【意識高い系救済】まだ、インフルエンサーで消耗してるの? 行動・挑戦・努力するのは普通【歪んだ思考】

【意識高い系救済】まだ、インフルエンサーで消耗してるの? 行動・挑戦・努力するのは普通【歪んだ思考】

行動・挑戦・努力は夢や目標があるなら普通!行動・挑戦・努力している人は偉いみたいな気持ち悪い風潮があるが、夢や目標があるなら、当然だ。変化の早い時代に私はいいとは思いませんが、大きな目標や夢を掲げるのであればなおさらです。誇るものでも何でもない。アピールするものでもないので、黙々とやればいい。 意識なんて低くていい行動・挑戦・努力とか大々的にアピールせずに、黙って、習慣としてやればいい。意志力を使わず、アピールせずに、ラクにできる。私は身の丈に合わないことをやると疲れるので

スキ
5
朝イチでキックボクシングやってきた…。意識高い系か!5日間のうちもう3回行った…。意識高い系か?来週は意識低い系で過ごそうと思います。あ、今週か。朝早過ぎて終わっても街が動いとらんよ。お酒の試飲会の準備現場を通りかかり息を呑む朝…。

朝イチでキックボクシングやってきた…。意識高い系か!5日間のうちもう3回行った…。意識高い系か?来週は意識低い系で過ごそうと思います。あ、今週か。朝早過ぎて終わっても街が動いとらんよ。お酒の試飲会の準備現場を通りかかり息を呑む朝…。

スキ
4
1年間瞑想を毎日した結果
+1

1年間瞑想を毎日した結果

意識高い系の皆さんこんにちは、Tomです。 最近、若くして事業を立ち上げてる人達って、意外と瞑想してますよね? ということで、今回は1年間瞑想を毎日していた僕の実体験を話したいと思います! ・なぜ瞑想を始めたか 僕は2020年4月から瞑想を始めました。 そうです。コロナ禍で、かなりの職業が休業になった時です。 もともと僕は、『人生を変えたい。』『自分の力だけで何か大きな事をしてみたい。』と思い、日々迷走していました。そんな中、YouTubeでメンタリストdaigoさん

スキ
2
「波動」の話がやっと納得できた

「波動」の話がやっと納得できた

自己啓発書などを読んでいると「波動」「宇宙の法則」「シンクロニシティ」のような話が良く出てきます。これらについて、自分の中でやっと整理がついたので、書き出していこうと思います。 私は元々、スピリチュアル的、根拠のない論理的でないものが苦手・・というか完全に拒否してきました。ここから書くことは誰かの影響を受けたことではなく、自分で考えたことです。急に非論理的なことを言い始めた訳じゃなく元ネタは本です。何かの団体に入ったとか全然ありません笑 「波動」の正体人間の身体には神経回路

スキ
6
スタンディングねぎ鍋 〜自立とは何かを考えるキャンプ飯〜
+3

スタンディングねぎ鍋 〜自立とは何かを考えるキャンプ飯〜

キャンプ初日にハンモックがちぎれて落下しお尻にヒビが入っている状態(まだその事実は知らない)の私は、立ち上がったりするのがお尻的にきつかったため、お尻に氷をのせて横たわるか、お尻に氷をあてて椅子に座るしか維持できる体勢がなかった。 晩ごはんは焚き火をしたりポトフを作ったりはキャントナー氏(今回のキャンプのパートナーの略)が勝手にやってくれていたので、私は私の一品を作ること、そしていつも通り米を炊くことに専念した。 キャントナーの作る一品は「ポトフ」でいくと聞いていたため、私

スキ
51
自堕落な生活が好きな私が意識高い系の生活を実践してわかったこと

自堕落な生活が好きな私が意識高い系の生活を実践してわかったこと

現代社会を生きる私たちは、とにかく「時間がない」。平日は朝起きて、会社に行って、帰ってきたらそのままベッドに倒れ込み、次の朝を迎える。 そして、休日はとにかく寝て体力を回復させる。 全く、1秒たりとも隙のない生活だ。 しかし、私もこの生活が「自堕落」で「生産性がない」ことを十分に理解しているし、何とか変えたいと思っている。 そこで、この1ヶ月ぐらい、勉強の時間を作るために試行錯誤してみたので、その生活ぶりと感じたことを綴っていく。 まず、時間を作るために、ダラダラしている

スキ
5
『デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方』読んだ

『デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方』読んだ

スマホやSNSの危険性は今や多くの人が指摘するところとなっている。私もそのことはよくわかっているつもりだ。しかししょっちゅう忘れてしまう。 そんな怠惰な自分の脳みそには定期的に喝を入れていかないといけない。そんなわけでこの本をお買い上げしたんである。 本書はスマホの危険性と、それから離れることの有益性をえんえんと説いている。 人間の脳みそはただでさえバックグラウンドで余計な思考を吐き出し続けている。これをブロックするために瞑想までしなくてはならないというのに、現代人はス

スキ
5
【カバンの中身】意識が高い20代男子の休日のカバンの中身紹介
+2

【カバンの中身】意識が高い20代男子の休日のカバンの中身紹介

みなさん、こんにちは。宮口紫苑(しおん)です。 本記事では、私のカバンの中身について紹介します。 テーマは、休日のちょっとした外出です。例えば、友達とランチや飲みに行くとき、1人でカフェやショッピングに行くときなどの持ち物です。 この記事はこんな人におすすめ♪ ・意識高い系男子のカバンの中身を知りたい ・おすすめ便利グッズを知りたい ・私(しおん)のファンである 早速ですが、持ち物はこんな感じです。 愛用しているカバンアークテリウスのマンティス2を愛用しています。

スキ
17
意識高い系は人のやり方にケチをつけて、自分のやり方を押し付けます。それに対して、意識高い人は人のやり方を見て、参考にするところは参考にし、それを取り入れます。意識高い系は顕示欲と承認欲求の塊で、意識高い人はストイックさの塊ですが、自らのやり方に固執せず、常に最善策を模索します。

意識高い系は人のやり方にケチをつけて、自分のやり方を押し付けます。それに対して、意識高い人は人のやり方を見て、参考にするところは参考にし、それを取り入れます。意識高い系は顕示欲と承認欲求の塊で、意識高い人はストイックさの塊ですが、自らのやり方に固執せず、常に最善策を模索します。

スキ
6
谷崎潤一郎『文章読本』感想

谷崎潤一郎『文章読本』感想

先日、上手な文章とはなにかということについて少し触れた。 しかし、文章が上手であるという意味がいまいちよくわからない、というか言語化できていないから、まずは文章読本を読んでみようと思ったのだ。 その手の本はたくさんあるが、まずは古典から始めようと考えたのである。 というわけでこれお買い上げ。 しかし、よく考えると谷崎の本は全く読んだことがない。増村保造による映画化(もちろん若尾文子主演)を何本か観て、読んだ気になっていたのである。だから、どういう文章を書く人なのかよく

スキ
13