第七話 許嫁

一九八九年の春、東京の一橋大学の商学部経営学科に入ったにも関わらず、巷ではバブル景気がはじけたものの夜のネオン街はとても煌びやかで勉強しかしてこなかった私には未知の世界だった。

わたしは、一人の時間を音楽を聴きながら本を読んで過ごしていたので、音楽は普段から慣れ親しんだものだったから、学費の足しにディスコでアルバイトをさせてもらった。ここでは私の知らないことをたくさん学んだ場となった。

このア

もっとみる

たくさん考えて、たくさん試して、一緒に成長していこう

我が家は【基本、自分で起きろスタイル】なのだが、中学1年の長女が早く起きて勉強したいって言い出したので、うちのママが6時半に頑張って起こすって活動を最近始めた。

ママがそういうふうにしているので、僕は早く起こす活動はせず、早く寝なきゃ早く起きれないぞって事で「早く寝な」って言う側に回ってる。夫婦で協力するって大事なコミュニケーションの一つだよね。

まぁ、でも起きないし、寝ない。

そりゃそうだ

もっとみる

自分の信念を大切に。働く目的って?

あなたは今何のために仕事をしていますか?

お金のためでしょうか。家族を養うためでしょうか。自分の人生を豊かにするためでしょうか。自分に自信をつけるためでしょうか。

一度きりの人生の中で、あなたが大切にしてるものはなんでしょう。

どんな信念を持っているでしょうか。

今日はこんなテーマで書いていこうと思います。

資本主義社会で生きている以上、労働があり、そしてその対価として報酬があります。当

もっとみる

UMiCoMemo.複雑ですね。

コロナで大混乱がまだまだ続いてる、さらにどうなるか見えない。全員、全世界全員不安な時期だと思うので、個人的に好きな商店さんお店屋さんで買い物をすることを徹底しています。

好きなところが無くなって嬉しい人1人もいませんしね。複雑な思いの好きさもあると思うので一概には言えないところがとっても複雑になる方々も沢山いらっしゃると思います。

なんとか、私がわかる範囲のCGやネットサービスと未来へ残したい

もっとみる
全力で嬉しいです!ありがとうございます。
2

「愛されたい」と叫ぶ私が、恋愛感情と愛情欲求の違いを掴み始めた話し

両親に愛されたいと、小学生から感じていた。
「どうして私だけお父さんがいないの?」何度も疑問に思ったけど、家庭内の暗黙のルールに従って何も聞かないで、何も感じていないように生きてきた。

 19歳で一人暮らしを始めてから、私の中で突き上げるような衝動がいつも存在するようになり、自分を怖れたのを覚えている。

愛されたい!!!

 叫びたい気持ちは、涙となって枕を濡らした。



 そんな叫びを抱

もっとみる
WALKMANで音楽を聴いてます🎼
10

普通の話ですみません( °-° )

息子君と服の話をしている時に

息子「俺、スキニーほしい。スキニーだったらカッコよく見える気がする」

私「いいねー‼ 息子君細いし、スキニー似合いそうだもんね😊                                                      あ‼そういえばママ最近ダイエットして細くなったんよ‼腰らへん‼」

息子「あ‼本当だ‼細くなったかも~             

もっとみる

どん底でも希望は捨てない。

母と父の言い争いを、ちゃんとは初めて見た。
そこまで詳しい内容は書けないけれど、私はショックだった。
以前からアルコール依存でおかしい父を見てきたし、母もそれに耐えてきた。
母は足が悪くても介護職を続けて上の立場を築いた人だ。働きながら猛勉強して資格をとって今の仕事を頑張ってきた母を見ると、私も奮い立たされる。

そんな立派な母でも、
ストレスで爆発してしまう日はあるものだ。

父が仕事の愚痴を偉

もっとみる
優しさをありがとう♡
32

夢の続き。

子育てについて夫婦で意見を出し合うとうまくいかない日もありました。
互いに口論になることもありました。

私もくち下手
夫も同じく。

そんな二人が、小出しにできない不満の
噴出する日が
半年に1度程あります。

夫の感じている私の子育てへの不満。

私は今は半分くらいにはなったけど、
まだガミガミ言ってしまうので

それを聞くのも嫌なんだそう。

それを夫は口に出して言えないほど、
優しいひと。

もっとみる
これからも更新頑張ります🎀
11

2年「おばあちゃん お元気ですか」【家族愛】の指導案はこうする!

こんにちは。
今日は『2年「おばあちゃん お元気ですか」【家族愛】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

家族って現代はいろいろな形があります。

核家族、二世帯住宅、
片親世帯、施設などなど。

道徳で家族について扱うことは、
危険だといつも議論が起こります。

しかし、人は1人では生きられません。
集団で協力して生きることで人類は繁栄してきました。
その最小単位が「家族」です

もっとみる
これからも頑張ります!
1

第六話 クリスマス

君は俺が毎年、クリスマス前になると、横浜へ商用だと言って出かけていたことを憶えているかい? 我が家では、俺が冬の横浜が好きだということになっていたらしいね。でも冬の横浜なんて港のネオンが煌めいて寒々しいだけで、行きかう人並みの中で忙しい風景は寒さを余計に際立たせていた。

君も不思議に思っていたんじゃないのかな? まだ再婚もしていなかったし、君はまだ10歳くらいだったけど、ひとり親のせいか特別に勘

もっとみる