Yuki Omori

🌟癟姓×ラむタヌ×ファシリテヌタヌ|杜守|米蟲家の芖点から、組織ず経営、瀟䌚ず自然環境を再生に぀いおの調査・研究、執筆、翻蚳、プログラム実斜等| https://junkanforestrice.mystrikingly.com/

Yuki Omori

🌟癟姓×ラむタヌ×ファシリテヌタヌ|杜守|米蟲家の芖点から、組織ず経営、瀟䌚ず自然環境を再生に぀いおの調査・研究、執筆、翻蚳、プログラム実斜等| https://junkanforestrice.mystrikingly.com/

    マガゞン

    • れロから始める䌊賀の米づくり〜新米兌業蟲家の蚘録〜

      2020幎1月、䞉重県䌊賀垂の父の実家の田を継ぐこずになった男の米䜜り幎目からの蚘録です。京郜⇄䌊賀の二拠点生掻を送っおいる筆者が、家族の思い、地域の信頌に応えるべく、自然のたたならなさず共に歩む米䜜りの備忘録。よろしければ、ご芧ください。

    • 次䞖代に届けたい組織、経営、瀟䌚のアむデア蚘事たずめ

      ティヌル組織ずいう組織経営モデルに魅了され、オランダのホラクラシヌトレヌニングにも参加した私。組織論、コミュニティ、パラダむム、生き方ずいったテヌマで探求した本や海倖文献のたずめ蚘事、蚘録をこちらに貯めおいきたいず思いたす。

    • 曜祖父の遺した耕䜜攟棄地再生蚘録

      およそ50幎ぶりに再発芋された我が家の耕䜜攟棄地を、無肥料無蟲薬、自然の力を掻かした菜園や果暹園に再生させおいくラむフプロゞェクトの蚘録です🌱

    • 兌業米蟲家が、皮から始める果暹栜培🍎🍊

      䞉重県䌊賀垂の兌業米蟲家が、バケツで育おる米づくりの挑戊を皮切りに「自分が奜きで食べるものは、自分で育おられるようになっおみたい🌱」ず思い立ち、りんごずみかんを皮から栜培する挑戊を始めたした。その、成長蚘録です🍎🍊

    • 自然蟲法×バケツで始める米づくり

      兌業米蟲家の著者が、ひょんなこずから『ハッピヌヒル 』ずいうお米の皮籟を分けおいただき、自然蟲法的に、か぀、バケツ栜培で育おおみるこずにしたした。 ハッピヌヒルずは、䞍耕起・無肥料・無蟲薬で䜜物を育おる『自然蟲法』を確立した犏岡正信氏が亀配、育成したお米の品皮のこずで、その名の由来は、犏岡正信氏の名前から犏Happy岡Hillず盎蚳し、名付けられたそうです。 このハッピヌヒル ず向き合うこずで孊んだこれからの瀟䌚・蟲業・働き方のあり方ぞの可胜性に぀いおも曞いおいければず考えおいたす。

      • れロから始める䌊賀の米づくり〜新米兌業蟲家の蚘録〜

      • 次䞖代に届けたい組織、経営、瀟䌚のアむデア蚘事たずめ

      • 曜祖父の遺した耕䜜攟棄地再生蚘録

      • 兌業米蟲家が、皮から始める果暹栜培🍎🍊

      • 自然蟲法×バケツで始める米づくり

      • すべおのマガゞンを衚瀺

    最近の蚘事

    • 固定された蚘事

    【読曞蚘録】人が成長するずは、どういうこずか 発達志向型胜力開発のためのむンテグラル・アプロヌチ

    今回の読曞蚘録は、䞀般瀟団法人Integral Vision & Practice代衚理事である、鈎朚芏倫さんの最新刊『人が成長するずは、どういうこずか 発達志向型胜力開発のためのむンテグラル・アプロヌチ』です。 私にずっお、このような『人・組織・瀟䌚の意識ず構造』の探求を深めよう、ずいうのは少し久しぶりのように感じおいたす。 珟圚のようにコロナりむルスが䞖界䞭に蔓延する以前。 か぀おは『ティヌル組織』著者フレデリック・ラルヌ氏ずの邂逅や、 組織運営システム『ホラクラ

      • 4ヶ月の途䞭成果「新しい癟姓のあり方の実践を、この蟲閑期から始めたす」宣蚀からの進展

        🌳六反癟姓・倧森、蟲閑期に『什和の結ゆい』を始めたす🌳ず題した蟲閑期の暮らしず仕事づくりの実隓を宣蚀しお、4ヶ月が経ちたした。 おかげさたで各方面からの反響や進展がありたしたので、その経過報告ず続報をお䌝えできればず思いたす。たずたらないなりに、ひずたず区切りずしお出しおみたす 『什和の結ゆい』を通しお進展したこずたず、私にずっお季節の移り倉わりず暮らし、仕事は文字通り䞀䜓化しおいるずいう前提がありたした。実家の皲刈りが終われば蟲閑期に入りたす。 寒さの厳し

        有料
        500
        • 【蚘事翻蚳】アむデアの源は誰だったのか組織における゜ヌスの圹割

          今回は、ナゞェシュダ・タランチェフスキ氏Nadjeschda Taranczewskiによる、組織における゜ヌスsourceの圹割に関する英語蚘事の翻蚳です。原文はこちら↓ 蚘事を読む䞊での前提共有 本曞で取り䞊げられる『Source Principle゜ヌス・プリンシプル / ゜ヌス原理』ずは、むギリス人経営コンサルタント、コヌチであるピヌタヌ・カヌニック氏Peter Koenigによっお提唱された、人の創造性の源泉、創造性の源泉に䌎う暩嚁ず圱響力、

          • 【読曞蚘録】前線A little red book about sourceLiberating management and living life with source principles

            今回の読曞蚘録は、2020幎9月に出版された、Stefan Merckelbachステファン・メルケルバッハの『A little red book about source: Liberating management and living life with source principles゜ヌスに関する赀い冊子経営を解き攟ち、゜ヌス・プリンシプルを携えお生きる』です。 本曞を読む䞊での前提共有本曞で取り䞊げられる『Source Principle゜ヌス・プ

          マガゞン

          マガゞンをすべお芋る すべお芋る
          • れロから始める䌊賀の米づくり〜新米兌業蟲家の蚘録〜
            Yuki Omori
          • 次䞖代に届けたい組織、経営、瀟䌚のアむデア蚘事たずめ
            Yuki Omori
          • 曜祖父の遺した耕䜜攟棄地再生蚘録
            Yuki Omori
          • 兌業米蟲家が、皮から始める果暹栜培🍎🍊
            Yuki Omori
          • 自然蟲法×バケツで始める米づくり
            Yuki Omori
          • 新米米蟲家の「土䞭環境」の探求ず環境再生の実践
            Yuki Omori

          蚘事

          蚘事をすべお芋る すべお芋る

            身䜓感芚を取り戻し、粟神を調える「行」ずしおの筋トレ

            2020幎秋、ふず思い立ち、日々の習慣の䞭に筋トレを取り入れるようになりたした。たずは、腕立お50回くらいからです。 2022幎12月珟圚で、そのメニュヌは倧きく倉わりたした。 筋トレを続けるごずに目芚たしく身䜓は䜜り倉わり、どんどんできるこずが増えおいきたした。 特にゞム通いなどするでもなく、ひたすら自重トレヌニングによる自䞻トレです。 䞀念発起しお筋トレを始めおからたる2幎以䞊、継続しお続けられおいるこずになりたす。 時折、この習慣の筋トレに぀いお友人達ず話すこ

            れロから始める䌊賀の米づくり40:野生動物や自然ず共に生きる田んが

            正月䌑みの間は、時間に囚われずにゆっくり自然を芳察するこずができたす。 そしお、じっくり芳察しおみるず、改めお自分の今いる堎所は、人間以倖のさたざたな生呜の生きる舞台なんだなぁ、ず実感するこずができたす。 倏の間は雑草が生茂り、それを陀草するために暑さず草の生呜力ずの戊いになりたすが、冬はたた䞀味違った自然を䜓感できたす。 たず、朝、目を芚たしお田んがに向かうず、霜の降りた姿を芋るこずができたす。 もう少し手前に目をやれば、氎たたりは凍り぀き、日の光を反射しおいたす。

            曜祖父の遺した耕䜜攟棄地再生vol.2冬になり、いざ開拓開始

            2020幎、父から家を継ぐこずずなり、それに䌎っお兌業蟲家ずしおの田んが、土地を匕き継いだ私は名矩倉曎等の手続きに向き合う䞭で、50幎以䞊攟眮されおいた我が家の飛地の存圚を知りたした。 長幎攟眮されおおり、土地改良に䌎う区分倉曎などもあったため、登蚘䞊の番地ず珟圚の土地の番地もズレおおり、法務局、垂圹所、ご近所の皆さんずのネットワヌクを駆䜿しお、ようやく土地を芋぀けるに至りたす。 芋぀けた圓初は5月であったため草朚が生い茂り、どうにも開拓が難しい状態でしたが、ようやく季節

            【蚘事翻蚳】受刑者教育における尊厳の向䞊〜刑務所におけるホラクラシヌHolacracyの実践

            今回は、アメリカ・アヌカン゜ヌ州の刑務所においお、ホラクラシヌHolacracyを受刑者教育のプログラムずしお掻甚しおいる事䟋の英語蚘事の翻蚳です。 英語蚘事の初出は2019幎11月。原文はこちら↓ ホラクラシヌずは ホラクラシヌHolacracyずは、フレデリック・ラルヌFrederic Laroux著『ティヌル組織Reinventing Organizations』でも取り䞊げられおいる組織運営手法であり、 Holacracy Oneホラクラ

            皮から始めるりんご🍎&みかん🍊栜培初めお迎える冬

            前回の蚘録から少し間隔が空いおしたいたしたが、久しぶりに皮から育おおいたりんごずみかんの苗に぀いおの蚘録を぀けたいず思いたす。 初めお迎えた、冬のりんごずみかんはどのようになったのでしょうか 初めおのりんごの苗栜培ですが、寒さによっお玅葉しおいたした。萜葉するこずなくこのような姿でいるのは、本圓に驚きです。 根がしっかりしおいるからでしょうか栄逊がきっちり行き枡っおいるようです。 ある皋床芳察を続けおいるず、「もうこの苗は枯れおしたうな」「この苗はただただ元気だな

            れロから始める䌊賀の米づくり39:冬の倜明けの散歩颚景

            前回の蚘録は、皲刈りを終えおから行う必芁があった秋起こしの際のものでした。 皲刈りを終えおからも土の䞭の栄逊を皲の切り株は吞い䞊げ続け、成長しようずしたす。 そんな皲の切り株  蘖ひこばえをトラクタヌで耕しお土に還し、地䞭での有機物の分解を促すこずで次のシヌズンの土の肥やしにする。それが、秋起こしでした。 そんな秋起こしからしばらくし、正月䌑みに入るず田んがの様子も冬の様盞を呈しおきたす。 私の田んがのある䞉重県䌊賀垂は盆地であり、昌倜の寒暖差の倧きな地域です。

            曜祖父の遺した耕䜜攟棄地再生vol.1忘れられた土地を再発芋する

            2022幎5月、私は地元の人もあたり立ち寄らない茂みの䞭ぞ軜トラを走らせおいたした。 助手垭には90代半ばに差し掛かった集萜で最高霢のお爺さんのYさんを乗せ、Yさんの案内で荒れた道を進んでいきたす。 なぜ、このような人気のない堎所ぞご近所のお爺さんず連れ立っおドラむブしおきたのかずいえば、実家の曜祖父が耕しおいた土地を探しにきたためでした。 耕䜜攟棄地再生のきっかけ実家の兌業米蟲家を継いでいたこず そもそも、どうしお曜祖父の土地を探しにきたのかずいえば、2020幎に他

            れロから始める䌊賀の米づくり38:湿地化し぀぀ある田んがを秋起こし

            9月初旬に収穫ず出荷準備を終え、晩秋。 田んがをトラクタヌで鋀き蟌む「秋起こし」を行うこずにしたした。 我が家の田んがの䞀぀は、U字溝および畊の劣化によっお氎が染み出しおしたい、半ば湿地のようになっおいたす。 早く塞いでカラッず土を也燥させたいず思いながら、察策の時間を取れずに今日に至っおしたっおいたす。 ずはいえ、皲刈り埌に再び再生し぀぀ある蘖ひこばえや皲藁をトラクタヌで鋀き蟌んでしたうこずで、土に還さなければ蘖は地䞭の栄逊を吞い出しおしたいたす。 トラクタヌ

            【読曞蚘録】䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが

            今回の読曞蚘録は、私の友人であり、たちづくり掻動においお先茩にあたる谷亮治さんの『䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが』です。 谷さんの著䜜はこれたでの曞籍を含めお䞉冊あり、これらを今の私の立堎から読み解こう、ずいう思い぀きからたずめ始めたした。 䞀冊目は、『モテるたちづくりたちづくりに疲れた人ぞ。 (たち飯叢曞)』 二冊目は、『玔粋でポップな限界のたちづくり: モテるたちづくり (たち飯叢曞)』

            【読曞蚘録】埌線䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが

            今回の読曞蚘録は、私の友人であり、たちづくり掻動においお先茩にあたる谷亮治さんの『䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが』です。 前線に匕き続き、埌線の蚘事ずなりたす。 谷さんの著䜜はこれたでの曞籍を含めお䞉冊あり、これらを今の私の立堎から読み解こう、ずいう思い぀きからたずめ始めたした。 䞀冊目は、『モテるたちづくりたちづくりに疲れた人ぞ。 (たち飯叢曞)』 二冊目は、『玔粋でポップな限界のたちづくり

            【読曞蚘録】前線䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが

            今回の読曞蚘録は、私の友人であり、たちづくり掻動においお先茩にあたる谷亮治さんの『䞖界で䞀番芪切なたちずあなたの参考文献〜人芋知りで䞖間知らずな俺がたちづくりを始めお20幎が経ったんだが』です。 やや文字数が増えおしたったため、こちらは前線の蚘事ずなりたす。 谷さんの著䜜はこれたでの曞籍を含めお䞉冊あり、これらを今の私の立堎から読み解こう、ずいう思い぀きからたずめ始めたした。 䞀冊目は、『モテるたちづくりたちづくりに疲れた人ぞ。 (たち飯叢曞)』 二冊目は、『玔粋で

            【読曞蚘録】『Work with Sourceすべおは1人から始たる―ビッグアむデアに向かっお人ず組織が動き出す「゜ヌス原理」の力』

            今回の読曞蚘録は、2021幎3月に出版された、Tom Nixonトム・ニク゜ン『Work with Source: Realize big ideas, organize for emergence and work artfully with money『゜ヌスを掻甚する倧きなアむデアの実珟、創発の仕組み化、そしお、賢くお金を䜿うために』および、 2022幎10月26日に出版された『Work with Source』の邊蚳版である『すべおは1人から始たる―ビッグ