TANOSHIKA piasu

就労継続支援A型事業所TANOSHIKA CREATIVEライター。障害のこと、日々のことなどを書いてます!よろしくお願いします!https://akari-media.com/author/piasu/

TANOSHIKA piasu

就労継続支援A型事業所TANOSHIKA CREATIVEライター。障害のこと、日々のことなどを書いてます!よろしくお願いします!https://akari-media.com/author/piasu/

    マガジン

    • diary✏️

      piasuの日常、障がいへの葛藤、気持ち、想いなどを書いた記事をまとめています。エッセイ、ハウツーなど様々なものが入っています💗

    • career💕

      障害とキャリア(一般就労)についての葛藤や想い、体験談など。いろいろな立場の方が自身のキャリアについて考えるきっかけになってくれたら嬉しいです❣️

    • おしゃれについて💖

      ファッションとメイクについての記事を集めています💓おしゃれになりたい!という人にもおすすめの記事たちです。😆

    • 技術発信📚🤍

      TANOSHIKAに教えてもらったり、自分で学んだ、デザイン、ライティングなどのアウトプットの場所です。他、Excel、Word、PowerPointなど。❤️‍🔥

    • おしゃれの苦手な発達障害の女性のためのおしゃれ方法🤍

      発達障害の特性からおしゃれが大の苦手だった筆者。「ダサい」とよく言われてしまっていました。 しかしいくつかの工夫と努力をして、みんなに「おしゃれだね!」と言われるようにまでになりました🌷 今、発達障害の特性でおしゃれが苦手で困っている方。 「着ていくものがない!」「みんなにダサいと言われている...。」 そんな本当に本当におしゃれが全くわからない初心者さん向けに書きました! 「おしゃれさんになるための簡単工夫方法」「簡単ライフハック」が詰まったこのマガジンをぜひぜひ読んでいただきたいです🤍 きっとこれを読んだら、皆さんが本当のおしゃれさんになれると信じています🧸

    最近の記事

    • 固定された記事

    TANOSHIKAライター、piasuの自己紹介 2022ver

    このnoteをはじめて1本目の記事が自己紹介のこちらの記事でした。👇 この記事は一応プロフィールのところに設定しているのですが、だいぶ記事を書いてきて流れていったので、読んでいる人は少ないかなあ...と思いました。🤔 最近私のことを知ってくださった方もたくさんいるので、その方々にもう一度改めて「piasuが何者なのか」知ってもらいたいなあって思いました。💭 また、あの時はまだ「あまちゃん」だったのですが、あれから一年経ち、いろいろ成長して変わった部分もあると思うのでそこ

      • 大人の「おえかきちょう」は楽しいよ。

        大人ですが、おえかきちょうを買いました。 これです。👇 もうひっさしぶり!...15年ぶりくらいに「おえかきちょう」を手に取りました。 「なんで大人が『おえかきちょう』なんて買ったんですか?」と聞かれてしまいそうですが、答えるなら「なんとなく」です。 なんとなくある日、「おえかきちょう、ほしいなあ!」って思ったんです。 「おえかきちょう」は、「おえかきちょう」でも、上の写真のデザインの「おえかきちょう」じゃないとなんかいやでした。 それで、スーパーに行ったら3つセ

        • 『美容常識の9割はウソ』を読んで、ライターとして思ったこと

          美容本を読むのにハマっています。 こちらの本です。↓ まだ読んでいる途中なのですが...面白くてページをめくる手が止まりません!! 『美容常識の9割はウソ』というタイトル通り、美容において「常識」とされている色々な間違っていることを「それは間違っています!」と教えてくれる本です。 整形外科医をされている再生医療のプロの方が書かれた本ですし、エビデンスに基づいて書かれているので、信頼できるなと思いました。 例えば...以下のようなことを著者は「ウソ」と言い切ります。

          • やっぱりフリーランスのライターになりたい

            詳しいことは書けませんが...昨日から色々な人に「とあること」を相談しまくっています。 まあ、ざっくり言うと、進路のことです。 このnoteの記事で、私は「フリーランスのライターになりたい」と何度もお伝えしてきました。 たまに「無理かな」と思う時もあれば「やっぱり挑戦してみたい!」という気持ちも出てきたりして、でも周囲の人々にも「無理だよ」と言われたりして「じゃあ無理かな」と思ってしまったり。 「夢に向かって頑張る」→「諦める」→「また頑張る」→「諦める」...という

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • diary✏️
            TANOSHIKA piasu
          • career💕
            TANOSHIKA piasu
          • おしゃれについて💖
            TANOSHIKA piasu
          • 技術発信📚🤍
            TANOSHIKA piasu
          • おしゃれの苦手な発達障害の女性のためのおしゃれ方法🤍
            TANOSHIKA piasu
            ¥100

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ちょいと辛い。

            ちょいと辛い。 今回の記事は、そんなテーマで書いてみたいと思います。 お昼明けに、自分自身のことで、ちょっと泣いてしまうという出来事がありました。(仕事のことでも、プライベートの友達のことでもなく、完全自分で穴にハマった) 幸い、在宅ワークですので、誰にも涙は見られなかったのですが、泣いた後って疲れるので今もちょっとだけ辛いです。 「ちょいと辛い」 この言葉が今の心情にいちばん合うかな、と思います。 昔はすぐに「体調が悪いです」と言って、支援員さんに相談をしていた

            「私には才能がない」

            今、実家に帰ってます。 実家でリモートワークを行って、この記事を書いています。 数日前から、実家に帰ってきているのですが、少しショックなことがありました。💦 夜、リビングでくつろいでいたら、母が「あなたが小さい時に作っていた創作物が押入れから出てきたよ、見る?」と言ってきました。 私は小さい頃から、何かを創作することが大好きでした。 物心ついた時から裏紙などを使って、自分の作った物語や、架空の新聞、雑誌などを思う存分書いていました。 しかし、自分の中でその趣味という

            メルカリでの失敗体験が成功体験に変わった話。

            あんまり詳しくは書けないのですが、今朝、私はとある『成功体験』をしました。 この間、発達障害の私がメルカリ出品を始めた...というお話を書きました。 ドキドキで大変だったメルカリ出品でしたが、メルカリ内で嬉しい「成功体験」があったのです。😁 さっき、そのことを赤裸々に書いて投稿しようかと思ったのですが(嬉しすぎてみんなに共有したかったのです!)しかし、お相手もいることですし、お相手がいやかな?と思って取り下げることにしました。 でもみんなに自慢したい気持ちが少しあるの

            精神科で学んだ『SST』を使って、ちょっと怒ってみた話。

            この間、プライベートでめっちゃ腹が立つことがありました。 家に帰ってからもその人に言われたことが頭を離れず、「悔しい〜!!😡」となっていたんです。 たしかに私にも悪いところがあった...でもそんなこと言われなくてもいいのではない??みたいなことを言われ...。 正直......猛烈にイライラしました! 「これは...言ってやらないと相手のためにもならない!!」 そう思い、Uターンして、その人の元に向かいました!! 「言ってやらないと相手のためにもならない!!」 …と

            読めなかった10代の頃の日記を。

            19の終わり頃、私は「自分が今こんなに苦しいと思っていることも、大人になったらぜーんぶ忘れちゃうんだろうなあ」と思ったことがあった。 その夜の予感は当たり、ハタチを過ぎ、さらに年齢を重ねた今の私は、完全に19の頃の私が何に悩んで、何にあそこまで苦しみを感じていたのか、さっぱり忘れてしまった。 私には、どうしても読めないものがあった。 10代の時に書いた、5冊にも及ぶ日記だ。 どうしても読めなかった理由、それは、壮絶だった10代の頃の体験や赤裸々な気持ちが綴ってある日記

            「秀才」じゃないのに「秀才」と言われていた私の苦しみ。

            何度もnoteに書いてきたとは思うのですが…私は子どもの頃、本当に勉強ができない子でした。 そうは言っても、実はこう見えて、小学校低学年の時は「秀才」と崇められていました。 みんなに「〇〇ちゃんは、天才だよね」「〇〇ちゃんは真面目で頭がいいよね」そんなふうに言われていて...正直、気分がよかったです。 たしかに、私はテストでよく100点をとっていました。 ただ、今になって思えば、小学校低学年の時の国語や算数なんて、とても優しいものだったから、「なんとなく」ついていけて

            日記、昔に戻りたい

            ごく稀に、数年前の自分に戻りたいなあ、と思う時があります。 それは、数年前の自分が若かったからとかそういうことではなく、自分を律することができていたからです。 数年前の自分は.... 部屋も「在宅ワークだから私にとってはここがオフィス。だから綺麗にしなきゃ」と毎朝掃除と片付けを頑張っていたし、 不摂生もしいないようにしていたので、今よりも数キロ痩せていたし、 それからメイクも頑張っていたし、 あとは勉強も頑張っていました。 それに比べて今は。 体が疲れて疲れて

            本当は書きたくない、「リライト」

            ライターをする中で、いつも引っかかってしまうことがあります。 それは「リライトという作業の意味がよくわからない」ということです。💦 ここで私が言うリライトとは、自分自身の公開した記事を修正したり加筆することのリライトではなく、他の方が書いた記事を自分の言葉で置き換えてネットに公開するためのリライトのことを指します。 私は、昔はnoteを重点的に書いていましたが、最近は、会社のためにリライトをする仕事をしています。 または、noteもあまりにも自分のことばかり書くのはど

            戸田真琴さんの本を読んで素敵すぎて涙が止まらなかった話

            戸田真琴さんのエッセイ。 あなたも、絶対気に入るはずだから読んでみてください。 とある方にそう言われて、その日に戸田真琴さんのnoteを読んで、本当だ、私この人の文章好きだ、そう思いました。 慌ててフォローして、noteを毎回読んでました。 それが私と戸田真琴さんの文章と私の出会いでした。 この間、Kindle Unlimitedに入って、色々本を探していたら、戸田真琴さんの本を見つけました。 「あなたの孤独は美しい」 という本です。 戸田さんの生い立ちや、色々な

            発達障害の私...メルカリを始めたけれど...

            ここ最近、ドキドキした毎日を送っています。💦 というのは、ここのところ、フリマアプリ「メルカリ」を始めたのです。 以前から、メルカリに商品を出品することにすごく興味がありました。 いろんな人から「メルカリっていいよ」って聞いていたのもあります。 でももうひとつ理由があって。 それは、お恥ずかしいですが私は「フリーランスになりたいなあ」という漠然とした夢があるので、「自分で責任を取って何かを販売する」練習に、メルカリはなってくれるかなあと思ったのでした。 そんなある日。

            【自分でも驚き】Kindle Unlimitedで5日間で24冊読んだ!!

            最近、Kindle Unlimitedに登録しました。 実はわたし、Kindle Unlimitedに昔も入っていたんですが、忙しかったり、そこまで読書の楽しさがその時はわからなくて、やめちゃっていました。 そんな私がなんで最近、Kindle Unlimitedにまた入ったかというと、憧れている人々が口を揃えて「Kindle Unlimitedいいよ」って言っていたからでした。 ある人は「インプットにいい」と言っていたし、ある人は「本がかさばらないからおうちが綺麗になるん

            暇な時間が生きがいに変わる!アプリをご紹介。

            こんにちは!piasuです。 このように、時間を持て余して悩んでいる人は多いと思います。 今回のこの記事では、そんな方に向けて「暇な時間を有意義な時間に変える!」とあるアプリをご紹介します。 この記事を読み、紹介するアプリをダウンロードして使うだけで、悶々と悩むような暇な時間がきっと楽しい時間に変化するはず🤍 なぜなら、私自身、暇な時間を持て余して悶々と悩んだり、落ち込んだり、イライラしたり、息抜きのない人生だったけれど、これからご紹介するアプリを入れてから、生きがい