メモ魔

#49 正解と自信

「正解なんてない、正解を探すんじゃなくて正解にする」

朝まーちゃんさんのnoteを読んでいて書いてあった言葉

西野さんが言っていた言葉らしいが

とてもビビビとくるものがあった

「これはあってたのかな?」
「何が正解?」

そんなことをよく考える

悩み立ち止まる

不安になって

それが正解かを確かめる

しかし

「正解なんてない」

いや、正解に近いものはあるのかもしれないが

正解は

もっとみる

#48 プロセスはプレゼントのサプライズ

信じるって
信じるって勇気も覚悟もいる

それでも強い想いは負けない

夢も自分自身も相手も
信じ抜くことができた時

見えた世界は
一体どれだけ輝いていて
一体どれだけ素敵なんだろうか

楽しみである

えんとつ町のプペル
本予告が解禁となり
声優も発表された

最初は意外さ
それでも
キャスティングの理由を聞いて
納得

「信じる」

以前芦田愛菜ちゃんがコメントしていた

『揺るがない自分が

もっとみる

#47 いらっしゃい

10月の17時過ぎ

空は少し暗くなって

街明かりが増えてくる

ネオンがキラキラ光だす

いつもの風景

いつもの道

なのに

なぜか

心の中がドキュンとしたよ

ちょっぴり冷たい風が吹き

頬を冷やす

自転車で坂を下る

ヒューッと

何だかいい感じ

あー好きだ

この瞬間が好きなんだ

寒さは温かさを運んでくる

洋服の温もりも

おでんの匂いも

街の街頭ですら

温かい

人と

もっとみる

#46 タイムマシーン

写真を見返すと

写真と共に思い出も蘇ってくる

奈良美智さんが

自身の書籍でも同じようなことを綴っていた

「時間を忘れて過去への旅路が始まってしまう」と

一枚の写真からその時の出来事がフラッシュバックする

正直
「こりゃなんの時に撮ったんだっけな?」
と思うものも少なからずある

例えば

電車の中で撮ったであろう写真は

果たしてなぜ撮ったのだろうか

今では思い出せない

だけれど

もっとみる

#45 大丈夫

「大丈夫です」

正直多用してる言葉

でも

とても曖昧な言葉でもある

何が大丈夫なのか

例えば

「レシートは?」

と言われ

「大丈夫です」

と答える

それが

どちらの大丈夫なのか分からない

いるのかいらないのか

親に

イエスノーはっきり言いなさい

と怒られたことがある

言葉のニュアンスって

人それぞれ捉え方が違うから

自分はこうだと思って使っても

相手の受け取り

もっとみる

#44 芸術の秋

久しぶりの美術館

美術館という空間は

空間に余白があることで

どんな作品も

ドーンと構えているように

凛としている

だから

毎回圧倒される

ただ

まあ

正直

ビビビっとくるものと

よく分からないものと

色々である

でも

それでいいのかなとも思う

よく分からない

から

まっさらな気持ちで

作品と向き合い

思ったままを心にキャッチする

一人で美術館に来てるのに

もっとみる

この星は、廻り続ける。
今日は、メモ魔になっています。

つくりたいモノたちの
目的地をつくってあげる。
私の場合、
種類がいっぱいなので。

疲れた誰かが
ゆったりと一息つけるように
遠くから祈っています。

とても嬉しい🎶
37

#43 言葉や態度の価値

お店で食事をした時に

さりげなく

「ごちそうさま」

を言える人は素敵である

そのうえで

「ごちそうさまです

美味しかったです

また来ますね」

と気持ちを重ねて言える

これは素直にすごいなあと思った

気持ちを言葉で伝えるって

ストレートに大切だなって思う

無愛想より愛想

買うという行為

商品には勿論

お金払っているが

お金は話さない

お金に感情はない

だから

もっとみる

【書評】『メモの魔力』は現代の必須能力である。

著者:前田裕二
編集者:箕輪厚介
出版社:幻冬舎×NewsPicks[NEWS PICKS BOOK]

1.この本を読んでみた理由

・「2019年に1番売れたビジネス書」として、累計63万部(電子書籍6万7千部を含む)を達成しているほどの話題作で、気になったから

・なんとなく、メモを取る人はかっこよくて優秀なイメージがあったから

・表紙が豪華で、読みやすそうだったから

他にも、、、

もっとみる
シェアしてくれると子供のように喜びます
3

#42 買えない価値

蔵前の大好きなお店へ

お店に足を運ぶのには

勿論、買いたいものがあるという目的もある

しかし実際は

それだけで行くのではない

買う予定のものはなかったとしても

蔵前に行けばお店にいく

いや

お店に行くために蔵前に行く

会いたいから

二人に会いたいから

そこまで行くのである

唯一顔を覚えてもらえてるお店

兄さん姉さんが一緒に雑談しながら

選んでくれるお店

今はネットで何

もっとみる