#60 年賀状はオワコンか?

2年くらい前から、会社でも個人でも年賀状は原則出さないことにしています。 それ以前は、特に個人の年賀状に対してはこだわりが強くて、130枚くらいのオリジナル年賀状を作成して、一枚一枚にコメントを手書きして送っておりました。

スキ
2
有料
100

「一歩目のきっかけ」になりたい【有料にした理由】

僕が「Soeru研究室」を始めようと思った理由についてのnoteです。いつもは午前中のうちに投稿することを心がけていますが、今日はこんな時間になってしまったため、少しぼんやりとしたnoteです。 Soeruの鬼澤です。 花束屋さんを0からのつくり、今年6月に脱サラ&起業、今後いろいろな分野に挑戦してみたいと考えているバカな23歳です。猫みたいな彼女に社長になってもらい、僕は自由に動かせてもらっています。 僕が午前中のうちに(できれば9時くらいまでに)noteを書いている

スキ
13

#59 天国と地獄

昔から、「天国」と「地獄」のたとえ話として、こんなのがあります。 地獄でも天国でも、大きな鍋に美味しそうな「うどん」があって、人々は自由にそれを食べることが出来ますが、ただし、1mもありような長い箸を使って食べなくてはなりません。 地獄の人々は、自分だけがうどんを食べんと欲して、我先にと長い箸を鍋に突っ込んでいきますが、箸の異様な長さと他者の妨害によって誰一人として満足に食べることが出来ずに、皆痩せ細っていきます。 ところが、天国の人々は、鍋の正面にいる人に「お先にどう

スキ
10
+2

新人の目標設定はプロセス目標?結果?どちらが良いの!?/しくじりマネジメント

僕は営業マネジャーとして、7年間で新卒新人19名、中途新人11名を受け入れました。いろんなタイプのメンバーがいましたが、この”目標設定”については、いつも頭を悩ませてきました。 受注や売上といった結果指標で目標設定をすべきなのか、新人だしプロセス目標を設定すべきなのか、はたまた別の目標設定が良いのか・・・ 今回は新人(新卒も中途も)に設定すべき目標とは、どのような目標が望ましいのか、僕なりの見解を書きたいと思います。 ※また最後に新人のマネジメントに関心のある方向けにお

スキ
10

#58 元旦の目標を再確認してみる

今年もあと残り1ヶ月になりましたが、今年の目標で出来たこと・出来なかったこと、それぞれあると思います。 多くの方が、年当初、例えば元旦などに立てた一年の目標があったとしても、その全てを達成出来た人は少ないのではないでしょうか。 かく言う私も、 一年の計は元旦にあり などと言いながら、立派な計画を立てて、場合によってはFacebookなどで宣言する時もありますが、多くの場合は、その目標自体を1ヶ月ほどで忘れてしまいます。 …とここまで書いていて、早速今年元旦に自ら書い

スキ
5

「観察」考

子育てで何より大切なのは観察だと思うのだけど、この観察が意外に難しい。私たちは見たいものしか見えないから。 異形が堂々と通り過ぎる動画なのに、別ごとに注目するよう言われると気づかない、という体験を、とある講演で味わったことがある。私たちの観察眼は、見たいものしか見えない。 これまでも「虚心坦懐に観察する」と述べてきたけど、案外これも実行が難しい。ひどい場合は見てても呆然としてしまって何も気づかない、観察してない結果になりかねない。観察というのはある程度、意識が強い領分で、無

スキ
36

#57 人材不足と人件費高騰

コロナも少し落ち着いてくると、各市場がかつての状態に戻ってきます。そうなると、コロナ前で問題視されていた 人材不足 の問題が再び話題となりそうです。 当方は建設業ですが、5年くらい前までは人不足で本当に困っていました。土木技術者が集まらず、若手社員もほとんど居ない状態でした。 しかし、そこから新卒採用や人材育成などを熱心に進めて、現在は若手を中心に多くの社員を雇用することが出来ました。 ところが、ここで問題となってくるのが、 人件費の高騰 です。 働き方改革

スキ
8
+2

Soeruのコンセプト本気討論【おにざわの独り言】

↑先に読んでね。 こちらは定期有料マガジン購入者の方限定のnoteです。内容は「ブランドコンセプトの再構築」。 僕のnoteをいつも読んでいるのに、まだ定期購入していないあなた。 そう、あなたです。 はやく来てください。 必ず損はさせないし、今こないと初期メンバーにはなれないですよ。ぜひ、「僕からの感謝」を今のうちに買ってください。 僕は受けた恩は、倍以上にして返す男です。 では、普通なら見ることのできない、スタートアップ企業のコンセプト再構築、スタートです!

スキ
4

#56 新聞はオワコンか?

自社の早朝勉強会や朝礼、工程会議において、 新聞を購読している人は手を挙げて! と呼びかけても、誰も手を挙げません。 20人くらいに聞いてみて、やっと1名のみ。 64歳のベテランでした。 かく言う私自身は、最近まで基本的にずっと購読していましたが、先月を最後にやめてしまいました。 世間一般での新聞購読率は、3割〜6割程度とマチマチなようですが、当社での結果は1割にも満たない状況でした。 確かに、ネットニュースなどに比べて、どうしても情報が1日遅れになってしまう新

スキ
11

「できない」を徹底的に潰す

佐藤可士和さんのようなデザインをしたい!と思っても、佐藤可士和さんと全く同じ人生は歩むことはできないから、鬼澤健汰のデザインを見つける他、自分が納得することは不可能なんだろうなって起きた瞬間に頭をよぎりました。 どうも、Soeruのおにざわです。 最近、「なにを目指してるの?」と言われることが増えてきました。最高ですね。 さて、僕は、世の中には、このような考え方があると思っています。 成功する方法は無限にある美しい言葉に聞こえますか? 僕には、残酷に聞こえます。なぜなら

スキ
4