下り坂

人生には三つのさかがある

人生には三つのさかがある、とよく言われる。

上り坂、下り坂、そして、まさか・・・。

上り坂、下り坂の時は、そういう坂にきたのだと心の準備がまだできる。

だが、突然くるまさかは準備する余裕がない。

まさかは人生最大、最難の時と言える。

その時、どう動くか。

ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
4

「終わりなき下り坂」をどう生きていけばいいのか?

宮台真司さんという方がその昔、「終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル」という本を出版しました。

この本が出版された頃って、善悪の境界線も、明日どうなるのかもよくわからず、何やら混沌とした時代でした。女子高生が援助交際を始めたり、若者がチーマーになってオヤジ狩りを始めたり、人々がこぞって宗教に救いを求めたりと、まあなんとも言えず刹那的だったのです。みんなが明るい未来を信じられなくなった

もっとみる
ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
42

#81.夢中になれ

幼い時からの野球、マラソンなど何かに夢中で向き合うと振り返った後良い思い出になり、自分にとっての新しい青春となる。趣味だって仕事だって同じだ。向き合えば苦楽の瞬間が訪れるに違いない。平坦な道をずっと歩くよりも、アップダウンの激しい山を歩くほうが楽しいはず。人生は山登りと同じだな。
#毎日投稿 #毎日note #夢中 #一生懸命 #野球 #マラソン #趣味 #仕事 #目標 #山登り #坂道 #下り

もっとみる
ありがとうございます!
3

みんなが嫌いなところで差をつけよう。俺流「上り坂の極意」



写真の坂は坂道トレーニングで使う坂です。
約150mくらいありますかね。
この周辺の道路は意外と起伏があって距離走をする時は「あえて」コースに組み込んだりします。

僕はアップダウンが好きです。
平地を走るよりハッキリ言って「楽しい」

特に「上り坂」が好きです。
他の方が苦しんでいるのを横目にスタスタ走って抜いていくのが気持ちいい(笑)

そんな僕なので

「どうしてそんなに楽に上れるの?」

もっとみる
ありがとうございます😊
3

遺言

今年8月に無事に還暦を迎えました。

60歳になったら、やろうと思っていた事のひとつが遺言書の作成です。もちろん、まだまだあの世へ行く予定はさらさらありませんが、人生のターニングポイントとも言える(と思う)還暦60歳という歳にはふさわしい事なのかなと思っただけです。

以前、遺言書の事は、知り合いの司法書士さんに聞いた事はあったのですが、やはり一番確実なのは公証人役場で作成してもらって公正証書とし

もっとみる

foogee owner【人坂生坂】

生きていると

事あるごとに

坂が出現しますね

(*≧∀≦)人(≧∀≦*)

(*≧∀≦)人(≧∀≦*)

(*≧∀≦)人(≧∀≦*)

人生の

上り坂は

根性で上る?

L(゚皿゚)」

L(゚皿゚)」

L(゚皿゚)」

人生の

下り坂は

度胸で下る?

(σ・∀・)σ

(σ・∀・)σ

(σ・∀・)σ

ここが

人生の

面白い所

「まさか」

!!(゜◯゜ノ)ノ

!!(

もっとみる
スキと通報ボタンを間違えていないことを願います(笑)
5

【五行歌】そうでなければ

そうでなければだめなのか
電車の線路は町中をめぐり
下り坂でも路地でも走り抜ける
急カーブを抜けた先に
自分の行く先が見えるのだろうか

よかったらシェアお願いします。

27歳女の盛り説

最近この話になった。
『やまとなでしこ』でもヒロインがこう唱えていた。
確かに考えてみると、その要因は多く見つかる。

27歳と言えば…
社会人5年目or9年目。
20代半ばでも無いが、アラサーでもない。
経験豊富過ぎず、経験浅過ぎず。
本人も結婚をそれ程深刻には考えていないためフラットに関係を築ける、そして異性も重く捉えないため近付き易い。
30歳まであと3年"も"ある。あるいは、3年"しか"な

もっとみる

自転車が教えてくれる達成感

こんばんは。堀江 哲です。まずは今日の投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。
本日は「自転車が教えてくれる達成感」というタイトルでお送りします。

僕は自転車に乗るのがすきでよく乗っています。どれぐらいすきかと言うと、車で行った方が速いのにわざわざ自転車を使うぐらいです。

今日も友達とサイクリングをしてきたのですが、その時に思ったお話です。

自転車はタイヤとかはついてるけどほぼ自力で動かす乗

もっとみる
他の記事も是非!

上と下という表現について。

 こんにちは。こんばんは。初投稿の記事となります。
 「ARuTo/あると」という名前の由来はプロフィールを見ればなんとなく察しがつくかと...。

 さて、今回の本題は『上と下という表現について』の疑念を書いていきたいと思います。

唐突に天気の話をする。私は基本的に晴れよりも雨の方が好きだ。理由は朝目覚めた時、太陽が煌々と照っていると無理して気分を高める必要性を感じるが、曇天で暗がりだと眠りの

もっとみる
共感!ありがとうございます!
2