語尾に「ハラ」付ければできる下克上  お題「暴力」(みちなりさん)

2020年11月25日(水)の投稿から。
55人の会員が川柳272句を投稿しました。
14人の会員が七七120句を投稿しました。
9人の会員が短歌43首を投稿しました。
6人の会員が自由律俳句15句を投稿しました。
4人の会員が都々逸31章を投稿しました。
●川柳投稿まるせん https://marusenryu.com/
●七七投稿ナナナナ https://nananana.jp/
●短歌投稿ク

もっとみる
ありがとう!明日の記事もぜひ見てね
2

新しく学んだ情報がどこまで理解出来てるか知る方法【やらないと損】

  情報の多さに手をつけられないでいる人

 『商材を購入したり、セミナーに行ってみたりしたんだけど情報が多すぎて、注意散漫して頭がぷしゅ~。何をどこまで自分が理解出来てるかわからないし、どうしたら情報をうまく使いこなせるのかなぁ。』

 今回は、こんな疑問にお答えします。

 本記事のテーマ 

1.注意散漫な人が沢山の情報をどこまで理解しているかわかりやすく知る方法 
2.具体的なやり方

もっとみる
(*^^*)
4

下手の横好き。

「好きこそ ものの上手なれ」が

ことわざの 王道だとするなら

「下手の横好き」は

ことわざの 裏メニュー 

敢えて "日陰" の暖簾を潜る

脚光を浴びない安心感は

ひっそりと楽しむことに

許可を出す

上手 ・ 完璧という

隙間のない概念に 

揉みくちゃにされて

アイデンティティーが

シワシワになりそうなとき

「下手の横好き」で

アイロンをかける

下手には隙間があるから

もっとみる
スキしてくれてありがとう❣️
19

「放っておいてくれ」と言われた良心は

私はその時大学生だった。当時は大学の講義が終わり、そのままアルバイトへ赴き、22時半前に退勤し、23時過ぎに帰宅しそのまま晩飯、シャワー、就寝というような生活サイクルだった。

その頃の私は、若干病的な正義感と優しさを持っており、困ってる人は放っておけず、ついついこちらから声をかけることがしばしばあった。そのせいで痛い目を見たこともあるのだが、それはまた今度に。

その日もアルバイトを終え、22時

もっとみる

誤答だと認めたくないキャンペーン  お題「GoTo」(まここしゃん)

2020年11月21日(土)の投稿から。
54人の会員が川柳299句を投稿しました。
13人の会員が七七122句を投稿しました。
4人の会員が短歌18首を投稿しました。
5人の会員が自由律俳句29句を投稿しました。
4人の会員が都々逸14章を投稿しました。
●川柳投稿まるせん https://marusenryu.com/
●七七投稿ナナナナ https://nananana.jp/
●短歌投稿ク

もっとみる
ありがとう!明日の記事もぜひ見てね
26

ラジオ配信の更新です
#79 初対面で外国人友達を作るには。

英会話下手でも短時間で外国人友達が出来るには、〇〇の心遣いです。

健康がキーワード!

https://stand.fm/episodes/5fb78276bfd8313fae3a2503

ワンダフルな日になるでしょう!(^O^)おめでとうございます。

ポチるとき財布の悲鳴した気する  お題「叫び」(ブレンドモナカさん)

2020年11月20日(金)の投稿から。
53人の会員が川柳313句を投稿しました。
14人の会員が七七123句を投稿しました。
7人の会員が短歌32首を投稿しました。
2人の会員が自由律俳句12句を投稿しました。
3人の会員が都々逸15章を投稿しました。
●川柳投稿まるせん https://marusenryu.com/
●七七投稿ナナナナ https://nananana.jp/
●短歌投稿ク

もっとみる
ありがとう!明日の記事もぜひ見てね
20

「発想で逃げる」という発想。

僕は、自分の得意なフィールドと、自分の苦手なフィールドの境界線が明確にあります。

それは、発想で逃げることができるか、できないかによって分けられます。

基本的に、発想で逃げてはいけないことが多いのですが、それでも僕は発想で逃げながら、何とかなんとか生きてきました。

例えば、学校の体育のバスケットボール。

正直、運動神経が良いヤツには、どうやっても敵いません。

自然と敵が嫌がる位置にポジシ

もっとみる
ありがとうございます。ちゃんと寝てくださいね。
30

自分のダメな部分

人から認められる自分は人に見せてもよくて、人からダメ出しされた事のある自分は見せてはいけないと思ってきた。それは自分の完璧主義な部分やプレッシャーを感じやすい部分に起因しているのかと思っていたけれど。
でもそんなことよりも自分が自分の一部としてそのダメ出しされる部分を認識していないことの方が問題で、自分で認められないから人にも見せられないという悪循環…。

まるでダメ出しした人たちが神様みたいなル

もっとみる
ありがとう!すっごく嬉しい!
2

ソノコ【chapter61】

仏頂面、無愛想、不器用。

(Bばっかり。他にもあるかしら)ソノコは仰向けで天井を見つめ、みぞおちに右手を置く。キリキリと剣山で刺すようだった胃痛は、小雨のようなしくしくに変わりつつある。

不器用時々ブリリアント。

「愚問だな」に続く言葉はなく、マンションから最寄りのスーパーにつくと駐車場に車を停め、運転席から降り、ソノコを振り返ることなく足早に、スーパーの出入口へ向かう。食品が並ぶ棚と棚の間

もっとみる