その講義は哲学に溢れていた。

その講義は哲学に溢れていた。

毛量が多い白髪には勢いがあってが背筋がしゃんと伸びている。講演中に舞台上をうろうろ歩く、この人はいったい幾つなんだろう。 「バカの壁」が400万部を超えるベストセラーになった、養老孟司さんの講演会に行ってきました。 講演が始まると隣の席の人はノートと鉛筆を取り出し、大学の講義を受けるかのようにメモを取り始めました。お話のリアクションにも一生懸命で、うなずいたり笑ったりと講演に夢中でした。 私はその人にも気を取られつつ、養老孟子さんの哲学的なお話に耳を傾けていました。 幅

38
令和3年7月27日★毎日がバトル💛私はベストセラーは読んでなかったんよ、読んでみよか

令和3年7月27日★毎日がバトル💛私はベストセラーは読んでなかったんよ、読んでみよか

23
いとしの方言。

いとしの方言。

私の地元は新潟県。夫は青森県。 お互い地元を離れて20年以上経ち、今や関東での暮らしの方が長くなりました。 お互いもう訛りとか方言なんて使わないし、すっかり東京もんになったよねー、なんて思っているのですが、夫は実家との電話では訛りまくり。 いやー、方言(訛り)、強し。 夫のお母さんと話していると、いつのまにか私もエセ東北訛りに。 そんな私達の間では、もうすっかり馴染んで使っているお互いの方言があります。 たまに違う人の前で使って、??、という空気になり、あ、これ方言だ

2
(ハッピーオムレツ)アルパカ210726(みんなのフォトギャラリー)

(ハッピーオムレツ)アルパカ210726(みんなのフォトギャラリー)

3
辞書にない「怖い」の新しい用法について

辞書にない「怖い」の新しい用法について

別にここ最近の流行語でもなく何十年も前から使われているであろう「怖い」の辞書にない用法がかなり広く使われています。 まず大辞林を見ると 〔「強(こわ)い」と同源〕 ① 危害を加えられそうで逃げ出したい感じだ。自分に危険なことが起こりそうで身がすくむ思いだ。「―・いもの見たさ」「―・い顔」「雷が―・い」 ② 悪い結果が予想されて不安だ。先行きが心配で避けたい。「相場は―・いから手を出さない」「今はいいが,あとが―・い」 ③ 軽視できない。予想以上に大した力をもっている。「や

私が子どもだった頃◇夏祭り

私が子どもだった頃◇夏祭り

夏休みの楽しみの一つが、夏祭りでした。友達同士や家族と、浴衣を着て出かけて、汗びっしょりになって帰っていました。 浴衣を着るのがとても楽しみでした。子どもが着やすいようにおはしょりは縫い上げてくれていました。おはしょりって言うのは、長く仕立てた着物を腰のあたりでたくし上げた部分のことです。成長に合わせて毎年、丈を伸ばしていって、小学校の高学年になると、おはしょりが無くなってつんつるてんの浴衣を着ていた記憶があります。 おじいちゃんがその姿をみて 「また伸びたなー、新しいの

52
令和3年7月26日★毎日がバトル💛私はムームー来て夏祭りに行きよったよ

令和3年7月26日★毎日がバトル💛私はムームー来て夏祭りに行きよったよ

30
博多弁

博多弁

誰かが言ってたんですけど博多弁って沖縄弁に次いで好きな方言ランキング2位らしいですね、いや1位じゃないんかい。 ところでずっと言いたかったんですけど 好いとーよなんて博多弁は(使われて)ない!! あるにはあるんだと思います、多分。そもそも私ネイティブの博多弁スピーカーじゃないし(一概に博多弁と括られがちな福岡の方言、実は結構分け方が細かいんです) でもひとつ言えるのは今まで福岡で生きてきて好いとーよなんて聞いたことないってことです。これはマジ。 ところがどっこい、先日ツイ

1
行きたいところ

行きたいところ

自粛生活も1年以上、このままいったら2年!?なんていう感じで、行きたいところに行けませんよね。 もちろん旅行に行きたい! 最後に行ったのは、香港。 令和になった瞬間、香港にいましたから、もう3年前とうことに(-_-;) ずいぶん長いこと、海外に行っていない。 そろそろ異国の地を踏みたいものです。 それと、祖母にも会いたいけど、コチラもコロナが収束するまでは無理。 何かあったら大変ですからね。 祖母に会いたいのですが、日本語教師となった今は祖母の話す方言に興味が

2
中馬街道だったから?(2)

中馬街道だったから?(2)

 私が未だ幼稚園児だったころには、飯田の町なかを、馬に大きな荷車を曳かせて物品を運送しているような人たちが、まだいたものだった。母や祖母の「ばくろうサが来たに」などと言って教えてくれる声を聞いて、荷馬車を見に行ったりしたものだった。それでも残余の趣が強くて、そうそうむやみに見られる光景ではなかったけれど。  その後には、鉄道での輸送が隆盛をみた。飯田線にあっても、貨物列車の長々と連結した姿を見送って楽しんだ。貨物車両の入替やら何やらで、いつまでも遮断機の下りた踏み切りでじりじ