Yuki Omori

米農家⇄ホラクラシーファシリテーター。京都⇄伊賀⇄大阪の多拠点生活| ティール組織をテーマに国内・海外文献の研究・リサーチ| NPO法人場とつながりラボhome's vi(http://homes-vi.org)| 一般社団法人くじら雲(放課後等デイサービス)
    • ゼロから始める伊賀の米づくり〜新米兼業農家の記録〜

      • 29本

      2020年1月、三重県伊賀市の父の実家の田を継ぐことになった男の米作り1年目からの記録です。京都⇄伊賀の二拠点生活を送っている筆者が、家族の思い、地域の信頼に応えるべく、自然のままならなさと共に歩む米作りの備忘録。よろしければ、ご覧ください。

    • 山と海の繋がりを学ぶ屋久島の旅〜新米米農家の土中環境探訪〜

      • 3本

      実家の米農家を継ぎ、仲間たちと自然の循環を大切にする村づくりに取り組んできた中で実現した、今回の屋久島の旅。標高2000メートル近くの山と海、それらを繋ぐ川が生み出す豊かな生態系と自然の循環を体感する旅の記録です。

    • 建築一家×兼業農家を継いで始めたモバイルハウス🚚制作

      • 5本

      父の病死をきっかけに兼業の米農家と、建具屋の曽祖父、大工の祖父、建築士の父という家のDNAを継ぐと決めた結果生まれた『米の移動販売車兼モバイルタイニーハウス作りプロジェクト』。その制作過程を記録として残していきたいと思います🚚

    • 自然農法×バケツで始める米づくり

      • 7本

      兼業米農家の著者が、ひょんなことから『ハッピーヒル 』というお米の種籾を分けていただき、自然農法的に、かつ、バケツ栽培で育ててみることにしました。 ハッピーヒルとは、不耕起・無肥料・無農薬で作物を育てる『自然農法』を確立した福岡正信氏が交配、育成したお米の品種のことで、その名の由来は、福岡正信氏の名前から福(=Happy)岡(=Hill)と直訳し、名付けられたそうです。 このハッピーヒル と向き合うことで学んだこれからの社会・農業・働き方のあり方への可能性についても書いていければと考えています。

    • Open Bookshelf − 公開本棚

      • 22本

      ティール組織という組織経営モデルに魅了され、オランダのホラクラシートレーニングにも参加した私。組織論、コミュニティ、パラダイム、生き方といったテーマで探求した本の読書録をこちらに貯めていきたいと思います。

固定された記事

【読書記録】人が成長するとは、どういうことか 発達志向型能力開発のためのインテグラル・アプローチ

今回の読書記録は、一般社団法人Integral Vision & Practice代表理事である、鈴木規夫さんの最新刊『人が成長するとは、どういうことか 発達志向型能力開発のためのイ…

6か月前

家を継いで始めたモバイルハウス制作:窓・ドアの設置編

父の病死をきっかけに兼業の米農家と、建具屋の曽祖父、大工の祖父、建築士の父という家のDNAを継ぐと決めた結果生まれた『米の移動販売車兼モバイルタイニーハウス作りプ…

3日前

家を継いで始めたモバイルハウス制作:屋根張り・壁張り編

父の病死をきっかけに兼業の米農家と、建具屋の曽祖父、大工の祖父、建築士の父という家のDNAを継ぐと決めた結果生まれた『米の移動販売車兼モバイルタイニーハウス作りプ…

12日前

ゼロから始める実家の米づくり番外編:地域の年番と年末年始

私が米づくりを行っている地元には、未だに「地域の役」というものがしっかり残っています。 集落全体で行う草刈りや清掃活動、公民館の管理は、毎月一度程度の頻度で行わ…

2週間前

ゼロから始める伊賀の米づくり27:冬。農閑期のお手入れ

風が冷たく、強く吹き荒ぶ冬。 9月の初めに収穫を終え、気温も下がり、草木の色合いも黄色や茶色く染まる頃。 農閑期である冬にも、兼業米農家としてはやることがありま…

3週間前

山と海の繋がりを体感する屋久島の旅4.山と海を繋ぐ、水と風

実家の米農家を継ぎ、仲間たちと自然の循環を大切にする村づくりに取り組んできた中で実現した、今回の屋久島の旅。 標高2000メートル近くの山と海、それらを繋ぐ川が生み…

4週間前