。無茶苦茶な筋書きなんだけど、意外と最後はそういう方面に持っていくんだ?!ってところも含め、"任侠"の映画ってことなんですかね!刑事モノなんだけどな、、白石和彌監督の大笑いが聴こえてきそうなバイオレンスのオンパレードなのだけど、受け手としての松坂桃李の良さが存分に詰まっていた。続編もあるそうだし、そこでまた違う桃李を見せて

もっとみる
キスキスキー
6

お酒に呑まれた話

皆さん、お疲れ様です。

石田恒平です。

今回は、タイトルの通りお酒に呑まれた話をしたいと思います。嘘です。

映画の感想です。今回は【何者】です。

就職活動を題材に人間関係や感情を描いている作品です。

私も去年、就職活動をしまして今は社会人として働いております。

そのため、映画の中での人間関係の描写がリアル過ぎて気持ち悪いと感じる時もありました。

プライドだけ高い人
周りが就活モードに

もっとみる
何か意見があればよろしくお願いいたします。
1

マーベル・シネマティック・ユニバースを巡ってきた

いつか観たいと思い続けてきたマーベル・シネマティック・ユニバース、通称MCU作品たち。人生においてもうここしかないだろうというSTAY HOME期間を主体にして所謂"フェイズ3"まで、つまり"インフィニティ・サーガ"の完結作「スパイダーマン ファーフロムホーム」までを全て観たのだけど、これを観ずに今まで過ごしてきたのか、、となる特別な面白さがあった。本稿では、フェーズごとにだらだらとその好きポイン

もっとみる
キスキスキー
10