飲食店のキラーメニュー作り ①          ~五感を刺激する演出方法~

■飲食店のキラーメニュー作り①■~五感を刺激する演出方法~ 「本物感で商品価値を上げるコツ」  ①   器の演出で本物感を出す 飲食店では料理の味もそうですが、どんな器で盛り付けて提供されるかもキラーメニュー作りの大きなポイントです。 例えば、居酒屋で提供される串揚げですが、陶器のお皿で出されるよりステンレスのバットで提供されるほうが本場大阪の串揚げの雰囲気が出て揚げたて感も出ます。(業態によって異なります。) 刺身の盛り合わせであれば木の桶、寿司の盛り合わせであれ

スキ
2

【繁盛飲食店づくり】お鍋の素のバリエーション

今日は新メニューをつくるときの ヒントの話をします。    最近お鍋の素のバリエーションが すごいですね。 スーパーに行くと ものすごい数の お鍋の素が並んでいます。 昨日行ったスーパーの棚には、   ・もやし坦々なべ ・スタミナキャベツなべ ・カキなべ ・海老味噌なべ ・鯛だしなべ ・蟹だしなべ ・はまぐりだしなべ ・塩ちゃんこなべ ・ポトフなべ ・博多水炊きなべ ・悪魔の肉なべ ・豚うまなべ ・味噌もつなべ ・醤油もつなべ ・塩もつなべ ・地鶏だしちゃんこなべ ・ゴマ

+14

ラーメンの絵を書いてます

ラーメンのイラスト集です。実際の飲食店のメニューも書きます。写真だと盛り付けが違うとか客に言われたりもありますが、イラストと手書きのメニューは雰囲気も良く大人気です。オーダー受け付けてます。 手書きの文字も入れられます。価格相談ください

スキ
1

料理のちょっとしたアイデア

お料理って、 ちょっとした工夫で 見栄えや、味、名前も変わってきます。 お店をする上での メニューアイデアも 「おすすめメニュー」や 「日替わりメニュー」 コンセプトに合わせた メニュー構成をしたり ・目玉商品 ・主力商品を作る中で アイデアは欠かせません。 お店の独自のメニューや 他のお店との差別化は 大切な要素です。 僕は「メニュー開発アドバイザー」と 名乗り  料理人32年~を超える人生で 経験したり学んだ  料理のコツや商品のランク上げの アドバイスをしてい

スキ
36
+1

新しいメニュー開発へ!

これから寒い時期になりますね! そんな時期にあったランチ・ディナーに新しいメニューを検討してます! いろんなお店で試食しながら、できるものを取り入れられるか検討してます! 薬膳や漢方鍋、ラム肉など今までに本格的に取り入れていないものも新しくできるか厨房と相談したいです!

スキ
3

『ドムドムの逆襲』

#COMEMO #NIKKEI

スキ
1

【外食】外食産業への想い

これまでサラリーマンとして、足掛け20年従事してまいりました。 店長として店舗オペレーション、原価、人件費管理、集客のための販促などの店舗マネジメントは元より、 メニューの分析から組み立て、新メニューの開発、メニュー版構成などの商品開発、そして講義、調理指導、サービス指導などの研修教育にも携わってまいりました。 …今はコロナ禍で、離れてしまいましたが、如何せん想いは様々あります。 想いは色々とぐるぐる頭の中を巡っていて、うまく整理することは、まだできていませんが、今の自分に

スキ
5

メニュー開発の指標

こんばんは Yayoiです。 外食企業を渡り歩いてきて メニュー開発の指標は各社様々。 もちろん、その時代によって・・・ということもありますが。 利益を目標にするというのは、まあ真っ当なところです。 これまた掘り下げると、過去みてきた会社・時代によってこんな感じです。 A:粗利率(原価率)を指標にする  →利益率が高いと社内ではうまくいっているように聞こえます。明確である一方で、やりすぎるとお客様無視になる。お客様が減ろうが、利益率高いからOK・・・という会社と

業態・メニュー開発試食会①

当社では新しい業態やメニュー開発のために、 定期的に工場で試食会をしています。 今回は【鶏白湯】 こちらのメニューは近日中に神奈川某所で プロデュース事業として導入します。 その味の最終チェックでした。 素晴らしい完成度。 こういう新しいことのきっかけは いつでも楽しい。

外食の商品開発に必要なこと

こんばんは。 久しぶりのブログ更新で、その間に3社目となる外食企業に転職をしておりました。 各社で商品開発をやってきて思ったのは 商品=その会社の売り物 ですから、やはりその根っこには会社の想いがないとだめなんです。 一言でいえば「価値があるか」 お客様にとっての価値「おいしい」「たのしい」「うれしい」・・・ 調理やサービスするにとっての価値「自信をもっておすすめできる」 その結果が 売れて 喜ばれて 儲かる ってことなんです。 今、コロナ禍で苦戦してい

スキ
1