オススメ記事になった。家族や知人には知らせた。
書いた本人に実感がわかない。でも、誰かの心を揺さぶったことは事実。息子に贈ったプレゼントが回り回って、書いた私にプレゼントとして戻ってきた。

ありがとうございます! すごく嬉しいです。小躍りしております
2

緒方貞子さんの実績っていろんな人に響いてるんやなぁ。すごい人やねんなぁ。そりゃ、母方のおばあちゃんが妹の命名候補の1つを「貞子」にしたがるわ。お母さんから却下されたけど。

息子へ初めて贈ったもの。

十数年前、私の息子が生まれました。
 親になった私達夫婦が彼に最初にプレゼントしたものは「名前」です。
 様々な経緯があって、最終的に「ゆたか」という名前を贈りました。

 命名の漢字は私と妻が息子に「こうあってほしい」という字を一つずつ出し合って、私が画数の本と首っ引きで良い画数の漢字を選んでつなぎ合わせ、いくつかの候補から二人で話し合って決めたのです。

 さて、漢字は決まりましたが、読みはど

もっとみる
ありがとうございます! すごく嬉しいです。小躍りしております
57

育休旦那と子供の命名方法

子供の名付けには迷うものだ。名前は一生を左右すると言っても過言ではない。けれども実は育休旦那では特に悩んだり困ったりはしていない。何故かというと新しい製品やサービスを考案する時の命名法を応用したからだ。ビジネスの世界で用いられる科学的な手法の応用であるが故に風水や運命といった類のものは一切登場しないため、オカルト嫌いの皆様も安心して読み進めていただければ幸いだ。

名前は三つの立場から

 命名手

もっとみる
励みになります!
52

即脳内変換・「下着、新しいのに替えてきました」20.10.27

「@」で、はたしてエロシーン・エロゼリフが書けるのかと思われるのかもしれませんが

ゲームのシナリオのシーンが多すぎて(書いても書いても終わらなくて)

それどころではなかった。

不思議なもので、「@」と表示しただけで脳内では「亘武」と変換されるように。

今日、下着を変えてみた。
ヒートテックをノーマル(?)からエクストラに。いわゆる極暖。

ヒートテックが出始めの頃には、これだけでも薄くて軽

もっとみる
見つけてくれて、ありがとう
1

@ 20.10.26

自キャラの名前の決め方について。

基本的には、「難読でなく平易に読めつつ、どこか引っかかりのある名前」を心掛けている。
たとえば勘解由小路《かでのこうじ・日本最長の名字とされる》とかだと、読者が読めないであろうこともさることながら、コンビニのバイトの名前にはやはり不釣り合いだろう。ギャップが目的でなければ。

その上で、何よりも他人とかぶらないようにしている。

たとえば、安岡大吾。
「安岡」も

もっとみる
さすがお目が高い!
4

赤ちゃんの名付け おすすめの画数とは?

こんにちは。赤ちゃんの名付けのリーディングをしている喬泉です。今回はご依頼くださる皆様からよくいただく「悩み」について書きたいと思います。

赤ちゃんの名付け・命名では画数が大事だという話を聞いたことがあるでしょうし、本屋さんには赤ちゃんの画数に関する辞典といった本が並んでいます。赤ちゃんの名付けにおいて画数はとても重要です。

「どの画数が良いのか」
「おすすめの画数を知りたい」
「画数にあわせ

もっとみる

長女の名前に込めた思い

長女の名前は初めての子供ということもあって、結構な長い時間をかけて考えた

しかしあるとき、ある洋画の出演者を見て、これからはグローバル化が進む時代だから、海外でも親しみのある名前にしようと、その出演者の名前の一部をとって名前にした

この名前なら呼ぶときに呼びやすくなる二文字の『○○』と呼んでもらえるし、自分で言うのもなんだが、すごい、いい名前だなと思った、実際、周りからも評判が良かった

そん

もっとみる
ありがとうございます✨元気をお裾分けします🙇‍♂️
22

『個人の名前』も『分類』の一部なんですよ 『野生の思考』第6章より

『野生の思考』第6章 普遍化と特殊化

この章では
前章までで述べられた
『世界の構造』に
疑問が投げかけられる。

どういうことかと言うと

『世界は、対立を何段にも
 重ねてつくられた
 連続体の形で表されている』

という説明に対して

分類の最下段に位置するもの
=「固有名詞」 の「命名」に
上部構造との関係があるか

という問題である。

『野生の思考』P106 に
Gardiner氏の

もっとみる
あなたはとっても良い人ですね!
4

推し論文1:蓑川恵理子「商品名の命名メカニズム」

卒論のテーマ探しのために「週1本は論文を読む」という目標を与えられたのですが、四週間に一回の発表以外ではチェックされるわけでもなく、このままじゃさぼりそうなので、自己満足の論文の記録をすることにしました。

言語学専攻以外の人からしたらなんじゃこらって感じかもですが、意外と言語学って勉強してない人でもわかることが多いんで、もし気になったら読んでみてください。ネットで読めるものもあります。

今回は

もっとみる