ao 50代からのミライ

※水土投稿/ 一級建築士・宅建士・シングルマザー・ラン愛好者/50代からのリセット&リ…

ao 50代からのミライ

※水土投稿/ 一級建築士・宅建士・シングルマザー・ラン愛好者/50代からのリセット&リスタートをテーマに活動中!/ ●運動習慣コミュニティ●50代からの未来相談●女性専門不動産/ 詳しくはプロフィール⇒https://note.com/ao_50s/n/nf33d6455984d

メンバーシップに加入する

もし50代(くらい)が気持ちよく住めるシェアハウスがあったら。。 現状、シェアハウスは若い人が主流です。 私たちオトナの住むシェアハウスがあってもいい! 若くはないけど、まだ人生半分ある私たちが、楽しく暮らせるシェアハウスを実現するためのメンバーシップです。 ※年齢制限は目安40~60代です。 ※note発信されていて、プライバシー上知られたくない方は、別アカウントでご参加ください。

  • シェアハウスにいつか住みたいプラン

    ¥100 / 月

マガジン

  • note予備校~トランスミッション~

    • 114,328本

    とらねこが運営する共同マガジン。グループ合計で参加者1,100名を超えました。フォロワ数2000名以上、120,000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加をお待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • 人や暮らしのこと

    「個の時代」だからこそ焦点を当てたい、一人一人の人生・暮らしについて書いています。

  • マインド

    50代からをどう生きる?をテーマに感じたことを書いています。

  • 旅・ソロ活

    旅で出会った風景やできごと、感じたこと。ソロ活にもおススメです。

  • ラン・運動・健康

    完全運動音痴からフルマラソンが走れるまで。ランで人生が変わった話。50代からの体づくりについても書いています。

最近の記事

  • 固定された記事

インタビュー掲載頂きました

今日はお知らせです。 WEBマガジンにて、インタビュー掲載頂きました! Re・rise News【美しい時代をつくる人たち】 思いのたけを「ぶちまけ」させて頂いています。 是非ご覧ください! ※「50代からの未来をつくる」サービスを展開中 50代からの未来をつくる運動習慣コミュニティ 50代からの未来の相談相手 人生後半 心地よい住まい探し「女性専門不動産仲介」

    • ちゃんとしないと生きていけない?

      address生活を始めて、少しずつ人との出会いが増えています。 私もちょっとだけ、コツがわかってきました。 自分から話しかけてみると、チャンスは広がります。 何でも、経験ですね。 そこで感じたことを書いてみたいと思います。 理解できない ある日の、娘からのラインです。 私が出たマンションには、娘と娘の彼(結婚未定)が暮らし始めています。 「おばあちゃんに久しぶりに電話したら、 結婚もしていないのに(彼と)一緒に住むなんてどういうことだ! って怒ってた。」 私の母は

      • 人は人で癒される

        address生活を始めて一週間。 あるシェアハウスに泊まりました。 そこで感じたことを書いてみたいと思います。 誰にも会わずに一週間 addressは戸建てやシェアハウスやゲストハウス、旅館などと提携しています。 addressは「コミュニティ推し」だと思うのですが、 はじめてみたら、思いのほか人に会えません。 シェアハウスの住人や、他のアドレス利用者は「居ることは居る」。 しかし、話のきっかけって難しいですよね。 お互い遠慮するということもあるし、 話しかけてみ

        • こんな話が聞きたかった

          アドレスホッピングの目的は、 いろいろな場所に行き、いろいろな人に出会うこと。 しかし正直をいうと、現時点で、 addressの家守さんには、まだ一度も会えていません。 シェアハウスと提携しているaddressでも、 他の住人と会うことはあまりありません。 夜遅くに、寝に帰るだけの人が多いようです。 そんな中、、 「引き寄せ」? こんな話が聞きたかった! 線路を外れることが許されなかった時代 50代のシェアハウス住まい 20室くらいのシェアハウスでのことです。 シェ

        • 固定された記事

        インタビュー掲載頂きました

        マガジン

        • note予備校~トランスミッション~
          114,328本
        • 人や暮らしのこと
          92本
        • マインド
          136本
        • 旅・ソロ活
          36本
        • ラン・運動・健康
          83本
        • 50代からのリスタート
          9本

        メンバーシップ

        • 若い人と50代のシェアハウスは違う?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • シェアハウスの清潔感、どこまで?①

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • シェアハウス潜入生活の準備をしています

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • あけましておめでとうございます

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 若い人と50代のシェアハウスは違う?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • シェアハウスの清潔感、どこまで?①

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • シェアハウス潜入生活の準備をしています

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • あけましておめでとうございます

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          「住まい」とコミュニティ:北欧の住まい【後編】

          「シェアハウスにいつか住みたいプラン」に参加すると最後まで読めます

          今回は北欧の、人が集まることで実現した「暮らし」に焦点を当て、 書いてみたいと思います。 「コミュニティ」の良さって? コーポラティブハウスの価値の一つが「コミュニティ」です。 この価値は、住んでみないとわからないんですよね。 「コーポラティブハウス」がいまいち普及しない理由も、 そこにあるのかな(-_-;) 「コミュニティ」という言葉に、抵抗がありますか(笑)? 「たまたま隣に居合わせた人と仲良くなる」って無理ですよね。 仲良くなるか、その深度も「ひとによる」。

          有料
          100

          「住まい」とコミュニティ:北欧の住まい【後編】

          「住まい」とコミュニティ:北欧の住まい【前編】

          「シェアハウスにいつか住みたいプラン」に参加すると最後まで読めます

          「個」の時代に「長く」生きるには、 セルフマネジメントが必要と思います。 でも、それだけでは足りないと思います。 大切なこと=「人との関わり」です。 「人との関わり」を、 家族、友人、職場などだけではなく、 「住む」という面から考えてみてはどうでしょう? こちらで、住宅における「コミュニティ」の話に触れました。 日本では「家」って、「資産」面を重視しますよね。 不動産というとお金の匂いがする(笑)。。 北欧は、「暮らし」重視です。 今日は北欧の「住宅」と「コミュニ

          有料
          100

          「住まい」とコミュニティ:北欧の住まい【前編】

        記事

          信州はランにサイコーの場所【後編】:旅&ラン 諏訪

          addressを利用しての信州の旅。 諏訪湖周辺へ行ってきました。 諏訪湖の周りの観光スポットは少し離れていて、 公共交通機関で回るのは大変そうです。 でも、脚があれば大丈夫! レポートしたいと思います。 諏訪湖 諏訪湖とは ぐるりとサイクリングロード(もちろんランもOK)が整備されています。 穏やかな風景です。 風は気持ちいいですが、日差しは刺すように強いです。 日影がほとんど無いので、日焼けにはご注意を。 諏訪大社 諏訪湖と言えば諏訪大社ですよね。 諏訪大

          信州はランにサイコーの場所【後編】:旅&ラン 諏訪

          信州はランにサイコーの場所【前編】:旅&ラン 松本

          一週間ほど、addressを利用しながら、 信州へ行ってきました。 信州は、ランにサイコーの場所でした。 広い空 背後を彩る山 昔ながらの田園風景 いたるところを流れる清流 山から下りてくる冷たい空気 信州は、派手な観光スポットがたくさんあるわけではありません。 「点」で楽しもうとすると、ちょっと物足りないかもしれません。 ランは「線」で楽しめます! 紹介したいと思います。 信州スカイパーク 「信州まつもと空港」の周りに、 1周10kmのウォーキング(もちろんランも

          信州はランにサイコーの場所【前編】:旅&ラン 松本

          人は「慣れ」の生きもの

          あたり前の生活に慣れ切っていると、変化に適応できません。 心も生活も閉じていきがちな人生後半。 その前に「あたり前」を揺さぶってみる! アドレスホッピングにトライしています。 移動生活は、生活の仕方が、 今までとがらっと変わることになります。 私たちは普段、どんなことに慣れているのか。 アドレスホッピングでは、何をどう変えることになるのか。 書いてみたいと思います。 快適さ 自分の家って、自分の思い通りになりますよね。 人にとってどうかは別として、 自分にとっては「

          人は「慣れ」の生きもの

          「家」じゃない居場所を持つということ

          いろいろなところへ出かけて、いろいろな人に出会う。 50代からを生きるヒントは、 自分をオープンにすること。 自分の空気を入れ替え続けること。 「家」から生活を変える。 建築士の私が、チャレンジしたいと思いました。 しかし、そう簡単ではありませんね。 家は、人間の最も保守的な部分ですから。 addressでアドレスホッピングを始めて4日目。 つづってみたいと思います。 帰る場所があるということ あなたは旅行は好きですか? 「好き」と答えた方。 では、一生旅行をし続

          「家」じゃない居場所を持つということ

          アドレスホッピング始まりました!

          先日私は、20年間暮らしていたマンションを出ました。 娘が4歳の時に離婚して以来、二人で暮らしてきました。 娘は25歳になり、初めて離れて暮らすことになります。 そこで感じたことを書いてみたいと思います。 引っ越しの日 引っ越しまでは、怒涛の日々でした。 片付け 移動生活の荷物のまとめ 娘への申し送り事項のまとめ 私が出た後、マンションには娘と娘の彼M君(結婚未定)が住みます。 M君が引っ越してくる当日は、朝から掃除をしました。 娘は、私が言わなければ、掃除しなかった

          アドレスホッピング始まりました!

          みんなが「同じ景色」を見られた時代

          「あの頃はよかった」 そう思うことはありますか? あなたの「あの頃」はいつですか? 今日は、私の「あの頃」について書いてみたいと思います。 みんな一緒にテレビをみていた 小学生までの私。 可もなく不可もなく、田舎で過ごしました。 母は料理が上手で、いろいろなものを作ってくれました。 「リカちゃん人形」にどっぷりはまり、 来る日も来る日もリカちゃんと遊んでいました。 思春期は、父と母の不仲、父との確執、母の兄への期待と、 複雑だった気がします。 小学校5年生の頃に初

          みんなが「同じ景色」を見られた時代

          50代からの人生に:「新しい旅」のススメ

          私はもうすぐ、娘と二人で暮らしていた家を出て、 アドレスホッピング生活をスタートします。 ただいま、準備の真っ最中です。 仕事の合間に、 片付け 公共料金の支払いの切替え 家についての、娘への申し送り事項のまとめ。 滞在先の予約や移動手段の確認 歯の治療や予約済みのライブなどのスケジューリング。 私の後には、娘の彼が引っ越してきます。 少しは掃除もしておかなきゃね(-_-;) 忙しいです。 そんな中、ふと感じたことを書いてみたいと思います。 スーパーで 先日、同

          50代からの人生に:「新しい旅」のススメ

          欲しかったものを手放した先に

          私は、もうすぐ「家を出る」予定です。 アドレスホッピング生活をスタートします! ここに暮らす必要はもう無い 私は今、社会人3年目の娘と二人で暮らしています。 昨年の夏あたりから、娘がそろそろ家を出たいという話をしていました。 今まで、娘との生活を守ることに必死だったけれど、 その役割はほんとうに終わる。 私もここで暮らす必要は、もう無いんだな。 一人で住むにはもったいないし。。 結果、、 今のマンションには娘と彼(結婚は未定)が住むことになりました。 二人から徴収する

          欲しかったものを手放した先に

          「少子化対策」に一番効果があるのは「夫婦別姓」

          政治的なことはあまり書かないことにしています。 けれど、これは言っておきたいな。 「夫婦別姓」早くしろ!! ちょー面倒くさい 私は25歳で結婚し、35歳で離婚しました。 今の「姓」は、結婚していた時の姓です。 なぜ元に戻さなかったか。 離婚した時、娘は3歳でした。 名前はその人の固有名詞であり、アイデンティティです。 ある日、親の都合で変わる。 どうなんだろう、と。 娘が私と世帯が別になり、 私が名実ともに「ひとり」になったら、 死ぬまでには姓を変えておきたいです。

          「少子化対策」に一番効果があるのは「夫婦別姓」

          家電の買い替えは、あと何回来るんだろう

          最近立て続けに迎えている「家電の寿命」。 そこで思ったことを書いてみたいと思います。 ぼろ家キリなし 前回、実家に帰省していたときのことです。 私の母は86歳で、青森で一人暮らしをしています。 私が洗濯物を干しているところへ、母が来ました。 「また嫌なことがあった。」 手にはフックのようなものを持っていました。 「?」 ハンガーを引っ掛けようとしたら取れた。 プラスチックが腐っています。 「この間も電灯の調子が悪かったし。」 少し前にもテレビが壊れ、買い換えました。

          家電の買い替えは、あと何回来るんだろう

          昭和に癒された夜

          先日友人と新宿で飲み、昭和へタイムスリップしました。 その時に感じたことを書いてみたいと思います。 今も健在、ゴールデン街 新宿でご飯を食べたあと、 「二軒目どうする?」 「ゴールデン街、行ってみる?」 皆さん、ゴールデン街という名前は聞いたことがあると思います。 行ったことはありますか? 私は東京に30年くらい住んでいますが、 行ったのは今回が初めてでした。 ゴールデン街とは 1950年頃に現在の場所へ移転したそうですから、 もう70年以上経つのですね。 ゴール

          昭和に癒された夜

          何かと出会ったときの「やってみよう」で、人生が変わる

          先日友人二人とお酒を飲みました。 また、私は毎週一回ランニング会に行っています。 ランニング会では、20代から80代まで、 一緒に練習をしています。 二つのことで、思ったことを書いてみたいと思います。 50代の話題 お酒を飲んだ二人は、古くからの友人で同い年です。 今回に限らず、50代の話題は、、 子どもの巣立ち。 私を入れて三人ともに、子ども達は20代です。 最近、子どもが結婚や同棲で「家を出た」「もうすぐ出る」 ということが続いています。 おそらく、もう二度

          何かと出会ったときの「やってみよう」で、人生が変わる