不良姿勢

胸郭出口症候群

首から出ている神経が首や胸の筋肉などに圧迫されて腕や手に痺れや痛みの症状を出します

腕神経叢や鎖骨下動脈・静脈が胸郭の鎖骨や肋骨や斜角筋や小胸筋などに圧迫や牽引の力が加わり痛みやしびれの症状が現れます

4つのタイプがあり
斜角筋・過外転・頚肋・肋鎖症候群があり、斜角筋が問題になっているか、小胸筋が問題か、鎖骨・肋骨部で問題が起きている別れる

症状

頚・肩・背中の硬結や凝り、肩・腕・手にかけ

もっとみる

伸展型腰痛の治療

筋緊張の改善

滑走不全を起こしている筋や筋膜へ対処することで筋滑走性と筋緊張の改善を狙う。

腰痛患者の胸腰筋膜は肥厚し、さらにその滑走性が有意に低下している。

つまり、胸腰筋膜や隣接筋膜に対する滑走性と筋緊張改善のアプローチは、疼痛軽減や可動性改善に対して有用である。

脊椎の分節的安定化に寄与する体幹深部筋は浅層筋の過剰な代償活動によって抑制される。

つまり、浅層筋へのアプローチは体幹安

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!他の内容もぜひ見てみてください!
5

伸展型腰痛の評価

腰椎伸展時痛

腰椎伸展時痛は、神経根症状の有無にかかわらず、腰痛患者の中で2番目に多い。加齢などの退行変性変化により椎間板厚が減少し、椎間関節へのメカニカルストレスが増加、椎間関節の変形・変性へと誘導される。これが加齢と共に椎間板由来から椎間関節由来へ腰痛の原因が移行する過程となる。アライメントのうち腰椎伸展時痛はスウェイバック姿勢や後弯-前弯姿勢に多く、その特徴的所見は胸椎後弯姿勢である。

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!他の内容もぜひ見てみてください!
11

伸展型腰痛の基本的知識

腰痛とは

器質的(構造的)変化を伴う腰痛と
画像検査などによる明らかな病変がなくとも腰痛症を呈する椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛、筋・筋膜性腰痛などに大別される。

伸展時は、腰椎矢状面上の後方回旋と後方への並進運動が起こる。その運動は屈曲時とは異なり靭帯の緊張よりもむしろ上下棘突起同士の衝突あるいは上位椎体の下関節突起と下位椎弓板の衝突によって制限される。

伸展可動域が増加して

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!他の内容もぜひ見てみてください!
2

不良姿勢の評価

脊柱理学療法マネジメント より引用

①後弯-前弯姿勢(kypholordotic posture)

腰仙骨の増加、腰椎前弯、胸椎後弯が増強し、頭部前方変位がみられる。

脊柱起立筋群、腸腰筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋の短縮や過緊張がみられる。また、腹筋群、大殿筋、ハムストリングスの弱化および筋の延長によるインバランスが起こっている。

肥満や腹筋が弱い人に多く、Thomas testは陽性である

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!
3

【不良姿勢】どうしてそうなるの?

全国的に暑い日が
続きましたねー。

こんなに暑かったり
寒かったりすると
お疲れになるのが自律神経。

体温調節がきちんとできるよう
他の機能をはあまり疲れないように
食事や寝不足などないように
穏やかに過ごしましょうね。

さてー!
今日はよく言われる一言!について。

整体をしていると
「わたし姿勢が悪いって言われるんです」
とか
「姿勢が悪いんです」
とか
「気づいたらこん

もっとみる
読んで頂きありがとうございます♩
10

あなたの肩こり、原因は親指かも!

タイトルを見て、『えっ!?』と思った方多いのではないでしょうか。一般的に肩こりになるのは、猫背になる→ 頭が前に出てしまう→ 前に出た頭を支えようと首や肩の筋肉が頑張る→ 首、肩 の筋肉が硬くなる⇒肩こり完成!!となるわけですが、そもそも猫背になる原因はなんでしょう??

骨盤の歪み? 筋力不足? 姿勢不良? どれも間違いではありませんが、猫背の方に共通している事があります!!
それは、手の親指の

もっとみる
スキありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!!
2

仕事終わりにやっておきたいストレッチ3選〜次の日に疲れを残さないために〜

肩に関わるノートを中心に、肩こり解消ストレッチなどをご紹介しています

吉田かずやです。

理学療法士、医学博士、キネシオテーピング認定指導員の資格も保有しています。

理学療法士として、病院やクリニックなどに勤務し、現在は理学療法士の養成校に勤務しています。

教育のかたわら、肩の不調でお悩みの方向けにノートを作成しています。

簡単にできるストレッチなどを紹介していますので、ぜひ実践してみてく

もっとみる