「初対面の人が信用できない...」大丈夫、安心してください!

こんにちは!
元人見知りコミュ障だったなおきです!

「信頼できる人が見つからない...」
このような経験ありませんか??

そして、
「自分だけだ...」
「運が悪いからだ…」
こう考えてはいませんか??

実は、
「信頼できる人が見つからない...」
というのは当たり前のことなんです!

あなただけでもありませんし、
運も関係ありません!!

初対面で出会った瞬間に
信頼できる人というのは、

もっとみる

KATSUMIXが直感を信じる時

情報を浴びるようにインプットした後の直感は信じるに値する

若い頃は自分の直感を信じることが出来なかった。
経験も浅く判断力もない自分の直感はあてにならないと思っていた。
これは何か物を買う時もそうだし、何処かへ行く時にもそうだった。

本を1冊買うにしても、迷いに迷って1か月たっても、まだ欲しいと思ったら、本当に欲しい本と断定してやっと購入。6カ月以上迷った本もある。

私は人見知りで、警戒心が

もっとみる
小吉とはバランス感覚に優れている。バランス良いコメントお願いします😊
5

人見知りしなくなった話。

私は人見知りではなく、かといって社交的でもありません。
ですが、高校2年に上がるまでは人見知りでした。

自分からは話しかけず、特に男性の前では固まったまま。たとえそれが先生や友達の父親であっても、緊張して何も話せませんでした。
知らない人だらけの空間は苦痛だったし、せっかく選ばれたソフトボール選抜のときも周りに馴染めなかったです。

うまく話せず、おどおどしてしまう自分が嫌いでした。

そんな私

もっとみる
めちゃくちゃ励みになります。ありがとう。
2

ひきこもりおじいさん#62 人見知り

目の前のテーブルの上には、ついさっき運ばれてきたばかりのコーヒーや紅茶のカップが置かれ、ゆらゆらと湯気を立ち昇っている。八重子の何でも見透かすような透徹した眼に見つめられると、隆史は思わず身体が硬直したような錯覚をして言葉が出なかった。その場には周囲の喧騒とは対照的に静かな沈黙が広がっている。
「 あの、お孫さん、純さんは高校生なんですか?」
沈黙を破るように大澤が八重子に言った。
「ええ、そう

もっとみる
嬉しいです!
1

人見知りとインナーチャイルド

今日は、人見知りとインナーチャイルドの関係について、わたしの考えを書いていこうと思います。

人見知りとは何か? 辞書には次のように記してあります。

「見知らぬ人にはにかみを見せ、又、恐れること」(新潮現代国語辞典)

はにかみとは、恥ずかしそうな表情を見せること。

つまり、知らない人に会ったり話したりすることに、恥ずかしさや恐れを感じている状況を人見知りといいます。

実は、わたしも重度の人

もっとみる
わぁい(^^♪
6

私、保育関連の仕事してる割に、全然人見知り治らないなあって思ってる…汗
子どもたちはリアクションが素直だから私も自然に関われるけど、仕事から離れちゃうとほんと殻に閉じ籠っちゃうように心を閉じてしまう

まあ、これが私の守り方なのかな
どんな時でも同じ態度のさかなクンすぎょい。

ありがとうございます😌

大切なことは、いつも言葉の外にある

我が家には小5男・小4女・年長男の3人の子供がいる。

3人の子供たちはみんな、程度の差こそあれ、人見知りでおとなしい。授業中手をあげることもないし、自分から知らない子に話しかけたり、積極的に新しい友達を作ろうとすることもない。

特に長男は、小さい頃から引っ込み思案だった。幼稚園の頃、係の用事で保育時間中に幼稚園を訪れた時のこと。ちょうど自由遊びの時間で、長男がポツンと1人で歩いていたのを見かけ

もっとみる

たった今の話します。

会社にやめて独立する旨を伝えました。

「まだ早い」
「お前には無理だ」
「絶対に失敗する」
「半年持たない」
死ぬほど引き止められる理由も分かります。

俺も今の会社は最高に楽しい
結果も充分に出てる。

足つくプールは安心するし楽ですよね

クソ程分かる

けど慣れに自分を置くのは
思考停止の始まりだと考えてます。

こっちの方が怖い、目に見えない。
だらだらしてる実感も無くなってしまう。

もっとみる

人見知り②

なぜ急に人見知りのことを思い出したのか。

私は変化を嫌っている?

最近、変化の時代だと言われている。そして、人間は本質的に変化を嫌い、知らないものを恐がり、否定する性質があるとも。

私も変化を嫌い、知らないものを恐れるところがあったなぁと考えていたら、人見知りにたどり着いた。

知らない人が苦手。

人見知りは甘えだ、という人がいる。様々な価値観と出会い、自分を変化させなければ生き残れない、

もっとみる
とっても嬉しいです
7

短歌(ひとみしり)

老若男女犬猫赤子のへだてなく敬意を払いひとみしりする

見られてるから見れないが見られずにいれば見れるという見栄はある

これ以上ご覧になれずに縦横の繊維の森へ飛び込むEarth

誰もいない世界になったらアイドルになってブランコ立ちこぎをする