リーダーの人格教育

リーダーの人格育成は組織にとって大事です。管理職としてあまりにも訓練ができていない人が上司になると、よほどできた部下がいない限り職場全体のモチベーションは不必要に下がります。

別の記事で紹介しましたグライダー人間やブロイラー人間が十分な成長が無いままに責任者として職場に配属されると、もちろん本人が一番不幸ですが、実務の経験不足や昇進したという過剰な自信と自分の無知を隠そうとする見栄によってその職

もっとみる

お金と世代交代

給与設計が変わることになりました。

給与の原資は企業の将来性ですから、右肩上がりの時代ではないこのご時世、致し方ないところです。

が、やはり金額を見ると、現実を突きつけられた感です。

簡単に言うと、いわゆるアラフォーから、緩やかに右肩下がりになっていき、65歳の定年では35歳レベルの給与体系になるそうです。

現実はアラフォーどころか、アラフィフ以上の高年齢層が多くを占めている古い組織です。

もっとみる
お時間使って読んで下さりありがとうございます。
1

おれは、都立高学校図書館の民間委託で偽装請負がどうとかいう話を聞いて、平成を思い出した結果、デカい企業へのヘイトをもっともらしく述べることにエネルギーを使ってしまう。

気がついたら、ネタにかこつけて持論をぶちまけてしまっているおじさん。

都立高図書館、民間委託の実態は

■かなりくどくどと書かれているが、要するに学校図書館の民間委託の実態を見たところ、学校側が供給された労働者に対して、直接指示を行っているなどのことがあり、過去に一度労働局より指摘を受けていたらしい。二度目の調査では違法行為は指摘されなかったようだが、問題は山積みだ、的な話である。

■自治体の

もっとみる
スイマセン!スイマセン!
3

指示待ち族を造るのは上司です

管理職同士の雑談を聞いてますと、『今の若者は指示待ち族が多くて困っている』という一方的な内容を聞く事がありますが、そのような人に育てた管理職側の責任が大きいものです。そうならない為に注意すべき事項について述べてみます。

指示待ち族

これは主にコミュニケーション技術と上司の人格による問題が大きいですが、指示待ち族にならせない ためには次の点に注意を置く事が必要です。
1) 自分の意見を折に触れて

もっとみる

緊張感なさすぎ?ホワイトすぎるホワイト企業にいるが故の葛藤

うちの会社はホワイトすぎるホワイト企業です。

サービス残業は罰せられ、年間120日を超える休日があり、有休は消化しないと厳しく指導されます。

給与水準も日本の平均よりは高い位置にあります。

しかしこれ以上にホワイトすぎる仕組みによって、緊張感を失った管理職は会社の利益よりも個人の利益を優先して意思決定するようになっています。

時折書く『大企業の闇』シリーズです。

2月に行われた会議

もっとみる
読んでくれた上にスキまでありがとうございます!
62

意思決定するならメリットだけじゃなくデメリットも探そう!

何か新しいもの・便利なものを知ったとき。

そのメリットだけを見て、デメリットについて考えずに意思決定をしようとする人が結構います。

特に入社したての新入社員の方には多く見られるような気がします。

当然デメリットについても十分考える必要がありますし、新しいことを始めるために必要な手間や費用であるチェンジングコストも考慮に入れなければいけません。

相談を持ち掛けてくれたAさん

普段は製造業に

もっとみる
読んでくれた上にスキまでありがとうございます!
43

苦手だからという理由で問題を放置した隣の課長に伝えたい事

会社活動は競合他社とのチーム戦です。

だから自分ができない問題がある場合は助けを求めればいいわけです。

一番まずいのは問題を放置してしまうことです。

助けを求めることも大事ですが、それ以上に助けを求められる側になれるように日々成長することも大事です。

今日の記事では一番まずい例として隣の課のK課長の例を紹介します。

がっかりした社員を見つけた時にたまに記事にする『大企業の闇シリーズ』です

もっとみる
読んでくれた上にスキまでありがとうございます!
54

noteネタ、作戦会議

art. #3 / 2100 words (2 min.)

1年間、毎日noteを更新します。2021年3月4日〜2022年3月3日です。

今日で3日目。(果てしない道)

はじめに

どういうネタを書いていこうか、ひとりで作戦会議をしようととしたとき、「あ、せっかくだからその過程もnoteに残そう」ということでやっております。(一方的に尊敬している竹村さんがやっているやつ)

ちなみに、今回

もっとみる
いやーん\(^o^)/
6

戦略的社内ニートは「やってる感」を追求する

戦略的社内ニートは、「やってる感」に敏感であれ。

この記事は、こんな人にオススメです。

・戦略的に仕事へ取り組もうとしているが、上司が障害になってしまう
・「場当たり的」な上司の考えが理解できない
・会社の「事なかれ主義」にモヤモヤしている

■戦略的社内ニートは、「やってる感」に敏感であれ

以前、戦略的社内ニートは「表面的な問題よりも、根本的な問題に取り組む」という話をしました。

しかし

もっとみる

マインドマップ作成の実践的ポイント紹介!手書きとPCどっちが正解?

アイディア出しで『マインドマップを作るときには絶対PCソフトで作るべきだ』と考える僕ですが、アイディア出しのスタートは99%手書きで始めます。

結論として基本は手書き。

その後目的応じてPCでマインドマップを作ります。

その理由と具体例をここから書き始めます。

マインドマップを取り上げた背景

普段は製造業に属する企業の新米課長としての気づきや、経験、考察、組織を変えるための苦悩についてn

もっとみる
読んでくれた上にスキまでありがとうございます!
50