流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員

37歳から学生以来の英語学習再開。オンライン英会話(4000回以上)の活用、その他自習を重ね夢の国際機関職員| TOEIC L&R 730, S&W 260|英語教授法(TESOL)取得 | 国際サウナー|習慣化・朝活実践家|個人投資家| 夢は大学院留学、英語教育関連で起業

流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員

37歳から学生以来の英語学習再開。オンライン英会話(4000回以上)の活用、その他自習を重ね夢の国際機関職員| TOEIC L&R 730, S&W 260|英語教授法(TESOL)取得 | 国際サウナー|習慣化・朝活実践家|個人投資家| 夢は大学院留学、英語教育関連で起業

    マガジン

    ウィジェット

    最近の記事

    • 固定された記事

    僕の3年半以上の英語学習という名の壮大な知的冒険の結末

    1.冒険のプロローグ 「英語学習」という名の知的冒険を初めてから3年以上が経過した。 周りの上級者の冒険者(後で知ったのだが、彼らは上級者ではなく「中級者」の冒険者だった)からは、 「中級者の丘」という楽園のような場所があり、そこにはこの世のものとは思えないような美しい光景が広がっているのだと聞いた。 そして、そこの場所が冒険者にとっての最終ゴール地なのだとも。 ただし、そこの場所へたどり着くためには「初心者の森」と呼ばれる広大な森を通り抜ける必要があるそうだ。

      • 夢のフィリピン留学を来年1月に予定

        行動しない後悔より行動した後悔。 だから、僕は行動する。 来年1月にフィリピン留学へ行こうと考えている。ずっとやりたかったことの一つだ。たった1週間でも良い。 ただただ英語の世界に囲まれ、英語学習に没頭したい。 そして、悲願の英語上級者になりたい。 EV Academy http://evacademy.org/ 韓国資本の語学学校で、スパルタ式。 校舎がとても綺麗でセブ島で一番人気があるらしく予約が困難だそうだ。 ということで時間があればフィリピン留学に関する

        • 4カ国がネイティブレベルの英語講師から聞いた英語学習方法

          フランス語、英語、アラビア語、ポルトガル語が話せる英語講師から聞いた英語運用能力を高める方法。 ムービー・ドラマをまずは字幕(日本語)で見る。 これで内容を理解する。 次にそれを字幕(英語)で見る。 日本語で内容は分かっているから、それを踏まえて英語でどう表現されるのか確認する。 最後は、英語字幕を見つつ、実際に話してみる。 これは自分の耳で聞いている英語がそのまま口から出せるか試す。 つまりムービー・ドラマを最低3回は見て、英語運用力を高める方法である。 著者

          • オンライン英会話を取り巻く規制とルール

            経済の主役は、デジタルなど新しい産業に大きく変わってきている。 しかし、従来の規制やルールは大きく変わっていない。 つまり、従来からある産業にとって有利となる規制やルールが多いという訳である。 英語学習を取り巻くサービスだって大きく変貌した。僕が愛用しているオンライン英会話は、10年前にはメジャーな学習ツールではなかった。 だが、今では多くの人が英語学習に取り入れている。 このオンライン英会話だって、より新しいことをしようとなった時、従来の規制やルールがそれを阻止する可

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 大人の英語学習
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員
          • 世界中のサウナ―に捧げるサウナ活動記録
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員
          • ワークライフバランス都市ウィーンの生活と日常
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員
          • 習慣化で人生を変える、そんなマガジンです。
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員
          • 日本の素晴らしい文化を世界に発信
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員
          • 大人の英語学習(有料記事)
            流星@ Upper intermediate•TESOL資格•元国際機関職員

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            自分がしたいことは英語学習なのか。それとも、異文化体験なのか。そんなことに悩みながら行動できていない自分がいる。今週末は自分の頭で考えて、決断して、行動したい。人生を変えるには行動しかないから。

            日帰り温泉施設には朝一でいき1時間でサウナと水風呂を楽しむのが週末の日課だ。個室サウナよりも値段がお得。個室サウナは水風呂がない、冷水シャワーが大半だからというのが理由である。サウナと水風呂という組み合わせが最強だと考えている。週末のルーティンに朝一にサウナと水風呂しませんか?

            「人」、「時間配分」、「住む場所」を変えることによって英語ができるようになる!?

            「人」、「時間配分」、「住む場所」を変えることによって人生は変わる。 これは世界を代表する経営コンサルタントの大前研一さんの言葉だ。 これを英語学習に当てはめてみたい。 まずは「人」である。これは、付き合う人という意味である。日本に住んでいる場合、当然、周りに英語学習を行っている人がいる方が良い。なぜなら、その人から刺激を受けることが出来るからだ。 次は「時間配分」である。毎日、日本語だけを使っていたら、英語が使えるようになる日は絶対に来ない。だから、毎日の中に可能な限

            職場の後輩から学ぶことは多い。システム・アプリ関係、最近の20代がどういったことを考えているのかなど。僕が後輩たちに教えることが出来るのは、どうすれば仕事を効率的に出来るか、どうすれば英語学習を継続することができるかなどだ。こういったことを教えてあげて、Give and Take

            今月上旬から新しいことに挑戦していた。この結果は見事に成功した。今は詳細を明かせないけど、年末には何を行って、どうなったか共有したい。今日は朝から日帰り温泉施設でサウナと水風呂、家族との時間、英語学習など、時間を有効に使えた。満足度たかしだ。

            TOEIC Speaking and Writing のスコアが公表された。 Speaking は130/200, Writingは130/200という結果だった。 実は4年前に受けたSpeaking は驚きの90/200だった。 Levelは9段階で4から6に上がっていた。

            TOEIC listening and Readingを受けてきた。これで年内に受ける英語試験は全て終わった。次回は来年2月以降に受験しようと考えている。12月は英語チャットアプリへの加入など英語試験を忘れて英語による交流を純粋に楽しみたい。

            外資系企業へ転職するために必要な英語力を外資系人材企業のコンサルタントに聞いた

            先日、外資系人材企業のコンサルタントと話をした。 海外に進出したい企業や日本に進出したい企業はたくさんあるが人材がいないと。 彼女は、製薬やライフサイエンスの業界を担当しているらしい。製薬やライフサイエンスのことが分かる人材はたくさんいるが、その中に英語が出来る人材がいるかというと、かなり少数になるそうだ。 だから、転職活動において、英語というスキルはその人のキャリアの可能性をブーストしてくれる破壊力を秘めている。 ただ、ここで言う英語とは、英語試験のスコアというより

            英語のドキュメントを読む時に絶対してはいけない事。それは英語で読み始める事!?日本語に翻訳されたドキュメントがある場合、まずはそれから読もう。日本語で理解した後に英語ドキュメントを読もう。英語上級者以外はまずは日本語で理解しよう。

            日曜日朝のモーニングルーティン中だ。 ⭕️Cambly オンライン英会話レッスン ⭕️Daily News ⭕️山里ウォーキング ⭕️単語帳 引き続き日曜日の朝を有効活用したい。 週に1日はこういった自分で自分の予定をマネージメントできる日が欲しい。

            オーストリア政府の迅速な対応

            世界中がパンデミックだった時、僕はオーストリア・ウィーンにいた。 オーストリアは世界で最も頃対策に成功した国の一つだと言われている。 ぼくはまさにその瞬間、その国で生活をしていたが、政府の行動もさることながら、PCR検査、コロナワクチン接種、コロナ規制など、すべてが迅速だった。日本の約半年前を進んでいるような感じだった。 理由は大きく二つあって、「デジタルを有効活用」することが出来た点と「企業に任せられることは企業に任せる」ことが出来た点だと分析している。 この結果、

            時にはいきなり「英語という名の戦場」に投入される事も大事かも。

            僕が国際機関で仕事を始めた時の英語力はとてもひどいものだった。 海外赴任前に自身の英語力を図るために受けたTOEICのスコアはたったの600だった。 日本語での専門性はあったけど、英語力はとてもひどいものだった。 それでも僕は周りのメンバーに恵まれ、毎日コツコツをオンライン英会話を活用した英語学習に励み、何とか2年間の国際機関での仕事をサバイブする事が出来た。 堀江貴文氏が執筆した『英語の多動力』で 英語を学習する事が先か? 仕事で英語を使う事が先か? という問いがあ