「一流のリーダー」への誤解

column vol.301 現在、私は一企業の副社長として陣頭指揮をとる上で、日々リーダーとしてどうあるべきかを勉強している最中なのですが、東洋経済オンラインの【できるリーダーは「存在感が薄い」納得の理由】という記事にとても共感したので共有させていただきます。 〈東洋経済オンライン / 2021年5…

第3話 英語嫌いだった私の英語・英会話マスター術 英会話スクール「英語・直観力」設…

あらすじ 英語がまったく好きでも得意でもなかったのに、仕事で中学生に英語を教えなければならなくなった徳田は、日本語をパズルのように分解して英語にしていく教授法を編み出し、生徒たちはパズルゲームを解くように英語を書いて英語を憶えるようになっていく。  手応えを感じ始めた徳田だったが…

原因を個人ではなく、組織に求めよう

たまたま見かけた記事でマネージャ不足の話がありました。確かに前職でもマネージャ不足は感じていました。 でも、精神的成長とか個人の問題と捉えていたら何も解決しないような… 確かに、やりたくない以前にできそうな人がいない自分の見てきた狭い世界の話で恐縮ですが、確かに前職の職場ではマネ…

【正解がないから面白い】

再現性のあることは、 やり方さえ分かれば、 誰にだって出来る 人に関すること、 マネージメントに関しては、 これしたら大丈夫とか、 こうしたら正解ってモノは存在しない。 人の数だけ、 受け取り方も悩みも違っている。 SVとして、 お店と関わらせて頂いて ダントツに多い悩みは、 人間…

責任者とは何をすることなのか。   ~10年の節目を振り返ってみて見えてきたもの~ …

こんにちわ。CRYSYです。 IT業界で仕事を始めて早10年が経ちまして、 この10年という節目を記録しようとまとめていくうちに、同じような壁や課題を持っている人がいるのではないか。と思ったので折角ならオープンな場で10年を振り返ってみようと思い、noteで記録していくことにします。 簡単な経歴 …

週末、特に日曜の午後になると徐々に仕事のあれこれを考え出し、明くる日から始まる週のためにアクセルを踏んでいくのですが、自分のタスクのことよりもメンバーの調子などを考えることがとても多い。体調が悪かったけど大丈夫かなとか忙しい時期が続いてるけどちゃんと週末休めたかなとか。

個人の能力に頼らない仕組みつくり

会社で様々な業務に取り組むことがありますがその業務が上手く進まない時に、その上手くいかない理由を~個人の能力~にしてしまうともうその業務は進めなくなってしまいます ここで大切なのは~上手く進む業務つくり~を考えることですね もちろん~個人の能力~も考慮した上で上手くいく~仕組み~…

【コロナ後のニューノーマル】

フェイスブックに何気なく 投稿した本がきっかけで 大好きな山口周さんの講義に参加させて頂きました。 【コロナ後のニューノーマルについて考察】 幼少期からありがといことに 良いものを見る、聞く、感じる経験を沢山させて頂きました。 だからなのか、 直感的な感覚でモノを選ぶことに 不安…

経営戦略の歩き方 価値があるものにお金を出す「ダイナミックプライシング」

おはようございます。今回は、ダイナミックプライシングです。 ダイナミックプライシングとは、消費者の需要と供給に応じて価格を変動させることです。 例えば、JRでは朝の通勤時間は混雑するので、値段を上げて、空いてる時間は、値段を下げるそうです。 大量データを元に、AIを使って価格が変わる…

休息の大切さ

一旦疲れがたまってしまうと なかなか疲れがとれない場合があると思います それを珈琲やアルコールを飲んでごまかしていると 病気になってしまうかもしれません 休むときには 珈琲も何もとらずにしっかりと三日三晩くらい 休んだ方がしっかり回復してくれるみたいですね