福永 雅文(もじゃ)

もじゃ。カープファンでパソコン屋。パソコンの販売と修理、出張サポート、wordpres…

福永 雅文(もじゃ)

もじゃ。カープファンでパソコン屋。パソコンの販売と修理、出張サポート、wordpressとファイルメーカー、ホームページ制作。4人の息子。思考を言語化するnote。ガレージマスターモジャ https://gm-moja.com/ ブログは https://moja.asia/

最近の記事

熱でダウンしてます。

今日は朝から熱を出してダウンしている。 せめて夕方になれば、ちょっと落ち着くと思っていたが、今だに起き上がる気力が無い。 せっかく連続投稿中なので、とりあえず更新しておく。 これは昼間。今は8度くらいまで下がった。明日はどうなる?

    • 連続投稿30日達成

      ようやく取れた。昨日7月16日で30日連続投稿を達成しバッジをいただいた。むしろまだやったんか?とも思ったが過去何度挫折したんだろうか。 次は90日かー。9月だな。取れるかな?

      • 丸亀製麺の親子丼。

        最近の昼メシは丸亀製麺でどんぶりを食べることが多い。 ある時は親子丼。 またある時はカツ丼。 一時期、玉子不足か何かでストップしていたが復活してくれた。 親子丼が490円。かつ丼でも590円。おそらく地域最安値だろう。少しだけ少な目だがそれはしかたなし。この値段なら文句は無い。むしろこの値段で出してくれるほうがありがたい。

        • 子どものボウリング

          今年に入ってから子どもたちとボウリングに行くようになった。 行ってみて気づいたが、割と小さい5~6歳?の子どもを連れてきている親が結構ある。思えばうちの子が小さい頃は公園などは良く行ったがボウリングという発想は無かった。もちろん金がかかるという理由もあるが、そもそも5~6歳の子どもにボウリングなどという発想がでなかった。 今は僕も四男(小1・7歳)を連れて行ってるが、ピンを倒すどころかほとんどがガーターだ。今時のボウリング場はガーター防止柵もあるが、僕は使わない。だけど四

        熱でダウンしてます。

          ミンチとピーマン

          以前ひき肉のことをつぶやいた。 あれからちょくちょくミンチを使うようになったが夏になってピーマンをよく買うようになってきたので、どうしてやろうかと考えていたら、よくよく考えたらピーマンとひき肉ってめっちゃ合うじゃないか。ようやくその事に気が付いた。ピーマンの肉詰めって書いてるのにそんな事も気づけんかったのな。アホみたいな話だ。 さっそく一緒に炒めてみた。そしてあとから気づいたけど、これに玉ねぎ入れても問題なくないか?なんなら卵も。それで結局オムレツ味になるんじゃないのか。

          ミンチとピーマン

          骨付き肉

          僕は普段あまり骨のついた手羽先などの肉を食わないし、ほとんど買うことは無い。唯一年に一度だけクリスマスの日にでっかい骨付きの肉を買うくらいかな。 しかも初めての時こそ自分で焼いたけど、最近は肉屋で焼いてくれたやつを買うようになった。 だが先日、スーパーで割引になっててつい買ってみた。その日はなんも作る気なくてこれ買えば焼くだけで早くすむと思ったんだ。 これ、焼いた写真をツイッターに上げて友達に指摘されて初めて知ったのだけど、手羽先と手羽元って別もんなんだな。知らんかった。

          ひいか

          先日スーパーでひいかを見つけて買ってみた。 見つけたというよりも目に留まったんだな。ひいかはずっと以前からそこにあったんだ。だけど僕の目に入らなかった。この日はなぜか食えるかな?と思ったんだ。 イカ、エビ、タコが僕の目に留まらないのは扱いがわからないのが一つと、もうひとつは長男がエビ嫌いなのでほとんど食卓に上がる事が無くて、なんとなく同類のイカとタコもあまり使おうと思わなかったんだ。 だけど最近はエビも使うようになって、いろいろ見えてきたからかなと思う。 さてひいか。

          重ね煮ベーコンバター

          先日の夕食 しいたまにんじんの重ね煮にベーコンを重ねてみた。 それもフライパン(グリーンパン)で。 しめじ、たまねぎ、にんじんを重ねてその上にベーコンの重ね煮。 火が通ったところで天地返しをしてバターを投入。 バターが溶けたら出来上がり。 見た目はいまいちだが味は良かった。 重ね煮を応用するとなんでもできる。重ね煮ばんざい。

          重ね煮ベーコンバター

          夕立。そして夏のはじまり。

          昨日の帰り道。16時半すぎたころから突然空が真っ暗になり雨が降り出したと思ったら、ものすごい土砂降りになった。 最近は誰もそれを「夕立」とは言わなくなったように思う。 「猛烈な雨」ってなんだよ。まあ一般的にも「豪雨」というのかな。 打水やまだ夕立の足らぬ町 夕立や殺生石のあたりより 夕立や並んでさわぐ馬の尻 夕立や砂に突き立つ青松葉 海原や夕立さわぐ蜑小舟 見てをれば夕立わたる湖水哉 夕立や沖は入日の真帆かた帆 夕立にうたるる鯉のかしらかな 夕立にふりまじりたる李かな

          夕立。そして夏のはじまり。

          上達した料理

          思えばずいぶん料理ができるようになったもんだ。 僕がちゃんと料理をするようになったのは長男が生まれた頃だった。それまでは台所に立つイメージすらできなかった。料理に対してものすごい高い壁があったように思う。 失敗することが怖かった。失敗したら食材が全部無駄になると思い込んでいた。その背景にはバイト時代に味噌汁を沸騰させたりカレーを焦がしたりした経験があったのだ。飲食店のカレーはデカいずんどうの鍋で作る。味噌汁もずんどうほど無くても50杯とか100杯とか取れるほどのデカい鍋だ

          ひとりでできる社会運動『不買運動』

          僕のSNSのタイムラインには定期的にこんなのが上がってくる。 最近この手の投稿を見ると良い傾向だと思う反面、今さらまだそこ?と思うことがある。気が付けばコロナ以降ずいぶんと「目覚めた」とか「気づいた」と書かれたアカウントが目立つようになった。 そんな人たちががんばって周知してくれている。それも随分と影響を持ったアカウントだったりする。 だが世の中というか、X(ツイッター)を見ていると、みんなヤマザキを買ってスタバにいってマクドを食って、家では味の素を使っている。 なんな

          ひとりでできる社会運動『不買運動』

          『新宿野戦病院』You can?は正しい?

          宮藤官九郎の新作『新宿野戦病院』にハマっている。まだ第1話だというのに、もう3回見た。 Tverって公開されている間にみないと、配信が終了するんだよね。『不適切にもほどがある』でその事を学んだので、もう見れる時にとことん見ることにした。 この回で39分10秒あたり小池栄子が「Emergency trepanation(緊急穿頭)」と言ったのに対し柄本明さんが「You can?」と返す場面がある。「あなたできるのか?」という質問だ。 このセリフにひっかかっている。これって正

          『新宿野戦病院』You can?は正しい?

          パスタ

          最近、家にいる時の昼メシにパスタを作ることが増えた。 カルボナーラが簡単に作れることがわかったからだ。 今までパスタを茹でることは知っていたが、ソース?を作ることをした事がなかった。ミートスパゲティにしろ、赤いやつにしろ。あれ名前なんだっけ?赤いの。喫茶店のモーニングなんかに付け合わせしてあるやつ。 あ、ナポリタンだ。ナポリタン。あれってケチャップかけるだけなのかな?実はいまだに作り方をしらない。 そもそも僕が子どものころに家庭でパスタを食う文化が無かったよな。お店で何

          なすの煮びたし

          昨日の晩メシは素麺。何も作る気がしなかったのだが、とりあえずきゅうりとトマトだけ切って、温泉卵を作ってみたがこれは失敗。いまいち早かったのか熱が足りなかったのか。 もう1品なにかをと思って野菜室を見るとナスがあったので「なすの煮びたし」に挑戦してみた。これも初めて作る。 作り方は白ごはん.comを参考にした。他のレシピはほとんどがレンジを使っていたからだ。うちにレンジは無い。それと僕は料理に一切砂糖は使わないので、砂糖は不使用だ。 ナスを切って水に浸して出汁を作って、茄

          びわの葉チンキ

          最近夜寝てる間に蚊にかまれる。刺されるのか?どっちでも良い。 それがまた指先や指の間を刺すもんだから、たまらなく痒い。 そこでチンキの出番なんだが、今使ってるチンキを僕はずっとどくだみだと思い込んでいたが、どうやらびわの葉だったらしい。 特に深く考えて無かった。ただこうやって書こうとして写真を探したらびわの葉チンキを漬けた時の写真が出てきた。 そんでこれがまた良く効くのだ。 作り方はびわの葉を小さく刻んでビンに詰めてホワイトリカーとかで漬けるだけ。ちゃんと焼酎で漬けたら

          漫画「Artiste(アルティスト)」が面白い。

          今読んでるマンガ「Artiste(アルティスト)」が面白い。 そして今初めてタイトルが「アルティスト」だと知った。 ずっとアーティストだと思い込んでいた。英語じゃなかったんだ。 意味は同じ「芸術家」でいいのか。 アプリで読んでいるので毎日1話ずつ無料で読める。 今46話まで読んで、初めてこの作品のタイトルが「芸術家」である事の意味に気が付いた。 主人公はパリのレストランで働く気弱な性格のジルベール。料理人のマンガなのだが、その料理が「芸術」なんだと思い込んでいた。 いや

          漫画「Artiste(アルティスト)」が面白い。