瑪瑙ルンナ

アメリカ在住のアーティスト。1980年代に国際結婚して以来、コンセプトのある服や襟をテ…

瑪瑙ルンナ

アメリカ在住のアーティスト。1980年代に国際結婚して以来、コンセプトのある服や襟をテーマにした絵画、音楽制作、パフォーマンスなど、衣服表現の可能性に挑戦中!12年越しのドキュメンタリーが2021年に完成。https://www.whoislunna.com/

マガジン

  • メンズシャツの「汚れの首輪」がテーマの活動を追ってみる

    白襟のシミを追っかけて、云十年!このシリーズがどんどん展開してしまった、長年の歴史をご覧ください。

  • 日本クローゼットツアー: 2023

    日本のクローゼットでライブをやり、それをドキュメンタリー映画にしようと計画。思いついた瞬間から、完成まで(まだ、してませんが。)を詳しく書いてゆきます。

  • 自分の作品やアート・パフォーマンス、悪戦苦闘の日々

    80年代からの作り出した自分の作品群と、その場、その場で、思いつきでやったパフォーマンスなど、毎回これでいいのか?と苦悩しながらの日々を集結してみました。

  • 作品の発表の場としての「ランウェイショー」の記録

    自分の着用可能な作品を、毎回ファッションショーという形体をとって、発表してゆきました。

  • アメリカに移住するまでと、その後の出来事

    そもそも、なぜアメリカに住む事になったのか? 夫との出会いや、生活していて感じた文化の違いなどを書いたものを、集めてみました。

最近の記事

  • 固定された記事

(連載:初回)自己紹介:ロザンゼルス在住アーティストの回顧録:アーティストの終わりなき戦い

はじめまして。 初めての note なので、ちょっと緊張しております。。。ドキドキ わたくし、瑪瑙(メノウ)ルンナと申します。 ロサンジェルスに在住30余年です。 えっと。。。。。つまりアメリカで、いろいろやってるんですけど、 ざっくり言うと、「アーティスト」。。。。。 って、事にしておいてください。聞こえもいいですし。笑 詳しくはおいおい、お話させてください。 で、 一昨年からアメブロで、「20世紀西洋音楽の歴史」という、超ニッチなブログを書いておりまして

    • 作品紹介1:究極のウェラブルアート?「着用可能なシミ」

      回顧録をずっと、、、必要以上に詳しく書いておりまして、気が付けば、すでに100回以上!!もうごく最近にまでなってしまい、まったく自分の事が冷静に書けなくなってしまいました、、、。トホホ。 以下のリンクはその一部ですが。 この他にもアメリカ生活に特化して書いたものや、 仕事の事 音楽の事 などなど、もう盛りだくさんにもほどがある!というくらい、自分の私生活を暴露しちゃってます。汗 で、ここんとこ、こういう回顧録は一旦、脇に置いといて、直近のバンドツアーの事なども書い

      • 日本クローゼットツアー(16)まさか!ここに行く事になろうとは、、、

        こんにちは。前回からの続きです。 バンドのツアーは無事終了、全日程すべて終わったので、 さっそくもう次の日に、監督兼カメラマンのジェフは早々にアメリカに戻る事になりました。 しかし。 羽田出発が夜。その日の昼間は時間があり、日本での最後の貴重なオフ。 後で、後悔しても、もう遅い。。。。涙 ジェフが行きたかった所、 それはどこだったかというと、、、 こちらです!!!ラーメン二郎!!このトッシュの浮かない顔をごらんください。笑 私とトッシュは、(ゆるいですが)肉は食

        • 日本クローゼットツアー(15)新宿でダークなエンタメ:最後の夜

          さて、いよいよ、このクローゼットツアー、最終日となりました。 アメリカから日本にやってきて、人様の家のクローゼットでライブをするプロジェクトであります。 自分達はすでに、(在米なので)現地ロサンジェルスでは30回以上のクローゼットライブをこなしています。なのでこの業界(そんなのあるのか?)では、かなり重鎮と呼ばれているに違いないです。 (まだ、何も実感はありませんが。汗) これを思いついた、その瞬間から、ずっ〜と詳しく書いているので、もし、よろしければ、(暇つぶしに)こ

        • 固定された記事

        (連載:初回)自己紹介:ロザンゼルス在住アーティストの回顧録:アーティストの終わりなき戦い

        マガジン

        • メンズシャツの「汚れの首輪」がテーマの活動を追ってみる
          16本
        • 日本クローゼットツアー: 2023
          16本
        • 自分の作品やアート・パフォーマンス、悪戦苦闘の日々
          42本
        • アメリカに移住するまでと、その後の出来事
          24本
        • 作品の発表の場としての「ランウェイショー」の記録
          16本
        • 90年代後半から始まった、まさかの音楽活動、及びその周辺
          33本

        記事

          日本クローゼットツアー(14)超絶!等身大の宝箱に潜入!

          皆様。こんにちは。 今回はいきなりですが、クローゼット・ライブの写真からお見せしましょう。 まずは、これをご覧ください。 立派なステンレスのスライディング・ドアのクローゼットです!! で、さおりちゃんが着てるのは、このクローゼットから、出してきたジャケットなのですが、こちらは、、、、、 あの!!パンクの大スターのイギー・ポップが着ていたという、ジャケットでありますよ!! そして、こちらは、、、 マルコム・マクラーレンのマウンテンハット! あのセックス・ピストル

          日本クローゼットツアー(14)超絶!等身大の宝箱に潜入!

          日本クローゼットツアー(13)渋谷でパーソナル・ヒストリーの衣服に埋もれる

          今回は、東京の中の、東京、渋谷であります。 このNOTEを読んでくださっている方には、もうお馴染みのフライング・ブックスという渋谷の本屋さん。 今回のライブは、そこのオーナーである、山路和弘さん、通称カズさんのお住まいでやらせていただきました。 カズさんとはもともと夫のトッシュ系由で、知り合いました。 トッシュの父親つまり私の義理父は、ウォレス・バーマンというアーティストで、アメリカの1940年代終わりから60年代はじめにかけての、大きな若者意識の転換点である「ビート」

          日本クローゼットツアー(13)渋谷でパーソナル・ヒストリーの衣服に埋もれる

          日本クローゼットツアー(12)東京、文京区の洗練されたミニマリズム

          「洗練された」ミニマリズム?なんて?あるのか? ま、それは、置いといて、、、、ですね。苦笑 まずは、この上の画像をご覧ください。 引越し前のマンション? 全く生活の匂いがない。 左がこの部屋の住人のマリコさんです。そして、彼女は ここに実際に住んでらっしゃるのです! 言っときますが、昨日、引っ越してきたとか、そんなんじゃないですよ。笑 ここには、ふた部屋しかありません。 一つ目はこの手前の畳の部屋。そして、脇に廊下があって、突き当たりがリビングです。そのリビング

          日本クローゼットツアー(12)東京、文京区の洗練されたミニマリズム

          日本クローゼットツアー(11)東京の第一発目は、板橋区から!

          さて。ツアーも折り返し地点となりました。 京都のお公家様の膝元から、江戸っ子バリバリの板橋へ、まっしぐら!! しかも、この日は到着直後に夜のライブというハードスケジュール! そんなことは普通のロックバンドからしたら、普通な事なのだが、 なんせ我々の平均年齢が。。。っていうか。私と夫のトッシュがふたりでこれを引き上げているわけでありますが。。。 ともかく今回のツアーにおいて、今までで一番ハードな1日! 到着した丸の内の東京駅。 ジェフは疲れ知らずで、いつも仕事熱心であ

          日本クローゼットツアー(11)東京の第一発目は、板橋区から!

          日本クローゼットツアー(10)観光地の王道、京都で極太のおもてなし!

          さて、前回からの続きでありますが、次なる目的地は京都でありました。 最初にこのツアーを思いついた時から、どうせ、日本に行き、撮影もするならやはり日本ならではの場所でライブして、撮影したいなあ。という気持ちが強くあって、やはり日本といえば、京都だろうといろいろ探していたのですが、この「撮影する」という事がネックになり、難航しておりました。 まったく知らない人は、我々の事をドキュメンタリー映画の撮影隊 from ロサンジェルス〜〜と勘違いして、いえ、これは間違いではないので、

          日本クローゼットツアー(10)観光地の王道、京都で極太のおもてなし!

          日本クローゼットツアー(9)観客ひとり!同じ家で2日間の連続ライブ

          まずはこれをご覧ください。 そして。 この男性、、、。 この、どう考えても、ライブを楽しんでいるには見えない? この方は誰でしょうか? そうなんです。この方は、この家のご主人様。 なぜ彼のお家でライブをやらせてもらっているかと言いますと、、、 〜勿体ぶるのはやめて、、、 はい。最初からお話しましょう。 つまり、早い話がですね、この方の妻が私の友達だからです。 以外と単純な理由!! この妻というのは、私の昔からの知り合いで、名前をは森山美枝子=モンちゃんといい

          日本クローゼットツアー(9)観客ひとり!同じ家で2日間の連続ライブ

          日本クローゼットツアー(8)二日目のライブの後で判明した事

          さて、今回も、前回の続きです。まだ二日目が終わってないです。苦笑 前回は、ライブで、服が雪崩のように自分にのしかかっても、歌い続けたというお話でした。 こんなを経験した人はいないんじゃないか?と自負しています。苦笑 まず、クローゼットで歌おうとする人自体が少ない。 〜お風呂ならいるだろうが。 その上、歌ってる途中に服が下敷きになるというのは、まあ、日本歌謡史始まって以来の事故ではないか?と思っています。 それでも歌い続けたこのド根性をちゃんと後生に伝えるべく、これを記

          日本クローゼットツアー(8)二日目のライブの後で判明した事

          日本クローゼットツアー(7)岐阜在住のパンチの効いたファッション・デザイナー

          さて、二日目は、岐阜です。 なぜ岐阜なのかというと、、、、これは長くなるので、後で説明させてください。 では、早速。 その日、朝、本厚木のホテルを出て、小田急線で小田原まで行き、そこから新幹線で、岐阜羽島まで行く計画。 小田原の駅は、厚木の駅前のガラ〜ン状態からは想像もつかないくらい インバウンドのツーリストで溢れかえっていた。 その中を荷物を持った五人連れ(我々)が、ゾロゾロと新幹線の乗り場の方に移動し、最初に目に入った光景は、新幹線の券売機の前の、長い列!! げ

          日本クローゼットツアー(7)岐阜在住のパンチの効いたファッション・デザイナー

          日本クローゼットツアー(6)初日のライブは神奈川県から。

          こんにちは。 ここでは、日本のクローゼットでライブツアーをやった事を 。。。。を事細かに書いています。 大変長くなりましたが、シリーズ6回目にして、やっとツアー出発の運びとなりました。 メンバーは五人です。 私とさおりちゃん(バンドのメンバー) 夫のトッシュ(ツアーの司会役=ドキュメンタリー映画の指南役) ジェフ(ツアーを映画にする監督、撮影) ジョンさん(通訳と撮影アシスタント) まず、 ライブの初日は、さおりちゃんの実家でやらせていただきました。 場所は神

          日本クローゼットツアー(6)初日のライブは神奈川県から。

          日本クローゼットツアー(5)出発前に予期してなかった事が勃発!

          こんにちは。ルンナです。 日本へ行くクローゼットツアーの記事を書いておりますが、 まだ出発してもいないのに、すでに今回で5回目となってしまいました。 さっさと、出発しやがれ!と思っていらっしゃる輩もおられると察しますが、なぜ、こんなに詳しく書いているのかと言いますと、 私のようなアマチュアでも、ツアーに行き、そのドキュメンタリー映画ができるのだという、(まだ出来てはおりませんが。汗) ある意味 D I Y 〜なんでも自分でやりゃ、できる〜という見本になればいいかなと思っ

          日本クローゼットツアー(5)出発前に予期してなかった事が勃発!

          日本クローゼットツアー(4)ツアーメンバーが確定!

          皆様。お久しぶりでございます!ルンナでございます!! 前回にこのNOTEを書いた時から、随分と日にちが経ってしまいました。 というのも、、、、 それもそのはず! 理由は、 この、日本クローゼットツアーを決行していたからであります!! 日本で、10回のすさまじいライブを消化してまいりましたぁ〜〜。 そして、命からがら、 なんとか、ロサンゼルスに戻ってまいりました。 前後を合わせると、結局1ヶ月以上日本に滞在していたので、前回に書いたこのNOTEは、もう遠い昔に感じ

          日本クローゼットツアー(4)ツアーメンバーが確定!

          日本クローゼットツアー(3)通訳と撮影のアシスタント探し

          さて、今回も前回の続きです。 撮影するジェフ(上の写真の左)が通訳兼アシスタントとして、 雇いたいと思っている中国人の若い女性の話です。 (ちなみに上の写真の中央の女性は、この話とは関係ありません。) ジェフはこの候補になっている人が、日本語がペラペラだというのですが、 彼は日本語ができないのに、なぜこの女性がペラペラだとわかったのか? それがなんか、あやしいなあと。   たとえ、二人が日本語環境の仕事をいっしょにしたにしても、どのくらいしゃべれるのか?の判断は、よほどの

          日本クローゼットツアー(3)通訳と撮影のアシスタント探し