メモの魔力

願いにブレーキをかけてしまう時

叶えたい願いがあるのになかなか叶えられない時は、”アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態なのかもしれない”という言葉を聞いたことがあります。

私は小さな願いが出てきた時も、同じぐらいの勢いでブレーキを踏んでいる自覚をすることが少なくないです。

ブレーキの原因は恐怖心、人からの目(否定的な視線)を気にしたり、「私なんかにそんな願いを叶えられるはずがない」という強い思い込みです。

つまり夢が叶

もっとみる

私にとって大きな理由で、描けなかったのです。

こんにちは、Niaです。
以前は語録にもちょこちょこ顔をだし、ちょこちょこと描いていた「前田裕二さん」

他人にとってはつまらない理由かもしれないのですが、
私とっては、大きな理由でずーーーっと前田裕二さんのことが描けなくていました。

その理由とは「私の描きたい前田さん」が描けないっ!という切羽詰まった大問題でした。

私の理想とする前田さんの絵は、きれいで、かっこよくって、すらりとしてて清潔感

もっとみる
今日のいいことを思い出しながら寝るといいかも!
12

意外と知らない!?メモの魅力。

こんばんは、
今日は「メモ」の魅力について紹介していこうと思います!

○結論

「メモ」を取ることはメリットしかない

○理由

ちょっと前に流行りましたよね、メモの魔力。

この本も、体系的にメモが持っている魔力を紹介している本なので、読んだことがない人はぜひ手に取ってみてください。
(メモの魔力を買った人しか入れないメモ魔塾と言うものがありまして、僕はそこの就活部の運営もしています。)

もっとみる
やったぜ。
2

新R25の記事が、「自分」自身との向き合い方を考えるきっかけになった

今日は先日読んで印象に強く残った記事について、紹介させてください。
新R25で公開されていた「まわりの目を気にする必要がない」本当の理由です。

私はもともと文章や映像から感情を揺さぶられやすいほうです。
とはいえ、物語などでなくいち記事でここまで感情をわしづかみにされることは珍しいことでした。

記事の第一印象としては、サムネイル画像や冒頭から予測するに「頑張って行動する人」と「それをバカにする

もっとみる

自己分析

最近始めたことが2つあります。

1つはこのnoteの投稿で、もう1つは『メモの魔力』(著・前田裕二 幻冬舎)の巻末に掲載されている自分を知るための【自己分析1000問】です。

自己分析を始めたのは、現在転職を考えているからです。

僕は自分の働くフィールドはしっかり見定めた方がいいと考えています。自分の戦うフィールドを選ぶために必要なのが自己分析だと思い、自己分析を始めました。(ちなみに、大学

もっとみる
スキありがとうございます。是非他の記事も読んでください

メモの魔力

1. 緒言

 この本は、SHOWROOM(株)代表取締役社長、前田裕二氏によって書かれた本である。前田氏の軌跡などは、『人生の勝算』に記載されているので、こちらを参照願いたい。
 普段、仕事などで先輩社員や上司から「メモを取れ!」と言われたことがないだろうか。私自身も記憶力にはちょっとだけ自身があり、最初はメモをあまり取らず、記憶にだけ頼っていたが、社歴が経つにつれてタスクも徐々に増え、覚えるこ

もっとみる
拝見して頂きありがとうございます!
2

書き込み魔になって練習の質を上げよう!メモ力は音楽力に直結だ!

梅雨が明けたと思ったら、今度は猛暑の毎日。
今年は、マスクもしなきゃいけないし、辛〜い夏を迎えておりますが、皆さまいかがお過ごしですか?
音楽の仕事は再開しつつあるものの、いつまた止まるかわからない状況なので、まあもう今年は仕方ない!と開き直り、毎日お歌の練習をして、片付けをして、晴れたら農作業をやって、夜は動画を作ったり、作曲の作品をたくさん書きだめたりしています。
こうやって改めて歌う身体や自

もっとみる

『メモの魔力』の魔力は、読み手の心をケアしまくることによっても発生している気がする話

あくまでもわたしの感想なんですが。
こんなに本を読みながら心をケアされたことないな。と思いました。
本を読みつつ心理的安全の確保をされている感。

メモを取ること、具体的な行動、など書かれているのはもちろんですが
魔力を発揮するのはその手法だけでなく、
読み手に『出来るかわからないけどチャレンジしてみようかな』という気持ちを起こさせるところにも関係している気がした。

読み手がどんな気持ちで本を手

もっとみる
書いてよかったなと思えます!ありがとうございます!
2

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力で決まっている」を読んで

こんにちは。看護師の福士知志(フクシサトシ)です。

今日は、ふろむださんの、人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力で決まっている」という本についての記事です。

この本を手に取った理由は、尾原さんやけんすうさんが話していたからです(ソースは僕の記憶なので不確か)。影響されやすいバカです。笑

ざっくりいうと、認知バイアスについてと、思考の錯覚を資産として活用していく方法についての本です。

もっとみる
スキありがとうございます!!
5

『君は本質を理解できていない』と言われたら

こんにちは。すけです。

三連休の最終日の方、まだまだお盆休みという方、いかがお過ごしでしょうか。

今日は『君は本質を理解できていない』ということについて書きたいと思います。

何だか上から目線のタイトルですが、これはよく私が上司に指摘されることなんです。

今でこそ、あまり言われなくなってきましたが、新卒の時はよくこんなことで怒られたりしていました。

『君は本質を理解していないまま仕事を進め

もっとみる
光栄です!ありがとうございます!!
8