目的に行き詰まったら、選択肢を増やす

目的が分からないときは、選択肢が分からないとき

「目的は?」なんて聞かれたときは、いろんな人と話して、選択肢を知るのが、効果的。「いまある材料」をこねくりまわすだけだから、悩んでしまう。悩むのはダメ。材料を増やさないと、変わらない。

企画の存在を知って、「働く」目的が見えた

今は「仕事楽しい!最高!」みたいに喜んで働いているけど、6月は「できれば何もしたくない。」なんて言ってた。

そんな時

もっとみる

知るべき事は無限にある

魂磨きをしていると必ずぶつかるエゴ。
エゴをいかに無くすかでまた魂磨きをする。

ランさんのnoteや先日のハナユナCASで改めて

私の敵は何だろう?私は何を知っているんだろう?

そんな思いに駆られ調べてみた事と私の考えを
混ぜたまとめ。

【エゴ】自我、自己、自分軸

精神分析理論

エゴは本来、悪いものではない。
現代はエゴイズムをエゴとしているので悪いイメージが付いてしまったみたい。

もっとみる

鍋を作った

母親がいないため、私が作ることになっている。作る前までにも色々やることがあった(洗濯、風呂掃除、片付け)などを全て終わらせてからやろうと思ったが、やはり欲求に対する我慢ができない。スマホに逃げてしまった。それでも最終的には風呂掃除と洗濯物を干すことは出来た。あとは洗濯物を畳むだけだ。

鍋料理の最中、急に空想が頭の中を駆け回り、鍋を作るという行為に集中出来なくなった。なので、クトゥルフ神話の動画を

もっとみる

ちょっとした変化を大きく感じる

今日はゆっくりお休みできた日

最近は、身体のちょっとした変化を感じやすく

今日は浮腫んでるとか

お腹の調子がいい悪い、イマイチとか

髪艶がいい、イマイチとか

毎日同じ自分なことはないから、変化するのは当たり前

でも、それをなんとなくスルーするのではなく

少し大げさに感じてみるといいなと思いました

そうすると

なんで、そうなのかな??

と疑問が湧いてきます

もっとみる

メンヘラ女から学ぶ私の悪いところ。

「東京ラブストーリー」(フジテレビ)
で、さとみちゃんが大っ嫌いでした。だってメンヘラなんだもん。

「ごめんね。」
「わたしすぐ泣いちゃうの。」
「不安になっちゃうんだよね。」

わたしが思う、「わたしメンヘラです!!!」宣言している女性のよく言う言葉。
この言葉を仲良い友達に言われたら、
「なに言ってんの!大丈夫よ!」
の後に論理と感情、両方を駆使して友人の思考をプラスに持って行きたいと思う。

もっとみる
スキをありがとう。スキ
2

Lesson4:志望動機

履歴書と言っても俗にいう(言ってない)左側の

履歴に関しては過去のことだからスルルンってかけたんすよ

「志望動機って書けないわー」

ってなるじゃない

ここから激しい自問自答を行うわけです

----------------

■何で書けないの?

志望していないから!!!!!!

■じゃあ何志望しているの?

何も

■じゃあまた不動産にすればいいじゃない

やだ

■なんで?

紙文化に

もっとみる

自分にも他人にも厳しい人の正体

やった。
世紀の大発見をした。
お風呂で気がついて、思わず声を出した。ユリーカ!

人はカテゴライズが好きだ。
ただ多種多様な価値観を持った人間が数個に分類されるなんてナンセンス。
私は性格診断が好きで、新しいものを見つけるたびに回答を始めるが、
一番多くて150個以上のカテゴリーに分けてくれるものがあった。

しかし私は初心者、今回は人間を4つのカテゴリーに分けたのだが、その上で彼らの正体を見抜

もっとみる
ありがとうございます!本当に嬉しいです
3

初対面の人と話すのが得意になった!

初めは初対面の人と話すのは得意じゃなかった

私はイベンターを名乗り、初対面の人と距離を縮めるのが得意だけど、初めから得意ではなかった。

講演に参加しても、恥ずかしくて質問なんかできないし、誰とも話さずに講演が終わったら、そのまま帰っていた。

何となく「このままじゃ嫌」だと思って、勇気を出して、思い切って質問した。それをきっかけに隣に座る人と話すようにもなった。

次は、講師に話しかけてみたり

もっとみる

ディズニー研修終えて自己分析の足りなさを改めて実感しました。早速周りの人に、「私の強みと弱みってなに?」って聞いてみてます。新しい発見があってびっくり!しかも人によって真逆のこと答えてくることもあって。人の方が自分より分かっていることもあるのだなあ、と思いました。

幸せをお届けします♡
2

カスタードを作る。

noteとは別に個人的な日記を書いている。夏頃から。

あーこれいい思いつきだなとか歌詞のアイデアみたいなものから、今日は嫌なことがあったぞみたいな日常のことまでなんでも、ルールは決めずにあったことや感じたことを書きなぐっていく。

書くということは考えを自分の中から出すことだ。

一度外に出てしまったものはものすごくこだわっていたものでも意外と客観的に見れる。すごく腹が立った出来事を文字にして見

もっとみる
おいお前、スキだらけだぜ?
7